【神道の歴史】その参~神仏の習合から復古神道による新たな国へ~

神道

織田信長・豊臣秀吉と続いた全国統一の機運は、徳川家康によって結実しました。
家康によって戦乱の時代は終わり、幕藩体制によって日本に平安がもたらされたのです。

江戸幕府はキリスト教は禁止しましたが、そのほかの宗教や宗派神道に関してはあまり厳しい統制や排除はしませんでした。
このころになると神道は、吉田家の唱える吉田神道と白川伯王家しらかわはくおうけの唱える伯家はっけ神道(白川流神道)がほぼ席巻せっけん(圧倒的勢力を維持すること)していました。
しかし、幕府として特別重用ちょうよう(特別に保護すること)したり統制(宗教活動に制限をかけること)したりということもなく、一般の信仰に任せていました。

というのも、この頃神道と仏教は分離しておらず、いわゆる神仏が習合(混合)して、お寺の中に神社があったり、またその逆の場合も普通にあったのです。
そのため江戸時代においては、寺も神社も寺社奉行所に管理されました。
また神社に比較して、寺は本山末寺の関係が明確で支配体制が確立していましたので、その制度を神社の管理にも利用したということでもありました。
そしてそうした管理によって、戦乱の世以降絶えていた様々な儀式や祭事が復興され、神祇制度や社家の支配体制も次第に整えられていったのでした。

東照宮という神社

由緒ある祭儀の復活と共に、徳川家康を祭った東照宮のように新たに崇拝の対象となった神社も増えていきました。

徳川家康は没後、後水尾ごみずのお天皇により東照大権現とうしょうだいごんげんの称号を奉り、正一位の官位を称されます。
そして日光に社殿を建て、その社殿は神として奉斎したことにより東照宮とうしょうぐうと言われるようになりました。

古来、祭神が皇族でも天神地祇でもなく国家のために特に功労のあった人臣をまつる神社や、国家に災いをもたらすとされる怨念を持つであろうとする人臣を祀る神社が建立されてきました。
徳川家康もその一人でしたので、家康を祭る東照宮が建立されて政治的に全国に分布を広げていったのでした。
それにより東照宮は、各地の城下町などに勧請かんじょう(本宮から分霊された御霊みたままつること)され、現在東照宮と呼ばれる神社は全国に百社以上あります。

儒家神道じゅけしんとうの台頭

また神道を中心とした思想も様子が変わってきます。
神仏習合的な仏家神道に代わって、儒教と神道との一致を解く儒家神道じゅけしんとうが台頭してきました。
江戸期の儒家によるこの儒家神道は、排仏思想を基とする儒教を主体とする神道思想でした。

儒教は、徳川幕府封建体制の主流思想でしたが、この思想はその中でもとりわけ朱子学の立場から神道を解釈した思想でした。
この儒家神道の思想や教学を唱えたのは藤原ふじわら惺窩せいかはやし羅山らざん山崎やまざき闇斎あんさい等の朱子しゅし学者でした。

ただ、儒教の立場から神道を説く者は、それ以前からからありました。
北畠親房の神皇正統記・度会家行の類聚神祇本源・清原宣賢の神道説などです。
藤原惺窩は、本来儒教と神道は同じであるとしました。
その後、林羅山が惺窩の論を継承し発展させていきます。
羅山の理当心地神道という神儒一致思想は、排仏思想が基本にありました。

しかしそれ以前の神儒一致思想には、排仏という考え方はありませんでした。
羅山は本朝神社考で、神仏習合思想や吉田神道を批判します。
そして、三種の神器が中庸の智・仁・勇の三徳を表すものであるとしました。

また神道伝授では、「歴代の天皇はその心に清明なる神が宿り、その神の徳と力によって国家が統治されていることこそが神道であり王道である。」としました。
この林羅山の神儒一致思想は、多くの神道家や儒学者に影響を与えていきます。
外宮神職であった度会延佳が創始した後期伊勢神道も神儒一致思想を継いでいます。

ただ、政治理論であった羅山の神道説とは異なり、延佳の説は神道が日常生活の中にあるものであるとしました。
また、山崎闇斎が提唱した垂加神道は易姓革命を否定し、天皇と臣下との関係は不変であるとし、臣下のあるべき姿を説きました。
そして水戸学は、栗山潜鋒を通じてこの垂加神道の影響を受けていました。

こうしたことにより、江戸時代前期に現れた神儒一致思想は、やがてそれに反発する復古神道という新たな思想につながっていきます。

神道の揺り返し

神道においては、国学者・荷田かだの春満あずままろが、古道を提唱します。
これは、「幕府が進める官学がなぜ外国の宗教である儒教なのか。」という思いから反発し、日本人にはやはり日本古来の信仰が大事であるという考え方でした。
そして、それまで神道の拠より所とされていた日本書紀だけではなく古事記も研究すべきとし、古神道を再認しようという動きが興りました。
(それにはこの頃、永く行方不明になっていた古事記の写本が見つかったというのも、大きな要因になっていました。)

また、賀茂かもの真淵まぶち国意考こくいこうという著を起こし、古道の存在を訴えました。
彼はこの著書で、儒教・仏教などの外来思想を批判し、古代の風俗や歌道の価値を再認して、日本固有の精神へと復帰すべきと説いたのでした。

