神道の原点と謂れ、そして始まり

神社に代表される神道は、日本人なら誰しも馴染みのある信仰です。

そしてこの信仰は、1700年以上に渡って永くこの国で続いてきました。

しかし永く続いてきたゆえに、神道はいろいろな形に変化し現代人には分かりにくくなってしまっています。

では、その神道の原点といわれそして始まりは、いつ頃だったのでしょう?

神道とは

まず、そもそも神道とは何なのでしょうか?

およそ3世紀(西暦200年代)、時代区分でいえば弥生時代末期から古墳時代初期の頃、やまと族を中心とする大和王権(大和朝廷)が創った、祭祀のためのしきたりがありました

これが、神道です。

しかしその中身は、ずっと古くからこの列島に住んでいる人々の、祈りという信仰の伝承(言い伝え)でした。

つまり大和王権は、神道という新たな宗教を立ち上げたわけではなく、列島各地の集落にあった別々の信仰を取り上げ、それをまとめて一つの形にしたに過ぎなかったのです。

神道以前の信仰

それでは、大和王権以前に何万年と暮らしてきた、この列島の人々による信仰とはどんなものだったのでしょう?

それはまだ、はっきりとはわかっていません。

なぜなら、それ以前にあった集落の信仰は、大和王権にとっては都合の悪いものでしかないために、ほぼ消されてしまっているからです。

ただ近年、研究者たちによってその跡が見つかり始めています。

世界では仏教やキリスト教などでも、その起源についての研究が進んでいるようですが、神道においてもいろいろなことがわかってきました。

例えば、各地の集落の古代文字や土器・土偶などを研究している学者たちは、その中に大和王権が編纂へんさんした古事記や日本書紀に書かれている神々の、その起源を見出しています。

これには、ヲシテ文献釣手土器などがあります。 しかし、それらはまだ仮説であり確定したものではありません。

神道の原点

太古の昔、海の向こうから渡ってきてこの列島に暮らし始めた人々がいました。その集落は三百余とも言われます。

大きい集落は何百人・小さな集落では何十人とさまざまでした。

彼らがこの列島で暮らしていくためには、この土地特有の大自然とともに生きていかなくてはなりませんでした。

春夏秋冬という四季があるこの土地では、台風・雪害・地震・津波・雷・豪雨などさまざまな自然災害が起こりました。

また時には豊かな自然の恵みにより、豊富な作物という自然の恩恵を受けることもありました。

彼らはそうした自然をありのままに受け入れ、自然の恩恵には感謝をし、また災害には怯えながらも、事あるごとに儀式や祭祀をすることで、大自然と向き合って暮らしてきました。

そしてその儀式や祭祀が、この列島独自の自然信仰・祖霊崇拝・精霊信仰の文化になり、やがて神々という信仰対象を創っていったのです。

また、彼らがこの列島に渡ってくる前に住んでいた土地の風習や儀式も、信仰の土台にありました。

この信仰は、宗教的概念の観点から見れば自然宗教に分類されます。(対して仏教やキリスト教は創唱宗教と呼ばれます。)

しかし私達の祖先である彼らにとっては、そうした儀式や祭祀は宗教などという大げさなものではなく、日々の暮らしが平穏であれという祈りそのものでした

そうして今でもその思いは引き継がれ、日本各地に当時から続くお祭りや儀礼などの信仰が現存しているのです。

これが神道の原点です。

神道のいわ

いにしえの集落の中には、倭族から見て西に衆夷しゅういと呼ばれる熊襲くまそ族などの集落が、東に毛人もうじんと呼ばれる蝦夷えみし族などの集落がありました。
(この春・2019年4月19日にアイヌ民族支援法が成立しましたが、このアイヌと蝦夷族とは別の民族なのか同一民族なのかは、はっきりしていません。)

何かと話題になる卑弥呼を代表とする邪馬台国もあったかもしれません。
(邪馬台国は、この後述べる大和王権ではないかともいわれています。)

これらの集落同士は、その代表である首長たちは他の集落の首長たちと集まって、意見をすり合わせて話し合いで交流(合議制)し、穏やかに暮らしていました。

この頃不安定な生活である狩猟の暮らしから、安定した食料を得られる農耕に生活様式が次第に変化していったこともあり、集落間の交流は親密になっていきました。

もともとそれぞれの集落には、海を渡ってくる前からのそれぞれのふるさとの信仰がありましたが、こうした交流によって互いの信仰・文化は融合していったのでした。

これが神道のいわです。

神道の始まり

ではなぜ大和王権は、その伝承を神道という宗教にしたのでしょうか?

