【古事記】(原文・読み下し文・現代語訳)上巻・序文

古事記

関連記事

上巻かみつまき(序文)

画像出典:国立国会図書館デジタルコレクション

要約

古事記上卷幷序

(ふる)(こと)(ふみ)上巻(かみつまき)(つぎて)(あわ)せむ

古き事の記録の上巻かみつまきに、そのいとぐちを合わせて書きしるします。

臣安萬侶言夫混元既凝氣象未效無名無爲誰知其形然乾坤初分參神作造化之首

(やつかれ)安萬侶(やすまろ)(まを)(そ)(まじり)(はじめ)(すで)(こ)気象(かたち)(いま)(あらは)さず名無く(わざ)も無く(たれ)(そ)の形を知らむ(しかるに)乾坤(あめつち)に初めて分かれ参神(さんしん)造化(ぞうけ)(はじめ)となし

わたくしめ安萬侶やすまろが申し上げます。
さて、混沌こんとんとした世界が固まり始めました。
まだ、自然界の大気の形は現れておらず、その名前も無く何も起こってはいませんでした。
ところが、初めて世界が天と地とに別れ、三柱みはしらの神が万物ばんぶつの創造主となりました。

広告

陰陽斯開二靈爲群品之祖所以出入幽顯日月彰於洗目浮沈海水神祇呈於滌身

陰陽(めを)(かく)開き二霊(ふたたま)群品(もろもろ)(おや)(な)所以(このゆえに)幽顕(よみとうつと)(いで)入り目を洗ふに(おいて)(ひるめ)(つくよみ)(あらは)海水(うしほ)に浮き(くく)りし身を(あら)ふに(おいて)(あまつかみ)(くにつかみ)(あらは)

そして男女の陰陽いんように分かれ、その2体の霊が世界のすべての祖先となりました。(伊邪那岐命いざなぎのみこと伊邪那美命いざなみのみこと)
こうしたことから、幽冥かくりよ(死者の世界・神域)から顕世うつしよ(人間の世界)に出て、目を洗ったことにより日の神(天照大神あまてらすおおみかみ)と月の神(月読つくよみ)が現れ、海に浮き沈みして身を洗ったことにより天津神あまつかみ(天の神)と国津神くにつかみ(地の神)が現れました。

故太素杳冥因本教而識孕土產嶋之時元始綿邈頼先聖而察生神立人之世

(かれ)太素(おほもと)(はる)かに(とほ)かれど(もと)(をしへ)(よ)りて(しかるに)(つち)(はら)(しま)を産まむを(この)(し)元始(おほもと)綿(はる)かに(とほ)(さき)(ひじり)(よ)りて(しかるに)神を生まみ人を立てたまいし世を(あきらか)にす

ゆえに、起源ははるか昔でしたが、伝承によって大地ができ島ができたことを知りました。

そして、いにしえの聖なる方により、神を産み人が現れたこの世が明らかになりました。

寔知懸鏡吐珠而百王相續喫劒切蛇以萬神蕃息與議安河而平天下論小濱而淸國土

(まこと)に知る鏡を(か)(たま)(は)きて(しかるに)(よよの)(おほきみ)(あひ)(つ)がみ(つるぎ)(か)(をろち)を切り(もち)(よろづ)(かみ)蕃息(はんそく)せしを安河(やすかは)(はか)りて(しかるに)天下(あめのした)(やは)さむことに(あづか)小浜(をはま)(あらそ)ひて(しかるに)国土(くに)を清む

まことに、知ったのです。

鏡を掲げたまを吐き剣を噛み、数多くの大王おおきみ(天皇)が代々相続し、剣により大蛇を切りよろずの神々が現れてきたことを。

そして、安河やすのかわ(高天原にある川または天の川を指す)の河原において会議が開かれ、葦原中国あしはらのなかつくに(日本列島)を平定へいていするために力を合わせ、小浜おばま(稲佐の浜・島根県出雲市大社町にある砂浜とされる)で話し合いを行ない国土が平定されたのです。

是以番仁岐命初降于高千嶺神倭天皇經歷于秋津嶋

是以(こをもち)番仁岐命(ほのににぎのみこと)(はじめて)高千(たかち)(みね)(おいて)(お)神倭天皇(かむやまとすめらみこと)秋津嶋(あきつしま)経歴(めぐ)るに(おいて)

その後、番能邇邇芸命ほのににぎのみことが初めて高千穂たかちほみねに降りました。

そして、神倭伊波礼毘古天皇かむやまといわれひこのすめらみこと(初代神武天皇)は秋津島(本州)を巡りました。

広告

化熊出爪天劒獲於高倉生尾遮徑大烏導於吉野列儛攘賊聞歌伏仇

(ほのかなる)(くま)爪を(いだ)天剣(あまつつるぎ)高倉に(おいて)(え)尾の(は)(みち)(ふさ)大烏(おほからす)吉野に(おいて)導く(まひ)(つらな)(あた)(はら)ひ歌を聞きて(あた)(ふ)せす

熊の化身が爪を出すも、高倉によりあまつるぎを得てそれをおさえ、生尾いくお(吉野の先住民=井氷鹿いひかまたは石押分之子いわおしわくのこ)に道をさえぎられましたが、大烏おおからす(八咫烏やたがらす)によって吉野の土地まで導かれました。
そして、盛大な饗宴きょうえん(もてなしの酒盛り)をもうけて敵を誘い、これを打ち取りました。(「神武東征じんむとうせい」の話)

Posted by まれびと