【古事記】(原文・読み下し文・現代語訳)上巻・本文 その肆

古事記

ゆず

天照大御神之命以豐葦原之千秋長五百秋之水穗國者我御子正勝吾勝勝速日天忍穗耳命之所知國言因賜而天降也於是天忍穗耳命於天浮橋多多志 【此三字以音】 而詔之豐葦原之千秋長五百秋之水穗國者伊多久佐夜藝弖 【此七字以音】 有那理 【此二字以音下效此】 告而更還上請于天照大神

天照大御神(あまてらすおほみかみ)(の)(みこと)(も)豊葦原之千秋長五百秋之水穂国(とよあしはらのちあきながいほあきのみづほのくに)(は)(わ)御子(みこ)正勝吾勝勝速日天忍穂耳(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみ)(みこと)(の)知らす所の国なりと言因(ことよ)(たま)ひて(しかるに)天降(あも)らしき(なり)於是(これにおいて)天忍穂耳(あめのおしほみみ)(みこと)天浮橋(あめのうきはし)(おいて)多多志(たたし) 【(こ)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 て(しかるに)詔之(のらさく)豊葦原之千秋長五百秋之水穂国(とよあしはらのちあきながいほあきのみづほのくに)(は)伊多久佐夜芸弖(いたくさやぎた) 【(こ)七字(ななもじ)(こえ)(もち)てす】 有る那理(なり) 【(こ)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)ふ】 と(の)りて(しかるに)更に(かへ)(のぼ)天照大神(あまてらすおほみかみ)(おいて)(まを)しき

天照大御神あまてらすおおみかみみことのり(命令)を発しました。
とよあしはらあきながあきみずほのくには、私の御子みこまさかつかつかちはやあめのおしみみのみことの統治するべき国だ。」
これにより、天下りさせました。
そこで、天忍穂耳あめのおしほみみみことは、天浮橋あまつうきはしに立ちおっしゃいました。
とよあしはらあきながあきみずほのくには、ひどく騒がしい。」
そして、そのまま天に戻り、天照大御神あまてらすおおみかみに申し上げました。

爾高御產巢日神天照大御神之命以於天安河之河原神集八百萬神集而思金神令思而詔此葦原中國者我御子之所知國言依所賜之國也故以爲於此國道速振荒振國神等之多在是使何神而將言趣爾思金神及八百萬神議白之天菩比神是可遣故遣天菩比神者乃媚附大國主神至于三年不復奏

(これに)高御産巣日(たかみすび)の神と天照大御神(あまてらすおほみかみ)(の)(みこと)(も)天安河(あめのやすかは)(の)河原(かははら)(おいて)八百万(やほよろづ)の神神集(かむつどひ)(つどへ)(しかるに)思金神(おもひかねのかみ)に思はせて(しかるに)(の)らさく(こ)葦原中国(あしはらなかつくに)(は)我が御子(みこ)(の)所知(しらすところ)国と言依(ことよ)らし(たま)ひし(の)所の国(なり)(しかるに)以為(おもへ)らく(おいて)(こ)の国道は速振(はやぶ)荒振(あらぶ)る国つ神(ら)(の)(さは)(あ)(ここ)(いづ)れの神を使(し)(しかるに)(まさ)言趣(ことむ)けさせむや(これに)思金神(おもひかねのかみ)(と)八百万(やほよろづ)の神と(はか)白之(まをさく)天菩比(あめのほひ)の神(こ)(つかは)(べ)(かれ)天菩比(あめのほひ)の神を(つかは)(ば)(すなは)大国主(おほくにぬし)の神に(こ)(つ)三年(みとせ)(おいて)至り不復奏(かへりまをさざ)りき

そこで、高御産巣日たかみむすびの神と天照大御神あまてらすおおみかみみことのり(命令)を出し、天安河あめのやすかわの河原に八百万やおよろずの神を招集させ、思金神おもいかねのかみを中心に考えさせながら、おっしゃいました。

「この葦原中国あしはらなかつくには、私の御子みこが統治する国と依頼して差し上げた国です。しかるに思うにこの国を行く道には、猛々しく荒々しい国津神くにつかみ(地上の神)たちが多くいます。そこにどの神をつかわして説得に向かわせたらいいだろうか。」

そこで、思金神おもいかねのかみ八百万神やおよろずのかみは議論して申し上げました。

天菩比あめのほひの神をつかわすべきです。」

そこで、天菩比神あめのほひつかわしたところ、そのまま大国主神おおくにぬしのかみびへつらい、三年経っても報告がありませんでした。

是以高御產巢日神天照大御神亦問諸神等所遣葦原中國之天菩比神久不復奏亦使何神之吉爾思金神答白可遣天津國玉神之子天若日子故爾以天之麻迦古弓 【自麻下三字以音】 天之波波 【此二字以音】 矢賜天若日子而遣於是天若日子降到其國卽娶大國主神之女下照比賣亦慮獲其國至于八年不復奏

