【神道の歴史】その弐~権力は移り変われども変わらずあった神道~

神道

大和王権が、朝廷内部の政争により支配力を失っていく中で、軍事貴族と呼ばれる公家たちに権力が集中するようになっていきます。
彼らは、元は没落した下級貴族であり地下人じげびととも呼ばれた官位を持たぬ一族でした。

しかし、地方に横行した群盗を次々に制圧すると朝廷に認められ、官位をたまわりました。
それにより、近畿地方を中心とする東国に河内源氏、西国に伊勢平氏という軍事貴族が頭角を現して来たのでした。

そして保元の乱・平治の乱などの皇位継承争いを軍事力により解決させ、最初に国家の政権を担うようになったのは伊勢平氏でした。

平氏政権の神道

当初伊勢平氏は、当時瀬戸内海一帯を縄張りとしていた海賊を討伐とうばつし支配下に置いたことで、中央で力を持つようになっていきました。
この海賊たちは、瀬戸内海沿岸を通行する商船や朝廷の船などを襲い金品などを奪ったりして、思うがままにのさばり朝廷を悩ましていたのでした。
これにより、伊勢平氏の棟梁とうりょう(武家軍団の長)であった平清盛は安芸守あきのかみ(今の広島県西部の知事)に任じられ、瀬戸内海の制海権を手にしたことにより、支配下の武士たちも増加し勢力が拡大していきました。

そして清盛は、自分の娘を天皇と結婚させて自身は従一位・太政大臣となり、権力の中枢に食い込んでいきます。
その後中央政権下で、東アジア大陸の宋の国と日宋貿易を行い、宋銭の流通により通貨経済の基礎をつくることにも貢献しました。
こうした事により平清盛は、日本初の武家政権を打ち立てることになったのです。
中央の官僚はもとより、地方の国司の半数近くを平家一族が占めるといった独裁状態になっていきます。
そしてそれを背景に、平家の大規模私有地(荘園)は全国に500余りとなり、平家は栄華を極めるようになっていったのでした。

また清盛は、当時京都や奈良で巨大勢力化しつつあった南都北嶺なんとほくれい(南都=興福寺を中心とする南都仏教教団・北嶺=比叡山延暦寺)といった寺社勢力を、朝廷の敵となりうるとして危険視し押さえ込んでいきます。
そうして、清盛が安芸あき(広島県西部)の国司(安芸守あきのかみ)という縁で、厳島いつくしま神社の神主・佐伯景弘と懇意こんい(親しく交際すること)になり、その大規模な社殿を造営したのでした。
厳島いつくしま神社は、平清盛が大規模な社殿を整備し平家の氏神としたため現在でも全国に約500社ある厳島神社の総本社となっており、ユネスコの世界文化遺産としても登録されています。

しかしこれがもとで、他の天皇一族の貴族たちや大規模寺社(藤原勢力)そして平氏以外の軍事貴族の武士たちは、次第に不満を募らせていきます。
そうした中、一族の棟梁とうりょうである清盛が病没すると、反対勢力によって平家は次第に滅亡への道をたどっていき、壇ノ浦の戦いを最後に平氏政権は終焉を迎えます。

鎌倉幕府の神道

河内源氏かわちげんじ棟梁とうりょうである源頼朝は、平家討伐とうばつの後、他の源氏一門(常陸源氏・上野源氏・甲斐源氏・多田源氏)や弟の源義経・源範頼らを滅亡や衰退させます。
そして、東北の奥州藤原氏を討ち滅ぼし、東国で勢力基盤を広げていったのでした。

その後、平氏を後押しして以前から対立していた後白河法皇が崩御ほうぎょ(死亡)します。
それにより、建久3年(1192年)征夷大将軍の位を得て、東国に鎌倉幕府という軍事政権を打ち立てたのでした。