やがて彼の思想を引き継いだ本居宣長もとおりのりなが平田篤胤ひらたあつたねらが、日本書紀・古事記などが基礎であるとする復古神道を提唱するに至ります。
本居宣長もとおりのりながは、直毘霊なおびのみたまという著を起こし、古事記の本質を簡潔にかつ体系的に論述し、古道論を広めました。
また、平田篤胤ひらたあつたねは、古道大意こどうたいいという著を起こし、本居宣長の直毘霊なおびのみたまをもとに国学の思想を紹介しました。
そして、古代史を明らかにし皇道の正当性を天下に示すべく、平田派国学を提唱していったのでした。
この平田派国学の流れから後に、本田親徳ほんだちかあつ川面凡児かわつらぼんじや、その他多くの古神道系の宗教家が誕生してきました。

この復古神道は、儒教・仏教などが渡来し、日本の宗教が習合して影響を受ける以前の日本民族固有の精神に立ち返ろうとする思想でした。
そしてこの思想では、神々の意志をそのまま体現する惟神かんながらの道が重視されたのでした。

天皇制国家への息吹

復古神道は、都市部の町人から始まり全国の農村の庄屋や地主層を通して農民にも支持され、そうした広がりにより幕末の志士たちにも大きな影響を与えました。
それにより、幕末になると勤王思想きんのうしそうが更に広がりを見せ、尊王攘夷論そんのうじょういろんが生まれていったのでした。
そうしてそれは、明治維新へとつながっていく尊王攘夷運動という社会思想になっていったのです。

勤王思想きんのうしそう

徳川幕府による国家支配の体系を批判し、新しい国家権力の頂点に天皇を据えさせるとした国家主義的な政治思想のことです。

尊王攘夷論そんのうじょういろん

天皇及び皇室を、日本古来の血統を受け継ぐものとして崇拝する民族主義的な思想である尊王論そんのうろんと、外国人を力によって排斥はいせきしようと主張する攘夷論じょういろんが混ざった思想を指します。
攘夷じょういとは、日本以外の人々を夷敵いてき(外国人をさげすんで言う言葉)として払い取り除こうとする思想のことです。

幕府の弾圧

幕府は安政1年(西暦1854年) ,アメリカとの日米和親条約に調印しました。
それによって、貧困化し幕政への不満をつのらせていた諸藩の下級武士たちが、 夷敵いてきとする西洋諸国の圧力に屈したとして反発をします。
しかし幕府は将軍継嗣問題でもめていたため、そういった全国の動静にも気づきませんでした。

そうしたおり井伊直弼が大老に就任し、天皇からの勅許ちょっきょ(許可)を待たずに反対派を押切って日米通商条約に調印し、次いで安政あんせい大獄たいごくを断行してしまいます。
これにより外国貿易が頻繁になると物価が高騰し、下級武士たちは生活がさらに圧迫されていきます。
そうしたことから、幕府に対してますます不信をつのらせた武士たちが、朝廷の尊皇攘夷派公家と結んで活発な攘夷運動を展開していったのでした。

安政あんせい大獄たいごく

戊午つちのえうまの大獄とも呼ばれる弾圧のことです。
当初弾圧されたのは、尊皇攘夷派の武士や一橋ひとつばし派の大名・公卿くぎょう・勤王の志士とよばれた活動家らで、その総数は100人以上となりました。

始まりは、徳川斉昭・徳川慶篤・徳川慶勝・松平春嶽らと連合し、条約調印自体は止むを得ないが勅許(天皇の許可)のない調印は敬意を欠いたものだとして、直弼を詰問する目的で江戸城に登城せずにいたのを、直弼はご政道を乱した罪として将軍の名を借り彼らを隠居や謹慎させたことでした。
その後この動きは全国に広がりましたが、直弼はこれを次々と弾圧していきました。

安政7年(西暦1860年)3月3日、桜田門外の変において直弼が殺害されると、この弾圧はようやく収束を見たのでした。

徳川幕府の終焉しゅうえん

その後老中安藤信正らによって公武合体派が現れます。
そして、山内豊信(容堂)・松平慶永などが公議政体論を打ち出し、1867年11月9日(慶応3年10月14日)江戸幕府15代将軍徳川慶喜が朝廷へ政権返上をし大政奉還を実現しました。

しかし倒幕派はそれに反発し、長州・薩摩の朝廷方であった大久保利通・西郷隆盛・木戸孝允・岩倉具視らは、1867年12月9日王政復古の大号令を発するに至りました。
これにより徳川慶喜の辞官・納地が命じられると、幕府と朝廷の衝突により戊辰ぼしん戦争が起こりますが、翌年朝廷側は幕府側を鎮圧しました。

朝廷方の新政府は明治1年(西暦1868年)1月15日各国公使に王政復古を通告し中央政府機構を整備しました。
そうして同じ年の3月には五ヵ条の誓文を発して、新国家建設の方針を内外に明らかにしたのでした。
また新政府は古代王制への復帰(神武創業)を理想として祭政一致を掲げ、神祇じんぎ官を設置し神道思想を推し進めることになったのでした。

Posted by まれびと