是以(こをもち)高御産巣日(たかみむすび)の神天照大御神(あまてらすおほみかみ)(また)諸神(もろかみ)(ら)(と)はさく葦原中国(あしはらなかつくに)(つかは)し所(の)天菩比(あめのほひ)の神久しく不復奏(かへりまをさざ)りき(また)(いづ)れの神を使(つかは)すが(これ)(よ)爾(しかる)思金神(おもひかねのかみ)答へ(まを)さく天津国玉(あまつくにたま)の神(の)天若日子(あめのわかひこ)(つかは)(べ)故爾(しかるゆえ)天之麻迦古弓(あめのまかこゆみ) 【麻(よ)(しも)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 天之波波(あめのはは) 【(こ)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 矢とを(もち)天若日子(あめのわかひこ)(たま)ひて(しかるに)(つかは)於是(これにおいて)天若日子(あめのわかひこ)(そ)の国に(を)り到り(すなは)大国主(おほくにぬし)の神(の)(むすめ)下照比売(したてるひめ)(めあは)(また)(そ)の国を(と)らむを(おもひはか)八年(やとせ)(おいて)至り不復奏(かへりまをさざ)りき

こうしたことがあって、高御産巣日神たかみむすびのかみ天照大御神あまてらすおおみかみは、再び神々に問われました。
葦原中国あしはらのなかつくにつかわした天菩比あめのほひの神は、久しく報告がありません。もう一度どの神を遣わすのがよいだろうか。」
これに思金神おもいかねのかみが答え申し上げました。
天津国玉あまつくにたまの神の子、天若日子あめのわかひこつかわすべきです。」
このゆえに、天之麻迦古弓あめのまかこゆみ天之波波矢あめのははやとを天若日子あめのわかひこに授けてつかわしました。
そして、天若日子あめのわかひこはその国に降り到りました。
ところが大国主神おおくにぬしのかみの娘である下照比売したてるひめめとり、そしてその国をろうと画策かくさくし、八年を経ても報告がありませんでした。

故爾天照大御神高御產巢日神亦問諸神等天若日子久不復奏又遣曷神以問天若日子之淹留所由於是諸神及思金神答白可遣雉名鳴女時詔之汝行問天若日子狀者汝所以使葦原中國者言趣和其國之荒振神等之者也何至于八年不復奏

故爾(しかるゆえ)天照大御神(あまてらすおほみかみ)高御産巣日(たかみむすび)の神(また)諸神(もろかみ)(ら)に問ひたまはく天若日子(あめのわかひこ)久しく不復奏(かへりまをさざ)りき又(いづれ)の神を(つか)はし(も)ちて天若日子之(あめのわかひこ)(ひさ)に留(とど)まる所(よし)を問はしむや於是(これにおいて)諸神(もろかみ)(と)思金神(おもひかねのかみ)答へ(まを)さく(きぎす)名は鳴女(なきめ)(つか)はす(べ)し時に詔之(のりたまはく)(なれ)(ゆ)きて天若日子(あめのわかひこ)に問ふべき(ありさま)(は)(いまし)(も)ちて葦原中国(あしはらなかつくに)に使はす所(は)(そ)の国(の)荒振(あらぶ)る神(ら)言趣(ことむ)(やは)すなれ(の)(は)(なり)(な)八年(やとせ)(おいて)至り不復奏(かへりごとまをさざ)りけるなり

そこで、天照大御神あまてらすおおみかみ高御産巣日神たかみむすびのかみは、再び諸神たちに問いました。
天若日子あめのわかひこながく報告がない。今度はどの神をつかわし天若日子あめのわかひこ淹留えんりゅうする理由を尋ねさせようか。」
これに神々と思金神おもひかねのかみが答え申し上げました。
きじ鳴女なきめつかわしましょう。」
そこで命じられました。
「お前が行って天若日子あめのわかひこに、このように問うてきてくれ。」
「お前を葦原中国あしはらなかつくにつかわしたのは、その国の荒ぶる神たちを説得し帰順させるためだ。どうして八年たってもなんの報告もないのか。」

故爾鳴女自天降到居天若日子之門湯津楓上而言委曲如天神之詔命爾天佐具賣 【此三字以音】 聞此鳥言而 語天若日子言此鳥者其鳴音甚惡故可射殺云進卽天若日子持天神所賜天之波士弓天之加久矢射殺其雉爾其矢自雉胸通而逆射上逮坐天安河之河原天照大御神高木神之御所是高木神者高御產巢日神之別名

