【神道の歴史】その壱~独立主権国家のために創られた宗教・神道~

神道

神道は、やまと族が大和王権を打ち立ておこした宗教です。
この、やまと族といわれる民族がどこから渡来したのかということは、いまだはっきりとはしていません。

しかし、彼らが日本という国名と新たな元号をつくり、大和王権という独立した集権国家を打ち立て、その基盤として神道という国家宗教を創り上げたのは間違いありません。
そうして、ここから「神道」という宗教の歴史が始まったのです。

では、大和王権が「神道」を創ったのは、なぜだったのでしょう。

倭国から日本国へ

日本列島の黎明期のイメージ

西暦2世紀頃まで、この列島は東アジア地域では後進の地域でした。
そしてこのころ列島は、各地に小国があるだけの地域でした。

そして当時、東アジア大陸にあり先進大国であった歴代中華王朝は、自らを「宗主国」としその周辺の諸民族を「属国」としていたのでした。

その思想は、「自分たちは華夏であり、その外側の四方の諸民族は見下されるべき存在で四夷しいである」というものでした。

華夏とは、漢民族の間に存在する、自分たちを美化して表現する自民族中心主義のことで、「自分たちは世界の中心」であるとする中華思想のことです。

そうしたことから、東側にあたる列島にあった小国はひとまとめにして、倭国わこくまたは東夷とういと呼ばれていました。

そして、そこに住む人々は倭人わじんと呼ばれていたのでした。
とは、小さくていやしいという意味の蔑称べっしょう軽蔑けいべつして見下す言葉)です。

※参考

  • 宗主国=属国を政治的・外交的に支配するべきとする国
  • 属国=宗主国に支配されるべきであり、貢物みつぎものを差し出すべき必要があるとする国
  • 東夷とうい=東方の野蛮人という意味の呼び名
  • 四夷しい=中華王朝の人々が四方の諸民族につけた呼び名。東夷とうい北狄ほくい西戎せいじゅう南蛮なんばんの総称。
  • 東夷とうい=東北地方(満州)・朝鮮半島・日本列島など中国の東方にある異民族
  • 北狄ほくい匈奴きょうど鮮卑せんぴ韃靼だったんなど北方の異民族
  • 西戎せいじゅう=トルコ族・チベット族など
  • 南蛮なんばん=インドシナをはじめとする南海の諸民族

その後4世紀ごろ、列島のいくつかの小国が連合し、「倭王権」となりました。
もっとも、当初「倭王権」は諸豪族の連合政権でしかなく、独立した国家体制として宗主国に対抗するほどの力はありませんでした。

そのため王権の代表者である首長は、中華王朝や朝鮮半島諸国などには倭国王(倭王)と名乗り、国内向けには治天下大王あめのしたしろしめすおおきみ大王おおきみ)と名乗っていました。
ただ逆にこれは、ある意味倭王権には「倭国は中華王朝とは違う国であり、自らはそれを治める王である」という意識もあったからのことでした。

そうしたことから国内では、「我々は倭人やまとびとであり倭人わじんではない」とし、倭という文字にやまとという読みを付けていましたが、その後「倭」という漢字を捨て、その代わりに「和」という文字を当てやまとと読むこととし、それに大を付けて「大和」という名称になりました。

その後独立国とならざるを得なくなり、その際国名が必要だと考えこの列島を「日出処ひいずるところ(東アジア大陸から見て東方にあり、大陸より早く日が昇る場所)の国である」として日本国と名付けます。

そして国の内外に、倭国の倭王権は日本国の大和王権であると独立国を宣言します。
これが、日本国の始まりでした。

そして、倭族の首長(部族のおさ)を日本国の君主とし天皇と定めたのです。

天皇という名称の語源

天皇という名称の起源のイメージ

それでは、天皇という言葉はどこから来たのでしょう。

古代東アジア大陸のシナ・チベット語族の言語である漢語では、天皇と書いててんこうと読む東アジア大陸神話における神がおりました。
そしてこの天皇てんこうは、三神(天皇てんこう地皇ちこう人皇じんこう)のうちの一神を指します。
三神は、三皇・天地人三才とも呼ばれていました。

また、古代東アジア大陸では最高神・神格化された北極星を天皇大帝てんこうたいていと呼んでいました。
そして道教においても、天皇大帝てんこうたいていという宇宙の最高神があり、これは「皇帝・天子・君主」を意味していました。

大和王権ではそれにならって、倭族の首長である大王おおきみが、「天に命じられてあまねく民をつかさどる者」であるとし、天皇と名乗ることにしたのです。

また天皇は、音読み(大陸読み)するとてんのうと読みますが、訓読み(ヤマト言葉)するとスメラノミコト(すめらみことと表され、「この国を統すべる神」という意味をも、天皇という名称に持たせたのでした。

独立集権国家へのいきさつ

それでは、大和王権が大陸と決別し独立した集権国家を打ち立てようとしたのは、なぜだったのでしょう。
それは、当時の国の内外の情勢にあったのです。

白村江はくすきのえの戦い

6世紀から7世紀頃、朝鮮半島は中華王朝の属国として高句麗こうくり新羅しらぎ百済くだらという3国に分かれていました。

西暦663年10月、当時の王朝であったとうの国についた新羅しらぎ高句麗こうくりを滅ぼし、百済くだらに攻め入ります。

大和王権は半島最南端にあった百済と親交があったため、援軍を求められました。
それにより、唐・新羅しらぎ連合軍対倭国・百済のいくさとなったのです。
それが、「白村江はくすきのえの戦い」とよばれる戦争でした。

しかし大和王権はこのいくさに負け、撤退を余儀なくされました。
そして九州地方に防衛ラインを築き、みやこも沿岸の難波京なにわきょうから内陸の近江京おうみきょうへ移していったのでした。

こうして、大和王権は唐の国と対立することとなり、この列島を独立した国とすることへの要因となっていきます。

壬申じんしんの乱

また、国内でも王位継承争いがありました。

38代天智てんじ天皇の弟である大海人皇子おおあまのおうじと、天皇の息子である大友皇子おおとものおうじの争いです。
これは、この年が干支で壬申じんしん(みずのえさる)にあたることから、そう呼ばれています。

もとは、白村江はくすきのえの戦いで大敗を喫した天智天皇が都を移したことにより、豪族や民衆に新たな負担をいることになり、彼らに不満がつのっていったことによります。
そして、跡継ぎとされる天智天皇の息子である大友皇子おおとものおうじは長男ではありましたが、側室の子供であったことから次期天皇としては不適格だとされていたこともありました。

これにより、弟の大海人皇子おおあまのおうじを支持する勢力が形成されていきます。
そうしてついに、琵琶湖周辺を中心とする大きな内乱へとつながっていきます。

その結果大友皇子おおとものおうじはいくさに負け、自ら命を断つことによりこの争いは終わりました。

ただこのいくさによって、庶民たちの暮らしは日々の暮らしに困るまでに荒廃してしまったのです。

このため王権の権威が失墜し、国家としての形が崩壊しかねない状態になってしまいました。

そうしたことにより、大和王権は新たな国家建設を早急に進める必要があったのでした。

Posted by まれびと