平氏政権との大きな違いは、平氏政権が天皇と一体化した政権であったのに対して、源氏政権は天皇とは距離を置く武家政権として確立しました。
そしてこの後、武家政権が終わり明治時代になるまで、清和源氏(河内源氏の祖先)が武家の棟梁とうりょうであるとされていったのです。

八幡神という神道の神様

武家政権を確立した源頼朝は、鎌倉に拠点を築きそこに鶴岡八幡宮つるおかはちまんぐう建立こんりゅうしました。
そしてその神社を中心に幕府の軍事施設を整備していったのでした。

鶴岡八幡宮とは

八幡神社の系列の神社のことです。

元は鶴岡若宮といいました。
京都の石清水八幡宮護国寺を勧請かんじょう(神仏の分身・分霊を他の地に移してまつること)したのが始まりです。

最初は鎌倉の由比郷鶴岡(現材木座1丁目)にあり、それを建立したのは河内国(大阪府羽曳野市)を本拠地とする河内源氏2代目の源頼義でした。
そして、頼朝が鎌倉幕府を打ち立てた後、現在の神奈川県鎌倉市雪ノ下に移築したのが鶴岡八幡宮です。

八幡神社とは

八幡神(第十五代・応神天皇)をまつる神社のことで、八幡神社・八幡宮・若宮神社などの名称で全国に建立されています。

最初は今の九州地方に集落を持つ宇佐氏の氏神様でした。
大和王権が日本を支配した際、鎮魂の意味もあり手厚くまつったため有名になり、天応元年(781年)に朝廷が、宇佐八幡に鎮護国家・仏教守護の神として八幡大菩薩はちまんだいぼさつの神号を贈りました。
その後武家時代には源氏の守護神となっていきました。

戦国時代には軍神として全国の武士たちからまつられるようになっていきます。

現在では全国で一番数の多い神社です。

北条政権の神道

源氏家は、頼朝が源氏の一門を討ち滅ぼしてしまったことや、朝廷や御家人などとの対立の中で跡継ぎを育てることができなかったために、三代で滅びてしまいます。
その後は、妻の北条政子の実家である北条氏が政権を担うこととなります。
しかし、北条氏は伊豆の国の豪族であったため征夷大将軍にはなれず、天皇の一族が就いた征夷大将軍(摂家せっけ将軍)の補佐である執権しっけんという立場でした。

ただ、北条氏にとっても神道は特別なものであり、朝廷の神祇制度とは別に武家社会においても神社を保護しようとしていました。
三代執権・北条泰時は御成敗式目ごせいばいしきもくを定め、その第一条には「神社を修理し、その祭祀さいしを必ず行うこと」と明記するほどでした。

しかしその後、元寇げんこうなどのいくさにより北条政権の勢力が拡大していくことにより、次第に摂家将軍(天皇家)との対立が深刻化していきます。
また、そうしたいくさで戦ったにもかかわらず恩賞もろくになかった事により、御家人たちも離反していくことにもなっていきました。

そうして、後醍醐天皇の時代に元弘の乱・東勝寺合戦により北条氏は滅びます。

室町幕府の神道

その後第96代後醍醐天皇は、鎌倉政権が滅亡した後、後に建武けんむ新政しんせい(建武の中興ちゅうこう)と呼ばれる親政(天皇が自ら行う政治)をはじめます。
この新政は、院政・摂政・関白や征夷大将軍などを置かず、政治権力の一元化を目指していました。
それは、表面的にはかつての大和王権の復古のようにも見えましたが、実際は当時の東アジア大陸の宋の国にあった朱子学に影響された、君主独裁制を目指していたのでした。

しかし、天皇一族である公家の主流派からの賛同が得られず、また武士団たちの反発もあり、3年後の建武3年(1336年)に河内源氏の有力者であった足利尊氏が離反したことにより、政権は崩壊します。
この足利尊氏が開いたのが足利政権でした。