故爾(しかるゆえに)鳴女(なきめ)(あめ)(よ)り降り到り天若日子(あめのわかひこ)(の)(と)湯津楓(ゆつかつら)の上に(を)りて(しかるに)(あま)つ神(の)詔命(みことのり)(ごと)委曲(つばら)を言ひき(かれ)天佐具売(あめのさぐめ) 【(こ)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 (こ)の鳥の(こと)を聞きて(しかるに)天若日子(あめのわかひこ)に語り(い)はく(こ)の鳥(は)(そ)の鳴く(こえ)(いと)(あ)しき(ゆえ)(い)殺す(べ)しと(まを)し進め(すなは)天若日子(あめのわかひこ)(あま)つ神に(たま)はりし(ところ)天之波士弓(あめのはじゆみ)天之加久矢(あめのかくや)を持ち(そ)(きぎす)(い)殺しき(それ)(そ)の矢(きぎす)の胸(よ)り通し(しかるに)(さか)しまに射上(いあ)がり天安河(あまのやすかは)(の)河原の天照大御神(あまてらすおほみかみ)高木神(たかぎのかみ)(の)御所(みところ)(とら)へられ(ま)しき(これ)高木神(たかぎのかみ)(は)高御産巣日神(たかみむすび)(の)別名(ことな)なり

それをうけたまわった鳴女なるめは、天よりくだって行き、天若日子あめのわかひこの門のところの湯津楓ゆつかつらの枝に留まり、天つ神の言われた命令をそのまま、くわしく話しました。

すると天佐具売あめのさぐめが、この鳥の言葉を聞き天若日子あめのわかひこに進言申し上げました。

「この鳥は、その鳴き音がはなはだ悪いので射殺いころしてしまいましょう。」

直ちに天若日子あめのわかひこは、天つ神にたまわった天之波士弓あめのはじゆみ天之加久矢あめのかくやを持ち、そのきじ射殺いころしました。

すると、その矢はきじの胸を突き抜け逆に射上いあがり、天安河あめのやすかわの河原の天照大御神あまてらすおおみかみ高木神たかぎのかみのいらっしゃるところに達し、つかみとられました。

ここで、高木神たかぎのかみとは高御産巣日神たかみむすびのかみの別名です。

故高木神取其矢見者血著其矢羽於是高木神告之此矢者所賜天若日子之矢卽示諸神等詔者或天若日子不誤命爲射惡神之矢之至者不中天若日子或有邪心者天若日子於此矢麻賀禮 【此三字以音】 云而取其矢自其矢穴衝返下者中天若日子寢朝床之高胸坂以死 【此還矢之本也】 亦其雉不還故於今諺曰雉之頓使是也

(かれ)高木(たかぎ)の神(そ)の矢を取らし(め)したまへ(ば)血の(そ)の矢羽(やばね)に(しる)於是(これにおいて)高木(たかぎ)の神告之(のらさく)(こ)の矢(は)天若日子(あめのわかひこ)(たま)ひし(の)(ところ)矢なり(すなは)諸神(もろがみ)(ら)に示し(の)らす(は)(ある)天若日子(あめのわかひこ)(みこと)不誤(あやまたな)(あ)しき神を(い)し之(の)矢と(な)(これ)に至ら(ば)天若日子(あめのわかひこ)不中(あたらじ)(ある)(よこしま)なる心(あ)(ば)天若日子(あめのわかひこ)(こ)の矢に(おいて)麻賀禮(まかれ) 【(こ)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 と(い)ひて(しかるに)(そ)の矢を取り(そ)の矢穴(よ)(つ)き返し(お)ろせ(ば)天若日子(あめのわかひこ)(い)ぬる(あした)の床(の)高胸坂(たかむなさか)(あた)(もち)て死しき 【(こ)還矢(かへしや)(の)(もと)(なり)】 (また)(そ)(きぎす)不還(かへらぬ)故於(しかるにおいて)(ことわざ)(いは)(きぎす)(の)頓使(ひたつかひ)(これ)(なり)

そこで高木神(たかぎのかみ)がその矢をお取りになり御覧になったところ、血がその矢羽に付いていました。
そこで、高木の神がおっしゃいました。
「この矢は天若日子あめのわかひこに与えた矢である。」
そうして、そのまま神々らに示しおっしゃいました。
「もし、天若日子あめのわかひこみことのり(命令)にそむいていなければ、悪神を射た矢だと考えられるに至るので、天若日子あめのわかひこには当たらないであろう。 そうではなく邪心じゃしんがあるなら、天若日子あめのわかひこはこの矢に当たってこの世から去れ。」
こうおっしゃりその矢を手に取り その矢穴から突き返し落としたところ、天若日子あめのわかひこは寝ていた朝の床で胸に当たって死にました。
これが、返し矢という言葉の元です。
またそのきじが帰ってこなかったことは、今に伝わる諺の「雉之頓使きぎしのひたつかい」がこれです。

故天若日子之妻下照比賣之哭聲與風響到天於是在天天若日子之父天津國玉神及其妻子聞而降來哭悲乃於其處作喪屋而河雁爲岐佐理持 【自岐下三字以音】 鷺爲掃持翠鳥爲御食人雀爲碓女雉爲哭女如此行定而日八日夜八夜遊也此時阿遲志貴高日子根神 【自阿下四字以音】 到而弔天若日子之喪時自天降到天若日子之父亦其妻皆哭云

