日本には宗教がない。

最近、そんな話題がよく出るようになりました。

確かに私達は、クリスマスを祝いそれから一週間も立たないうちにお寺や神社に初詣に行ったりしています。

さらに、若者はハロウインで騒ぎ、その一方誰かが亡くなれば手を合わせて祈ったりもします。

そんな一見一貫性が無いような無分別に見える日本民族に、宗教観などは見当たらないというのです。

果たしてそうでしょうか?

そういった意見を述べる方々は、何と比較しているのでしょう。

多分、キリスト教・イスラム教・仏教などの世界に名だたる宗教と比較しているのでしょう。

それらの宗教を信奉する方々から見れば、日本人は理解不能で摩訶不思議な民族に映っているようです。

しかし、彼らにとって一見無信仰に見えるような行動は、日本で暮らしている私達日本人にとっては、おかしなことではありません。

日本人の心には、意識するとしないとに関わらず、神道という宗教が厳然として存在しています。

しかも、他宗教の信徒のようにそれを普段意識しないで暮らしています。

そして、この意識をしていないというところに違いがあるのです。

それには、戒律がないということも大きいと言えます。

神道には、日々の暮らしの中で食べてはいけないものはありません。

また、毎食の前に祈りを捧げなくてはいけないということもありません。

つまり、日常の中で神を意識してはいないのです。

しかも、そういった強制的な決まりごとがなく意識もしてはいないのに、日本人の大部分は日本の神を信じ崇めています。

これは、神道という宗教が世界中にある宗教と呼ばれるものとは全く異質のものだからです。

遠いいにしえの昔から、日本人はこの変化の激しい豊かな四季という自然と共に暮らしてきました。

ただこの大自然の豊かさは、厳しい自然環境とも表裏一体でした。

そうしてその人間の力など及ばない克服できない存在を、日本人は神として恐れ・敬い・祈りを捧げていました。

そしてそれこそが、本来日本人の持つ宗教観の原点でした。

かつて私達の祖先は、山を神の住む場所とし神社を建て、また巨石に注連縄しめなわを渡し祈りの場とし、そして巨木に神を見たのです。

そこから生まれた信仰心は、誰かが言いだしたいわゆる創唱宗教ではなく、その場にいた皆が共感した自然宗教です。

そしてその根源にあるのは、それによる信仰心の深さであり寛容性でした。

このサイトは、そうした祖先の想いを少しでも受け取るため、その世界をいろいろな角度から切り取ってみようとするものです。

2019/08/21

Posted by 冬耕