【神道って何だろう】その始まりと現代まで続いてきた祈りの信仰文化

神社に代表される神道は、日本人なら誰しも馴染みのある信仰です。

しかし、日本神話に始まるこの国の成り立ちを、理解できている人は意外に少ないかもしれません。

1700年以上に渡って続いてきたこの信仰は、時代のうねりの中でいろいろな形に変化して来ていることも、わかりにくくしている要因でしょう。

それを理解するには、やはり日本が成立するあたりまでさかのぼり、そこからたどっていくしかないのかもしれません。

そこで、ここではそういった視点から神道というものを見ていきましょう。

神道とは

それでは、そもそも神道とは何なのでしょうか?

およそ3世紀(西暦200年代)の頃、時代区分でいえば弥生時代末期から古墳時代初期の頃に大和王権(大和朝廷)が、国家としての存在を示すために祭祀さいしのしきたりを造りました。

それが、神道です。

しかしその中身はずっと古くからこの列島に住んでいる人々の、祈りという信仰の伝承(言い伝え)だったのです。

つまり、大和王権は神道という新たな宗教を立ち上げたわけではなく、列島各地の集落にあった信仰を取り上げ利用したに過ぎなかったのです。

発祥のいきさつ

神道という宗教そのものは、やまと族という民族がおこした大和王権が創ったものでした。

そのために彼らは、この列島の人々がいにしえから伝えていた、信仰の言い伝えを取りまとめて日本書紀・古事記という書物にし、その中でこの列島は私達(倭族)の祖先が創造したのであって、天皇はその子孫であるとしたのです。

それにより、天皇がこの国を統治するのは当然であるということを国の内外に示し、自分たちの権力を正当化した神道という宗教が出来上がったのです。

また、この列島に日本という名前をつけたのも、元号という特殊な年号を使いはじめたのも彼らでした。

発祥以前の信仰

それでは、大和王権以前に何万年と暮らしてきた、この列島の人々による信仰とはどんなものだったのでしょう?

それはまだ、はっきりとはわかっていません。

なぜなら、それ以前にあったかもしれない国家は、大和王権にとっては都合の悪いものでしかないために、ほぼ消されてしまっているからです。

ただ近年、研究者たちによってその跡が見つかり始めています。

仏教やキリスト教などでも、世界規模でその起源についての研究が進んでいるようですが、神道においてもいろいろなことがわかってきたのです。

例えば、各地の集落の古代文字や土器・土偶などを研究している学者たちは、その中に大和王権が編纂へんさんした古事記や日本書紀に書かれている神々の、その起源を見出しています。

これには、ヲシテ文献釣手土器などがあります。

しかし、それらはまだ仮説であり確定したものではありません。

信仰の伝承

ともかく、神道という創られた宗教にも、千年以上後の現代まで続く歴史があります。

その形は国家のための宗教でしたが、中身は人々の信仰の心です。

そしてその起源は、この列島に住む人々の日々の暮らしが安寧あんねいであれという素朴な願いでした。

そうした中から神々が産まれ、その神々に対して祈ることで信仰が生まれました。

そしてその本質は継承されながら、現代に至るまで移り変わっていったのです。

神道という入れ物

神道は、伝承の過程である時代の一部分だけ見ると、全く別の宗教にも見えてしまいます。

なぜならそれは、神道そのものは大和王権が創った入れ物でしかなく、その中身は様々な時代の人々の願い・思想・信仰・概念や渡来宗教(仏教・儒教・道教など)を飲み込んでいきながら、その時代に合わせて変化していったからなのです。

そのために、一貫していつの時代にも変わらないものがあります。

それは、人々の自然と生命への感謝の念(自然信仰祖霊崇拝それいすうはい精霊崇拝せいれいすうはい)です。

そして、それを信仰していこうという人々の意志の継続と、現代までのその人々の心の連なり(親から子供へそして孫から子孫へという継承)です。

そうした心の連なりによって、それぞれの時代の人々は神々という崇拝対象や神社という祈願や祭祀さいしの対象を様々な形で創っていったのです。

<次ページ-移り変わりゆく神道>

2019年6月18日

Posted by shinichi