【神社にある不思議な存在】鳥居・手水舎・摂末社・狛犬・拝殿・本殿

神道

神社という文字は、やしろとで出来ています。
とは、古代からこの列島に住む人々がまつってきた、幾多の神様たちです。
そして、やしろとは神をまつ祭壇さいだんがある場所のことです。

やしろは、はじめ屋代やしろと書かれていました。
屋は住まいの意味で、代はかわりになるものと言う意味です。
その後、やしろという漢字が当てられるようになっていきます。

そして神をまつやしろは、神が住み人がまつる場所であるとしてかむやしろと呼ばれていました。
その後時代が下り、じんじゃと呼ばれるようになり現代まで続いています。

さて、この神社の境内けいだいには、いろいろな不思議な建物があります。
入り口から順に見ていきましょう。

鳥居

鳥居は、神社に向かうとまず目に入ってくる建物で、神社への入口です。
そして地図でも、神社は鳥居マークです。
それほど鳥居は、神社と言う存在の象徴的な建物となっています。
しかし、そもそも鳥居とは一体何なのでしょう。

神道という宗教が始まる、はるか以前から鳥居はありました。

その頃には、まだ神はまだ自然界を自在に行き来しているとされ、神社には社殿などの建物はありませんでした。
儀式の際にだけその都度つど祭壇をもうけ、御神体と呼ばれる物質を依代よりしろとして神をお招きしていたのでした。

そして御神体がある一帯は、神事などの儀式以外では立ち入ってはいけない神域であり、また神事に従事する者以外は立ち入ってはならない場所でした。

こうしたことから、鳥居はその神域への入口であり神域に張られた結界けっかいを示す目印でもあり、そして俗界との境界線でもあったのです。

鳥居の起源

鳥が居ると書いて鳥居というように、太古の昔集落の入り口にある門の上には鳥のレリーフ(木彫像)が置かれていました。
それは、人間が住む集落の外は神の行き来する外界であり、そしてその境界線である門の上に鳥が居るのは、鳥が神の使いとして人間界との境界を見ているとしたからです。

大和王権が編纂へんさんした古事記にも、鳥が神の使いだとして常世とこよの長鳴き鳥(にわとり)や八咫烏やたがらすという鳥の話が出てきます。
しかしその起源はもっと前にありました。

中国や朝鮮半島などの東アジア大陸から東南アジアに渡っての広い範囲で、太古から同じように鳥の彫像を付けた門があり、残っています。
この列島に渡ってきた人々も、その風習を引き継いで信仰していたのでした。
これが、後に久那土くなどの神や道祖神どうそじんなどの神に変化していきました。

一方、神への祭祀さいしは神社という決まったところで行うようになり、その場所は社殿などの建物が整備されていきました。
そしてその入り口に門を建てるようになり、鳥居神がおられる神域とされる神社への入り口となったのです。

こうしたことから、本来集落の入り口にあったはずの鳥居は、その役割と意味が移り変わり神の庭への入り口とという役割を与えられ、それが現在にまで続いているのです。

鳥居の色

鳥居の色といえば、朱色というイメージがあります。

しかし、神道が始まるまでの信仰では、鳥居は朱色ではありませんでした。
それまでの鳥居は、樹木を切り出して表皮をいただけの白木しらきだったのです。

神道が始まった頃、日本には仏教という宗教も渡来していました。
鳥居が朱色になったのは、この仏教寺院の伽藍がらん(寺院の建物)に使われていた朱色の顔料を鳥居にも塗るようになったのが始まりです。

この朱色は、古代には鉱物を採掘した際に取り出していたという物質を塗布した色でした。
いまではこの朱は硫化水銀という名称になっています。

そしてこの硫化水銀という物質は、古くから防腐剤や医薬品としても使われていました。
そこから鳥居の朱色は魔除けの色とも考えられるようになっていきました。

そして鳥居の朱色は、神道という宗教的意味合いから太陽や血の色・生命力や力強さ・神々しさを象徴する色として認識されるようになってもいったのでした。

鳥居の形

大きく2つに別れます。
神明しんめい鳥居明神みょうじん鳥居です。

神明しんめい鳥居

円柱を二本建て、上部に笠木かさぎ・下部にぬきの二本の横木を渡しただけの簡素な鳥居のことです。
伊勢神宮や靖国神社の鳥居は、これが使われています。
地図で鳥居を表すときはこの形がモチーフになっています。