(かれ)天若日子(あめのわかひこ)(の)(つま)下照比売(したてるひめ)(の)(な)く声風(に)(とよ)(あめ)に到りき於是(これにおいて)(あめ)(あ)天若日子(あめのわかひこ)(の)天津国玉神(あまつくにたまのかみ)(と)(そ)妻子(めこ)聞きて(しかるに)降り来たり(な)き悲しびき(すなは)其処(そこ)(おいて)喪屋(もや)を作りて(しかるに)河雁(かはかり)岐佐理持(きさりもち) 【岐(よ)(しも)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 と(し)(さぎ)掃持(ははきもち)(し)翠鳥(そにどり)御食人(みけびと)(し)(すずめ)碓女(つきめ)(し)(ききす)哭女(なきめ)(し)(こ)(ごと)く行き定めて(しかるに)日に八日夜(やかよ)八夜(やよ)遊ばしき(なり)(こ)の時阿遅志貴高日子根(あぢしきたかひこ)の神 【阿(よ)(しも)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】 到りて(しかるに)天若日子(あめのわかひこ)(の)(も)(とぶら)ひし時(あめ)(よ)り降り到りし天若日子(あめのわかひこ)(の)(また)(そ)(め)(な)きて(い)はく

こうした事があり、天若日子あめのわかひこの妻下照比売したてるひめの泣く声は、風に響き天にまで届きました。
これを天にいる天若日子あめのわかひこの父天津国玉神あまつくにたまのかみと、天若日子あめのわかひこの妻子が聞いて、降りて来て泣き悲しみました。
そこで、そこに喪屋もや(埋葬地の近くで忌籠りをするための小屋)を作り、川雁かり(水鳥)を岐佐理持きさりもち(帰更り持ち=死者への供物をささげ持って従う者)とし、さぎ掃持ははきもち(喪屋もやほうきを持つ者)とし、翠鳥かわせみ御食人みけびと(死者に供える食膳を調える者)とし、すずめ碓女つきめ(米をつく係の者)とし、きじ泣女なきめ(葬式のときに雇われて号泣する者)とし、このように順次定めて八日八晩過ごされました。
この時 阿遅志貴高日子根神あぢしきたかひこのかみのが訪れ天若日子あめのわかひことむらいした時、 天より降りて来ていた天若日子あめのわかひこの父や妻らが皆泣いて言いました。

我子者不死有祁理 【此二字以音下效此】 我君者不死坐祁理云取懸手足而哭悲也其過所以者此二柱神之容姿甚能相似故是以過也於是阿遲志貴高日子根神大怒曰我者愛友故弔來耳何吾比穢死人云而拔所御佩之十掬劒切伏其喪屋以足蹶離遣此者在美濃國藍見河之河上喪山之者也其持所切大刀名謂大量亦名謂神度劒 【度字以音】

我子(わがこ)(は)不死有(しなざり)祁理(けり) 【(こ)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)ふ】 我君(わがきみ)(は)不死(しなず)(ま)祁理(けり)(い)ひ手足を取り(か)(しかるに)(な)き悲しびき(なり)(そ)(あやま)所以(よし)(は)(こ)二柱神(ふたはしらかみ)(の)容姿(かほかたち)(いと)(よ)相似(あひに)(ゆえ)是以(これをもち)(あやま)ちき(なり)於是(これにおいて)阿遅志貴高日子根(あぢしきたかひこ)の神(おほ)きに怒り(いは)我者(われは)(うるは)し友(ゆえ)(とぶら)ひ来し(のみ)(な)ぞや(わ)(きたな)き死せる人と比ぶると(い)ひて(しかるに)御佩(みはかし)し所(の)十掬(とつか)(つるぎ)を抜き(そ)喪屋(もや)を切り伏せ足を(も)(け)(はな)(こ)(や)りし(は)美濃国(みのくに)藍見河(あいみかは)(の)河上(かはかみ)喪山(もやま)(の)(あ)(は)(なり)(そ)の切らし(ところ)大刀(おほだち)を持ち名を大量(おほはかり)(い)(また)の名神度剣(かむどのつるぎ) 【度の(もじ)(こえ)(もち)てす】 と(い)

「我が子は死んではいなかった。」「我が君は亡くなってはいなかった。」

そして、手足に取りついて泣きいとおしみました。

そのように間違ったわけは、この二柱の神の容姿が互いにとてもよく似ていたので、そのために誤ったのでした。

これに、阿遅志貴高日子根神あぢしきたかひこのかみは大いに怒り言いました。

「私は親愛な友なのでとむらいに来ただけだ。どうして私をけがれた死人と同じように見るのだ。」

そして、御佩刀みはかし十掬とつかつるぎを抜きその喪屋もやを切り倒し足で蹴飛ばしました。

そして、その喪屋もやの飛んで行った先は美濃国みののくに藍見川あいみかわの川上の喪山もやま(現在の岐阜県不破郡垂井町にある喪山古墳とされる)でした。

その切った太刀は、名を大量おおはかりと言い、別名を神度剣かむどのつるぎと言います。

故阿治志貴高日子根神者忿而飛去之時其伊呂妹高比賣命思顯其御名故歌曰阿米那流夜淤登多那婆多能宇那賀世流多麻能美須麻流美須麻流邇阿那陀麻波夜美多邇布多和多良須阿治志貴多迦比古泥能迦微曾也此歌者夷振也