この頃、この列島はバラバラの集落があるだけの地域で、海の向こうの東アジア大陸にはという強大国家がありました。

東アジア大陸地域の文明国だった随は、その武力により自らを宗主国とし、私達の祖先が住むこの列島や朝鮮半島などを属国として支配していたのです。

倭族は、この随から独立し新たな国家を創ろうと、列島支配に乗り出しました。

そして彼らは、この国を王権として統一しようとしたのです。

そのために、天皇やまと族の大王おおきみ)がこの国を統治するのは当然であるということを国の内外に示し、自分たちの権力を正当化する必要が出てきました。

そこでこの列島のそれぞれの集落の人々が、いにしえから伝えていた信仰の言い伝えを取りまとめて古事記日本書紀という書物にし、その中で「この列島は私達の祖先である神が創造したのであって、天皇はその子孫である」としたのです。

そして、この列島を創造した神の子孫であるとする天皇が、祖先である創造神を祭祀するための儀式を創り、神道と呼びました

これが、神道の始まりです。

そして独立国家としての証として、この列島に日本という名前をつけ、宗主国である随とは違う日本独自の元号を使いはじめたのでした。

神道という名称

では、神道という名称はどこから来たのでしょうか?

大和王権が、日本国を興した頃国造りの手本としたのは、やその後おこったなどの大国から見聞きした文化でした。

その中に神道という言葉もありました。

神道という言葉

ただ大陸では、時代により神道という言葉は少し意味が違っていました。

古くは、しゅうという国で生まれたえきの思想において、神道とは天地の道・自然のことわりという意味で使われていました

この思想では、神を祀るときには、まず手を洗いそののち供物くもつを捧げるといった精神を説いていました。 

(これが、のちにけがれはらえみそぎという神道の基本思想となりました。)

その後かんの国では、神道は死者を葬った陸墓に通じる道という意味で使われるようになり、また呪術的な仙道・真道という意味で使われていました。

そして、しんの国の時代になると、道教が真道・神道の教えから来ているとし、また仏教も真道・神道の教えによるものとしていました。

このように、大陸では時代により意味は変わっていきましたが、宗教思想のもととなる考え方がありました。

倭王権はそれにならい、自分たち及び支配下の信仰文化をひとつにまとめ、その名称を神道としたのです。

神道史の始まり

やまと王権は、 大国の属国から独立し日本国を樹立しました。

しかし国として確立していくためには、固有の国家宗教と規律が必要でした。

それが、日本神道であり、律令制でした。

そして倭族は、 神道を国家宗教とした大和王権を打ち立て、天皇制集権国家としての日本国を建国したのです。

そして、ここから日本という国の歴史と、神道という宗教の歴史が始まりました。

移り変わる神道

その後神道は、いくつかの時代を経ていく中で移り変っていきました。

そしてその一部分だけ見ると、全く別の宗教にも見えてしまいます。

例えば、江戸末期までは神仏混淆こんこう・習合により区別がない時代もあり、また明治以降には国家宗教として政府に利用されたりもしました。

その後第二次世界大戦を経て現代は、神社本庁という民間の宗教法人として生き残ってきました。

このように時代によって、神道の形は多様に変化してきたのでした。

神道という心の原点

では、なぜ神道という宗教は廃絶することなく、現代まで続いてきたのでしょうか?

それは 大和王権が創った神道という宗教は、しきたりという容れ物でしかなかったということです。

そしてその実質は、いにしえから住む一般の人々の祈りの信仰という想いだったからです。

その祈りという信仰が、時の流れの中で人々の願い・思想・信仰・概念や渡来宗教(仏教・儒教・道教など)を飲み込んでいきながら、それぞれの時代に合わせて自在に変化していった結果、現代まで続いてきたのです。

つまり神道とは、日本人という名前がつく以前からこの列島に住んでいた人々の想いが、現代まで伝承されてきたものでした。

それは、私達が祖先から伝えられてきた心の原点とも言えます。

2019/07/17

Posted by かたつむり