明神みょうじん鳥居

こちらの鳥居は、進化系ともいわれます。
笠木が2段に組んであり、カーブしていることが特徴です。
そして、柱も傾斜がつけられ下部に向けて広がって建てられています。

春日大社や八幡神社などに見られる鳥居です。

その他の鳥居

現在鳥居の種類は、60以上あります。
ただその基本は、上記の二種類(神明しんめい鳥居・明神みょうじん鳥居)にあり、そこから派生したものです。

また、その材質は最初ひのきや杉だったものが、現在では石や銅・青銅などからコンクリートや鉄製のものも建てられるようになってきました。

参道

神社にお参りするためには、参道または石段と参道を通っていかなくていけません。
住宅地にある神社では、この参道はごく短い場合もありますが、古くからある神社は大抵長い石段と参道を行かなくてはなりません。
なぜ、そんな遠い場所に建てる必要があったのでしょう。

もともと、神をまつる場所は集落から離れた場所にありました。
特に多かったのは山の上です。
なぜなら、神は山の上に訪れるとされていたからです。
そして例えば、奈良県にある大神おおみわ神社のように、今でも山そのものをご神体とする神社もあります。

古代から、集落で亡くなった者はその神のもとへ行き、神とともに里に住む子孫を見守っていてくれている、とされていました。
そのため、集落を守る神や祖先は山の上にまつられていたのでした。
こうしたことから、大抵の神社の社殿は山や森のなかにあるのです。
そして、その祭壇で儀式を執り行うために向かうまでの道のりに、石段や参道がしつらえられたのです。

その後参道は、宗教的意味合いから神域に向かう時に心を清浄させるためにその距離を歩くのだとされ、それは例えどんな肩書を持つ人でさえ、乗り物を降り歩く事が求められました。
それは、征夷大将軍や天皇や皇族でさえ例外ではなかったのです。

手水舎ちょうずしゃ

参拝する前に、手を洗う場所です。

なぜ手を洗わなくてはいけないのでしょう。
それは、神と対面するためには人間界(俗界)のけがれをはらう必要があるとされたからでした。

けがれとは

けがれとは、物質的に肉体が汚れているということではありません。
かといって、悪霊に取りかれたなどというオカルティックなことでもありません。
そもそもこの概念は古代からありました。

いにしえから、けがれたとされる人物は、精神的なことからなにか行動を起こし、集落などの共同体の秩序を壊すとされたのです。
具体的には、作物の生育を阻害そがいする行為や、疫病・近親相姦や人を傷つける行為(傷害罪・傷害致死罪等)などです。
集落全体にとって、これは一族やひいては集落全体が滅ぶことにつながり、何より一番の恐怖でした。
そのため、そうした行為により集落の共同体に害を成すであろう者を、けがれた者としたのです。

これは、けがれの状態の人間は心の平静を保っていないとされ、そのために集落の共同体に損害を与えるものとする考え方です。
例えば、近親者に亡くなった人がいる遺族はけがれの状態とされ、家内で過ごすべきということになっていました。
(神道では、50日祭といいます。)
これは、仏教の法事としてある49日とは全く違う考え方です。

そして時代が移り変わると共に、それが精神的に不安定な状態の者と言う意味になり、気枯きがという言葉が当てられるようになります。

本来、神道のしきたりでは気枯きがれの状態のものが神に会うことは失礼な事であるとされ、けがれはらうためのみそぎをしなくては、神事に参加するために鳥居をくぐることは許されなかった事なのです。

こうしたことからすれば、現代のパワースポットブームはむしろ逆の意味になってしまっているのかもしれません。
なぜなら本来の意味からすれば、気枯れの人間が神に頼み事をしてパワーを頂くなどということは、神に対して失礼なことと言えるからです。

けがれはらうためのみそぎ

古くから、儀式や祭祀さいしのために神と対面する前には、神社のそばにある川や海で身体を洗うあるいは滝に打たれるといったけがれをはらうためのみそぎを行わなくてはならないとされていました。

しかし中世以降、一般庶民も日常生活の中で神社に参拝するようになり、神と対面する人々が増えたため、この考えが形式化し簡略化していったのです。
そして、簡易的なみそぎの場所として手水舎ちょうずしゃが建てられ、神と対面する前にはここに立ち寄りけがれをはらうためのみぞぎを行うというしきたりができたのです。

一般的な作法として手水舎ちょうずしゃでは、まず右手に柄杓ひしゃくを持って水をすくい左手を清め、次に柄杓ひしゃくを左手に持ち替え右手を清め、その後右手に持ち替え左手で水を受け口をすすぐ、という一連の動作を最初にすくった一杯の水で行うこととなっています。

Posted by まれびと