【古事記】(原文・読み下し文・現代語訳)上巻・序文

古事記

現在、日本最古の書物であり歴史書と言われる「古事記」
それは、奈良時代初期の和銅5年(西暦712年)に完成しました。

天武10年(西暦681年)第40代天武天皇は、側仕そばづかえの稗田阿礼ひえだのあれに「帝紀ていき(天皇の系譜と歴史)と旧辞きゅうじ(神々の物語)を正しく選定しこの国の正しい歴史書を編纂へんさんせよ」と命じます。

しかし、天武14年(西暦685年)天武天皇が崩御ほうぎょ(死亡)すると、そのめい頓挫とんざ(計画が中止)します。

その後和銅4年(西暦711年)9月18日、第43代元明げんめい天皇がこの遺志を継ぎ、稗田阿礼ひえだのあれを呼び寄せその選定した書を学者の太安万侶おおのやすまろに書き取らせるよう命じました。
そして、翌和銅5年(西暦712年)1月28、完成された「古事記」は天皇に献上されました。

古事記原文は全三巻です。

ただ、古事記の原本は現在まで見つかっておらす、現存する最古の三巻揃った完全な写本(書き写した本)は、現在の愛知県名古屋市中区大須にある大須観音(北野山真福寺しんぷくじ宝生院ほうしょういん)で見つかった、いわゆる「真福寺写本」と呼ばれるものです。
「真福寺写本」は、1371年頃(南北朝時代)真福寺の僧・賢瑜けんゆが写本したものでした。
本記事は、それをもとに読み下し・現代語を付けています。

その内容は以下のとおりです。

(※注)原文には部はありません。こちらで分けたものです。各部をクリックすればその最初へと飛びます。但し令和2年4月7日現在天降あまくだりの部までです。

上巻かみつまき
序文
要約の部
天武てんむ天皇の業績(壬申じんしんの乱)の部
編纂へんさん経緯いきさつの部
元明げんめい天皇の業績の部
記述方法の解説の部

本文
天地初發あめつちはじめておこるの部
伊邪那岐いざなぎ伊邪那美いざなみの部
建速須佐之男命たけはやすさのおのみことの部
大国主命おおくにぬしのみことの部
ゆずりの部
天降あまくだりの部
山佐知毘古やまさちひこ海佐知毘古うみさちひこの部

中巻なかつまき
神倭伊波礼毘古命かむやまといわれびこのみこと(初代神武じんむ天皇)
・2代綏靖すいぜい天皇
・3代安寧あんねい天皇
・4代懿徳いとく天皇
・5代孝昭こうしょう天皇
・6代孝安こうあん天皇
・7代孝霊こうれい天皇
・8代孝元こうげん天皇
・9代開化かいか天皇
・10代崇神すじん天皇
・11代垂仁すいにん天皇
・12代景行けいこう天皇
倭建命やまとたけるのみこと
・13代成務せいむ天皇
・14代仲哀ちゅうあい天皇
神功皇后じんぐうこうごう
・15代応神おうじん天皇

下巻しもつまき
・16代仁徳にんとく天皇
・17代履中りちゅう天皇
・18代反正はんぜい天皇
・19代允恭いんぎょう天皇
・20代安康あんこう天皇
・21代雄略ゆうりゃく天皇
・22代清寧せいねい天皇
・23代顕宗けんぞう天皇
・24代仁賢にんけん天皇
・25代武烈ぶれつ天皇
・26代継体けいたい天皇
・27代安閑あんかん天皇
・28代宣化せんか天皇
・29代欽明きんめい天皇
・30代敏達びだつ天皇
・31代用明ようめい天皇
・32代崇峻すしゅん天皇
・33代推古すいこ天皇

また文体は、対句として2組を同義語に置き換えて書かれています。
そのため、語調を整えることが最優先され、内容が時系列ではなかったり因果関係が違っていたりします。
これは、一つの文章として見た時の格調を重んじたためと見られています。

それでは、まず序文を見ていきましょう。

以下この記事では

原文

読み下し文

現代語文

の順となっています。

上巻かみつまき(序文)

古事記 : 国宝真福寺本 1

出典:古事記 : 国宝真福寺本. 上 – 国立国会図書館デジタルコレクション

要約の部

古事記上卷幷序

(ふる)(こと)(ふみ)上巻(かみつまき)(つぎて)(あわ)せむ

古き事の記録の上巻かみつまきに、そのいとぐちを合わせて書きしるします。

臣安萬侶言夫混元既凝氣象未效無名無爲誰知其形然乾坤初分參神作造化之首

(やつかれ)安萬侶(やすまろ)(まを)(そ)(まじり)(はじめ)(すで)(こ)気象(かたち)(いま)(あらは)さず名無く(わざ)も無く(たれ)(そ)の形を知らむ(しかるに)乾坤(あめつち)に初めて分かれ参神(さんしん)造化(ぞうけ)(はじめ)となし

わたくしめ安萬侶やすまろが申し上げます。
さて、混沌こんとんとした世界が固まり始めました。
まだ、自然界の大気の形は現れておらず、その名前も無く何も起こってはいませんでした。
ところが、初めて世界が天と地とに別れ、三柱みはしらの神が万物ばんぶつの創造主となりました。

Posted by まれびと