(かれ)阿治志貴高日子根(あぢしきたかひこね)の神(は)忿(いか)りて(しかるに)飛び去りし(の)(そ)伊呂妹(いろど)高比売(たかひめ)(みこと)(そ)御名(みな)を思ひ(あらは)(ゆえ)歌ひて(いは)阿米那流夜(あめなるや)淤登多那婆多能(おとたなばたの)宇那賀世流(うながせる)多麻能美須麻流(たまのみすまる)美須麻流邇(みすまるに)阿那陀麻波夜(あなたまはや)美多邇(みたに)布多和多良須(ふたわたらす)阿治志貴(あぢしき)多迦比古泥能迦微曾也(たかひこねのかみぞや)(こ)の歌(は)夷振(ひなぶり)(なり)

このようにして、阿治志貴高日子根神あぢしきたかひこねのかみが怒り飛び去った時、その同腹の妹高比売たかひめみことは、その御名みなを思い示すためにこのように歌われました。

あまなるや 弟織機おとたなばたの うながせる たま御統みすまる 御統みすまるに あなたまはや 御谷みたに 二渡ふたわたらす 味耜あぢしき高彦根たかひこねの神ぞや

天においでの 織姫が 首の後ろ側におかけになっている 玉の首飾り その首飾りの 穴のあいた玉のように光っています あれは谷二つを輝かせてお渡りになる 阿遅志貴高日子根の神なのです

この歌はひなぶり(都から遠く離れて文化の至らない地の人が作るような歌)です。

於是天照大御神詔之亦遣曷神者吉爾思金神及諸神白之坐天安河河上之天石屋名伊都之尾羽張神是可遣 【伊都二字以音】 若亦非此神者其神之子建御雷之男神此應遣且其天尾羽張神者逆塞上天安河之水而塞道居故他神不得行故別遣天迦久神可問故爾使天迦久神問天尾羽張神之時答白恐之仕奉然於此道者僕子建御雷神可遣乃貢進爾天鳥船神副建御雷神而遣

於是(これにおいて)天照大御神(あまてらすおほみかみ)詔之(のらさく)(また)(いづ)れの神(つか)はせ(ば)(よ)(これ)思金(おもひかね)の神(と)諸神(もろかみ)白之(まをさく)天安河(あめのやすかは)河上(かはかみ)(の)天石屋(あめのいはや)(ま)す名は伊都之尾羽張(いつのおはばり)の神(こ)(つか)はす(べ)し 【伊都の二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 (も)(また)(こ)の神に(あらざ)(ば)(そ)の神(の)(みこ)建御雷之男(たてみかづちのを)の神(こ)(つか)(すべ)(また)(そ)天尾羽張(あめのおはばり)の神(は)天安河(あめのやすかは)(の)水を逆塞(さかせ)き上げて(しかるに)道を(せ)(を)りし(ゆえ)他神(ひとかみ)行不得(ゆきえず)(かれ)(わ)天迦久(あめのかく)の神を(つか)はし問はしむ(べ)故爾(このゆえ)天迦久(あめのかく)の神を使はし天尾羽張(あめのおはばり)の神に問はし(の)時答へ(まを)さく(かしこ)くも(こ)(つか)(まつ)らむ(しか)るに(こ)の道に(おいて)(は)(やつかれ)が子建御雷(たてみかづち)の神を(つか)はす(べ)(すなは)ち進め(たてまつ)らむ(ゆえ)天鳥船(あめのとりふね)の神建御雷(たてみかづち)の神を(そ)へて(しかるに)(つか)はしき

こうしたことから、天照大御神あまてらすおおみかみはおっしゃいました。

「今度は、どの神を派遣するのがよいか。」

それに対して、思金神おもいかねのかみや神々が申し上げました。

天安川あめのやすかわの川上の天石屋あめのいわやに居られます伊都之尾羽張神いつのおはばりのかみを派遣するのがよいでしょう。 またこの神でなければ、その神の子建御雷之男神たてみかずちのおのかみを派遣しましょう。 またこの天尾羽張神あめのおはばりのかみ(伊都之尾羽張神いつのおはばりのかみの別名)は、天安河あまのやすかわの水をき上げ逆流させて道をふさいでいて他の神では行けないので、特に天迦久神あめのかくのかみを派遣して尋ねさせましょう。」