この政権においても、御成敗式目を踏襲した建武式目が出され、神社や寺院は保護されていきました。
しかし戦乱を制した足利氏も、もともとが弱い経済基盤の上に成り立っていました。
そして、以前から幕府に名を連ねていた有力な大名たちの勢力争いにより、戦乱の世は静まることがありませんでした。

そうした厭世えんせい観から、足利氏を始めとする武士達がその本分から離れて、文化的に貴族化していってしまいます。
それにより、やがて武士たちの間に不平や不満が生じていき、幕府を支える地盤が崩壊していきます。
そして応仁の乱を引き金に、時代は一気に戦国時代に突入していってしまいました。

戦が続くことにより、荒廃した神社仏閣は整備もままならなくなります。
これにより、人々の心には厭世えんせい感が蔓延まんえんし、鎌倉時代より始まった浄土宗・浄土真宗などの、「どんな人も念仏を唱えれば死後には極楽浄土に往生おうじょうする」という思想が全国的に広がっていきました。

一方で、仏教勢力は教えを広めるために積極的に神道と結びつき、本地垂迹ほんじすいじゃく説や独自の神道論ができたりもしました。

こうして神道分派が乱立する中で、神道は仏教に吸収されてしまったかに見えましたが、実は鎌倉旧仏教派に属する高僧達は神道へ敬意を払うと同時に神道の神祇じんぎへの接近を目指している一派もいたのでした。
例えば、天台宗の座主ざす(宗派の最高位)慈円じえんなどは、仏教界の中においても日本が神の国であるとし、天神地祇てんじんちぎを認めて神宮の参宮を行い、神道古典の研究をして神道の持つ奥義を理解しようと努めていました。
そして、「誠には神ぞ仏の道標みちしるべ迹垂あとをたるとは何故か言う」と歌をみ、当時主流となっていた本地垂迹ほんじすいじゃく説に疑問を投げかけ、垂迹といわれた神こそが本地ではないかという考えを表したりしていました。

こういった動きは、神道に従事する人々の自覚・自立を逆に促進させることになり、意識的に仏教の影響下から離れ陰陽道や道教・儒教により神道を復活させようとする神職が、室町末期には現れてきたのでした。

織田・豊臣政権の神道

戦乱の世の中で、神道を始めとする神社仏閣は逆に安定していきます。

各地方の大名が覇権を争うこの時代では、武士は足軽に至るまで立身出世を夢見ることができる下剋上の時代でした。
そのために、武士たちの精神的拠より所として神や仏の加護は相当の影響力があったのです。
先の時代、北条氏が定めた御成敗式目には、神社の祭祀さいしや儀式をり行うことにより神威が増し、その信仰により神の徳が受けられ、運が開けると書かれていました。
そういった思想は戦国の世にも引き継がれ、武家が神祇じんぎ的政策を行うのは、当然であるという意識が高まっていたのです。
そしてこの思想により戦国大名は、それぞれの領内において寺社を整備して、門前に市を開き経済的地盤を確保していったのでした。

しかしまた一方神官や僧侶などの中には、そうして保護された事により神社仏閣内に武力組織をつくり、強大な勢力を持つことによっていくさに参戦する者も現れます。
また越前・加賀・能登・近畿・三河などでは、一向宗の僧侶や門徒の農民が新興の小領主や土豪層と連合して、大名の領国制支配と戦った一向一揆もおこり、いくさの時代は果てしない様相を示していきました。

ただそうした中でも、全国の戦国大名達によって保護された神道は、生き残っていきました。

ちなみに、信長が立てたと言われる安土城の見取り図や跡地の研究から、天守閣のすぐ横に天皇をお迎えするための屋敷があったことがわかっており、かの第六天魔王と言われた人物においても天皇家は別格だったのだということを知ることができます。

その後、応仁の乱以後長きにわたる混沌の時代は、徳川家康が幕府を興したことにより、ようやく幕を下ろします。

Posted by まれびと