【神道の歴史】その壱~独立主権国家のために創られた宗教・神道~

神道

新たな国書の編纂へんさん

大和王権は、内憂外患によって失墜した天皇の権威を早急に回復し、国家を立て直す必要がでてきます。

そこで、次に天皇に即位した40代天武天皇(大海人皇子おおあまのおうじ)は、日本各地の伝承・神話などをまとめて一つの話にして書物にし、それによって列島を一つにまとめ天皇の権威付けを図ろうとしたのです。
それが古事記日本書紀でした。

この古事記と日本書紀は、天皇制の根幹となる神道の起源を示し、日本という国としての起源を書として創り、この国が国としてあるべきだという正当性を広く国の内外に示そうとする書物でした。
現代では2書をまとめて記紀と言っています。

しかし、なぜ二種類の書物を編纂へんさんする必要があったのでしょう。
それは、古事記と日本書紀の内容が違うことからわかります。

古事記

古事記は、上・中・下巻のうち上巻はすべて天皇の祖先とされる神話の神々の話で、残り2巻で33代推古天皇までの話が手短かに書かれています。
つまり、初代天皇に至るまでの祖先とされる神々の来歴や系譜に重点がおかれ、天皇がこの国の君主としてあるべきだという正当性が詳細に書かれているのです。
また、古事記は大和がな混じりの漢語で書かれています。
そして古事記の序文には、「列島各地の集落に勝手な神話が点在するので、日本国として正当な歴史書をつくるため。」と書かれています。
しかし実際にはこれは、列島各地にあった各民族の習慣・風習に配慮し、それぞれの話を盛り込むことにより国家としての体制を維持し、さらにこれにより天皇集権国家としての大義名分をつくり国内向けに天皇を権威づけしようとしたものだと言えます。

このことから、古事記は国内の民向けに天皇の祖先である神々の説明をしたものだと言えましょう。


関連記事


日本書紀

対して日本書紀は、全30巻ある中の2巻目までが初代天皇までの神話で、残り28巻は二代以降の天皇が行った業績が紀年順に書かれています。
そして大陸人が読めるように漢文で書かれています。
このことから日本書紀は、海外の国に向けて日本創世からの天皇の系譜の正当性を説明している書物ということがわかります。

天皇の神格化

また、天皇は「天津神あまつかみ(天神)の御言持みこともちである」としました。
御言持みこともちとは神の言葉の伝達者という意味で、キリスト教などで言う預言者ということです。
そして、「天皇の御身体ごしんたいは、神の言葉を伝えるためのとうとれ物であり、天皇の発する言葉は神の発する言葉であるから、天皇はとうといのである。」として、天皇を神格化しようとしたのでした。

律令制による集権国家

そうして大和王権は、組織的な集権国家を創るために大陸の律令制にならって、りつという法律を定めることにより人々を統制しようとしました。
そして、りょうという中央官制の制度を定め、大和王権を単なる集落の寄せ集めではなく国家としての形にしようとしていきました。

この律令制の構想は、36代孝徳天皇の時代に行われた大化の改新によってすでに始められていましたが、36代天智天皇による国政改革(近江令)により令制国(律令国)と呼ばれる地方行政区画が形成されていきました。

その後40代天武天皇による律令制定を命ずるみことのりが出され、続く41代持統天皇による飛鳥浄御原令が完成・施行されました。
そして、42代文武もんむ天皇により大宝律令として完成を見ました。

また律令制としての国家体制の一環として、中央官制・地方官制という行政機関を設置します。
これにより大宝律令による統治・支配は、この頃大和王権が支配していた領域(東北地方を除く本州、四国、九州の大部分)にほぼ一律的に及ぶことになっていったのでした。

中央管制

中央官制の組織制度では、大王おおきみ(天皇)の下に神祇じんぎ太政だいじょうという二つの最高機関を置きました。

神祇じんぎ

大王おおきみ(天皇)が崇拝すうはいする神に関する祭祀さいし・儀式の一切を取り仕切る官庁でした。
神祇じんぎ官の長官は、神祇伯じんぎはくといいました。

神祇伯は大嘗だいじょう祭・鎮魂ちんこん祭・卜兆ぼくちょうなどの国家的儀式の総責任者として神事を統括し、祭祀さいしを執り行う祝部はふりべ神戸かんべなどを監督する官司かんし(管理者)でもありました。

太政だいじょう

今で言う霞が関のような組織で、行政全般を司りました。
一般庶民が守るべき決まりごとを作ったり(立法)・それを破るものを取り締まったり(司法)・租税を徴収したり(行政)など一般庶民の生活全般を取り仕切っていました。

太政だいじょう官の長官は太政だいじょう大臣といいました。

地方管制

地方官制下では、国司こくじという役人が各集落を取り仕切っていました。
これは今で言う県知事のような役割でした。
そして国司こくじは、天皇家の一族の者が任命され集落を管理するとともに天皇集権国家の確立を目指し、神道を地方にも浸透させ天皇をあがめさせるという目的がありました。

また、国司こくじの下に郡司ぐんじという役職を置き、これにはもとの集落の首長(代表)を任命しました。
これには、地方の集落の人々の反発を抑え込むという目的がありました。

律令支配のかげ

こうして、神道という国家宗教による祭政一致(政教一致=政治と宗教が一体となった国家)を土台とした、天皇制集権国家が出来たのでした。
当初は、これによって国家が安定し、体制がうまくいくはずでした。

ところがその後、当の天皇一族が継承けいしょう争い(跡継ぎ争い)や権力争い(国家機構の支配権争い)を繰り返すようになり、内部分裂状態になってしまいました。
そしてこれにより、律令国家として集権国家を束ねていく存在だったはずの大和王権は、次第にその支配力を失っていきました。
そうして、中央官制自体が地方の人々の離反により機能しなくなり、人民支配・租税収取などの役目から逃亡するものが全国で頻発ひんぱつするようになっていってしましました。
また、律令制により官僚制度に重きをおいた結果、かつてあった軍事を担当する豪族たち(物部氏・大伴氏・紀氏・平群氏など)による軍団が廃止になると、東国では僦馬しゅうま・西国では海賊と呼ばれる群盗(盗賊団)により地方の集落が次々と襲われるようになり、日本全国で治安が悪化していきました。

こうした状態に陥ったことにより、神道は大和王権と共に消滅するかに見えました。
しかし、その本質は消えることはありませんでした。
それは、時の権力者が誰であろうとこの列島に住み着いた人々にとって、太古の昔から祖先たちがつむいできた祈りという信仰の文化を捨てることはあり得なかったからです。

こうして神道を取り巻く情勢は、次の時代へと移り変わっていきます。
現代ではこの移り変わりの時期を、律令国家から中世国家体制(武家政権)へ移行する過度かど期であるとして、王朝国家の時代と呼んでいます。

広告

Posted by まれびと