そして天迦久神あめのかくのかみつかわし天尾羽張神あめのおはばりのかみに問うたところ、 答え申し上げました。

おそれ多くもおつかえさせていただきます。ただこの任務には私めの息子建御雷神たてみかずちのかみを遣わすのがよいと思われますので、お勧め申し上げます。」

そこで、天鳥船神あめのとりふねのかみに、建御雷神たてみかずちのかみを副使にえてつかわしました。

是以此二神降到出雲國伊那佐之小濱而 【伊那佐三字以音】 拔十掬劒逆刺立于浪穗趺坐其劒前問其大國主神言天照大御神高木神之命以問使之汝之宇志波祁流 【此五字以音】 葦原中國者我御子之所知國言依賜故汝心奈何爾答白之僕者不得白我子八重言代主神是可白然爲鳥遊取魚而往御大之前未還來

是以(こをもち)(こ)二神(ふたかみ)出雲(いづも)の国の伊那佐(いなさ)(の)小浜(をはま)に降り(た)りて(しかるに) 【伊那佐の三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 十掬(とかつ)(つるぎ)を抜き(なみ)の穗に(おいて)逆刺(さかさ)し立たし(そ)(つるぎ)の前に(あぐ)(ま)(そ)大国主(おほくにぬし)の神に問ふて言ふ天照大御神(あまてらすおほみかみ)高木(たかぎ)の神(の)(みこと)(も)問使之(とはしめ)汝之(なが)宇志波祁流(うしはける) 【(こ)五字(いつもじ)(こえ)(もち)てす】 葦原中国(あしはらなかつくに)(は)我が御子(みこ)(の)知所(しらすところ)国と言依(ことよ)(たま)ひき(かれ)(なが)心や奈何(いか)なる(それ)答へ白之(まをさく)(やつかれ)(は)白不得(まをさじ)我子(わがみこ)八重言代主(やへことしろぬし)の神(こ)(まを)(べ)(しか)して鳥と遊ばし(いを)を取らむと(し)(しかるに)御大之前(みほのさき)(ゆ)(いま)(かへ)り来たらず

これに、この二神は出雲いずもの国の伊那佐いなさ小浜おばまに降り立ち、 十掬剣とかつのつるぎを抜き、波打ち際に逆さに突き立て、その剣の前に胡坐あぐらをかいて座り、大国主神おおくにぬしにこう問いました。

天照大御神あまてらすおおみかみ高木神たかぎのかみがそのみことのりをもって問われた。『お前が勝手に治めている葦原中国あしはらのなかつくには、私の御子みこが統治する国なるぞ。』と。それでお前の考えはどうだ。」

そこで、こうお答え申し上げました。

「私めが申し上げることはできません。我が子八重言代主神やへことしろぬしのかみが申し上げるでしょう。けれども鳥と遊び魚を取ろうとして、美保の岬に行ったままで、未だに帰っておりません。」

故爾遣天鳥船神徵來八重事代主神而問賜之時語其父大神言恐之此國者立奉天神之御子卽蹈傾其船而天逆手矣於青柴垣打成而隱也 【訓柴云布斯】 故爾問其大國主神今汝子事代主神如此白訖亦有可白子乎

故爾(このゆえ)天鳥船(あめのとりふね)の神を(つか)はし八重事代主(やへことしろぬし)の神を(め)(こし)めて(しかるに)(と)(たま)ひし(の)(そ)の父大神(おほかみ)と語り(まを)さく恐之(かしこ)くも(こ)の国(は)(あま)つ神(の)御子(みこ)立奉(たてまつ)らむ(すなは)(そ)の船を踏み(かたぶ)けて(しかるに)天逆手(あまのさかて)(や)(あを)(ふし)(かき)(おいて)打ち成して(しかるに)(こも)りき(なり) 【柴を(よ)(ふ)(し)(い)ふ】 故爾(このゆえ)(そ)大国主(おほくにぬし)の神に問はさく今(なが)(みこ)事代主(ことしろぬし)の神(こ)(ごと)(まを)(を)へり(また)(まを)(べ)(みこ)(や)有る

このため、天鳥船神あめのとりふねを派遣し、八重事代主神やへことしろぬしのかみを召し出し来させ、問われたところ、その父の大神おおかみと話し合った末にこう申し上げました。

「恐れ多くも、この国は天津神あまつかみ御子みこに差し上げます。」

そう話し、その船を踏み傾けて天逆手あまのさかて(呪術の柏手かしわで)を打ち青柴垣あおふしがき(青い葉の付いた柴の垣根)を作り、そこに隠れてしまいました。

そこで、大国主神おおくにぬしのかみに問われました。

「今お前の子、事代主ことしろぬしの神はこのように申した。まだ申すべき子はあるか。」

於是亦白之亦我子有建御名方神除此者無也如此白之間其建御名方神千引石擎手末而來言誰來我國而忍忍如此物言然欲爲力競故我先欲取其御手故令取其御手者卽取成立氷亦取成劒刄故爾懼而退居爾欲取

於是(こにおいて)(また)白之(まをさく)(また)(わが)(みこ)建御名方(たてみなかた)の神有り(こ)(お)(ば)(あら)(なり)(こ)(ごと)(まを)(の)(ま)(そ)建御名方(たてみなかた)の神千引(ちびき)(いは)手末(たなすへ)(ささ)げて(しかるに)(き)(い)はく(たれ)か我が国に(こ)(しかるに)忍忍(をしをし)(こ)(ごと)物言ひ(しか)らば力競(きほ)(す)(ほ)(かれ)(わ)(ま)(そ)御手(みて)を取るを(ほ)(かれ)(そ)御手(みて)を取ら(し)(ば)(すなは)(こほり)に成り立つを取らせ(また)(つるぎ)(やいば)に成らすを取らせ故爾(このゆえ)(かしこ)みて(しかるに)退(まか)(を)(こ)

ここでまた大国主おおくにぬしは申し上げました。

「もう一人の我が子、建御名方神たてみなかたのかみがいます。この子を除けばもうおりません。」

このように申し上げて間もなく、その建御名方神たてみなかたのかみが巨大な岩を手の先にささげ持って来て言いました。

「誰が我が国に来ようとしているのか。おしおし」

そして、さらに言いました。

「それでは力比べをしようではないか。そこで私が、先ずお前の御手を取ることにしたい。」

そうして、建御名方神たてみなかたのかみ建御雷神たてみかずちのかみの手を取ろうとすると、いきなり腕が氷柱となり突き立ち、続いて剣の刃になり、つかむことができませんでした。

そうしたことから、恐れて引きました。

其建御名方神之手乞歸而取者如取若葦搤批而投離者卽逃去故追往而迫到科野國之州羽海將殺時建御名方神白恐莫殺我除此地者不行他處亦不違我父大國主神之命不違八重事代主神之言此葦原中國者隨天神御子之命獻

(そ)建御名方(たてみなかた)の神(の)(みて)を取るを(ほ)(こ)(かへ)して(しかるに)取れ(ば)若葦(わかあし)を取る(ごと)(おさ)(う)ちて(しかるに)投げ(はな)(ば)(すなは)ち逃げ去りき(かれ)追ひ(ゆ)きて(しかるに)科野(しなの)の国(の)州羽(すは)の海に迫到(せめた)(まさ)に殺せしの時建御名方(たてみなかた)の神(まを)さく(かしこ)(わ)を殺す(なか)(こ)の地を(お)(ば)他処(よそ)不行(いか)(また)我が父大国主神おほくにぬしのかみ(が)(みこと)不違(たが)へず八重事代主神(やえことしろぬしのかみ(が)(こと)不違(たがへざ)(こ)葦原中国(あしはらなかつくに)(は)天神(あまつかみ)御子(みこ)(が)(みこと)(したが)(たてまつ)らむ

今度は、その建御名方神たてみなかたのかみの手を取りたいと求め返して取れば、若葦わかあしを取るように押え打って投げ放ったので、たちまち逃げ去りました。

それを追って行き信濃の国の諏訪の湖で追いつき、まさに殺そうとした時建御名方神たてみなかたのかみが申し上げました。

おそれながら、私を殺さないでください。ここを置いて他の場所には行きません。また私の父大国主神おおくにぬしのかみの言葉と違うことをしませんし、八重事代主神やへことしろぬしのかみの言葉と違うこともしません。 この葦原中国あしはらのなかつくには、あまつ神の御子みこの言いつけに従い、献上申し上げます。」

故更且還來問其大國主神汝子等事代主神建御名方神二神者隨天神御子之命勿違白訖故汝心奈何爾答白之僕子等二神隨白僕之不違此葦原中國者隨命既獻也

(かれ)(さら)(ま)(かへ)り来たりて(そ)大国主(おほくにぬし)の神に問はさく(な)が子(ら)事代主(ことしろぬし)神建御名方(たてみなかた)の神の二神(ふたかみ)(は)天神(あまつかみ)御子(みこ)(が)(みこと)(したが)勿違(たがはず)白訖(まをしき)(かれ)(な)が心や奈何(いか)なる(こ)に答へて白之(まをさく)(やつかれ)の子(ら)二神(ふたかみ)(したが)ふと(まを)(やつかれ)(これ)不違(たがへ)(こ)葦原中国(あしはらなかつくに)(は)(みこと)(したが)(すで)(まつら)(なり)

そこで再び戻り、待機していた大国主神おおくにぬしのかみに問いました。

「お前の子ら、事代主神ことしろぬしのかみ建御名方神たてみなかたのかみの二神は天津神あまつかみ御子みこの言いつけに従い、たがえることはないと申された。それではお前の意思はどうだ。」

この問いにお答え申し上げました。

「私の子ら二神は従うと申し上げました。私はこれをたがえずこの葦原中国あしはらのなかつくに御子みこの言いつけに従い、すべてを差し上げましょう。」

唯僕住所者如天神御子之天津日繼所知之登陀流 【此三字以音下效此】 天之御巢而於底津石根宮柱布斗斯理 【此四字以音】 於高天原氷木多迦斯理 【多迦斯理四字以音】 而治賜者僕者於百不足八十坰手隱而侍亦僕子等百八十神者卽八重事代主神爲神之御尾前而仕奉者違神者非也

(ただ)(やつかれ)の住む所(は)天神(あまつかみ)御子(みこ)(の)天津日継(あまつひつぎ)(し)ろしめし(ところ)(の)(と)(だ)(る) 【(こ)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)ふ】 天之御巣(あめのみす)(し)きて(しかるに)底津石根(そこついはね)(おいて)宮柱(みやはしら)(ふ)(と)(し)(り) 【(こ)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】 高天原(たかあまはら)(おいて)氷木(ひき)(た)(か)(し)(り) 【多迦斯理(たかしり)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】 て(しかるに)(をさ)(たま)(ば)(やつかれ)(は)百不足(ももたらず)八十(やそ)(くま)(て)(おいて)(こも)りて(しかるに)(はべ)らむ(また)(やつかれ)の子(ら)百八十神(ももはしらあまりやそはしらのかみ)(は)(すなは)八重事代主(やへことしろ)の神を神(の)御尾(みを)(さき)(し)(しかるに)(つか)(まつ)らせ(ば)(たが)ふ神(は)(あら)ざり(なり)

「 ただし私の住む所は、天津神あまつかみ御子みこ天津日嗣あまつひつぎ(天照大御神の系統を継承した者)が治める世のご立派なご住いと同じぐらいに、地の底の岩に宮柱を太くし高天原たかあまはらまで千木が高く達する宮とし、統治していただければ私は国土の隅々の多くから身を引きお仕え申し上げます。 また私の子ら数多い神は、そのまま八重事代主やえことしろぬしが神々の端に加えさせお仕え申し上げさせますので、たがえる神はありません。」

如此之白而於出雲國之多藝志之小濱造天之御舍 【多藝志三字以音】 而水戸神之孫櫛八玉神爲膳夫獻天御饗之時禱白而櫛八玉神化鵜入海底咋出底之波邇 【此二字以音】 作天八十毘良迦 【此三字以音】 而鎌海布之柄作燧臼以海蓴之柄作燧杵而鑽出火云

如此之(このごと)(まを)して(しかるに)出雲(いづも)の国(の)(た)(き)(し)(の)小浜(をばま)(おいて)天之(あめの)御舍(みあらか)を造り 【多芸志(たきし)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 (しかるに)水戸神(みなとのかみ)(の)(ひこ)櫛八玉神(くしやたまのかみ)膳夫(かしはで)(し)天御饗(あめのみあひ)(まつ)りし(の)禱白(いのりまを)して(しかるに)櫛八玉神(くしやたまのかみ)(う)(な)(わた)の底に(い)り底(の)(は)(に) 【(こ)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 を(く)(い)天八十毘良迦(あめのやそびらか) 【(こ)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 を作りて(しかるに)海布(め)(の)(から)(かまか)燧臼(ひきりうす)を作り海蓴(こも)(の)(から)(も)燧杵(ひきりきね)を作りて(しかるに)火を(ひき)(い)(いのりまをさ)

このように申し上げて、出雲いずもの国の多芸志たきしの小浜にあめの御殿を設けました。

水戸神みなとのかみの孫、櫛八玉神くしやたまのかみを料理まかない人としあまの饗宴を開いて差し上げ、その時呪文を唱え、櫛八玉神くしやたまのかみに変わり海底に入り、底の埴土はにつちを食って吐き出し多数のあま平瓮ひらか(食器)を作り、海藻の柄を鎌で刈り火鑚臼ひきりうす(きりもみして摩擦で火を得るための板)を作り、アオサの柄を用いて火鑚杵ひきりきね(火をおこすための尖った棒)を作って火をひきり出し、祝詞のりとを唱えました。

是我所燧火者於高天原者神產巢日御祖命之登陀流天之新巢之凝烟 【訓凝姻云州須】 之八拳垂摩弖燒擧 【麻弖二字以音】 地下者於底津石根燒凝

(こ)(わ)(ひきり)せむ所の火(は)高天原(たかあまはら)(おいて)(は)神産巣日御祖命(かみむすびみおやのみこと)(の)登陀流(とだる)(あま)(の)(にひ)(す)(の)凝烟(すす) 【凝姻を(よ)州須(すす)(い)ふ】 (の)八拳(やつか)(し)づる摩弖(まで)焼き(あ)げ 【麻弖(まて)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 (つち)の下(は)底津(そこつ)石根(いはね)(おいて)焼き(こ)

「この我がひきりする火は、高天原たかあまはらには神産巣日御祖命かみむすびみおやのみことの立派なあまの新宮殿のすすの長く垂れるまで焼き挙げ、地下は地の底の大岩まで焼き凝らせましょう。」

而繩之千尋繩打延爲釣海人之口大之尾翼鱸 【訓鱸云須受岐】 佐和佐和邇 【此五字以音】 控依騰而打竹之登遠遠登遠遠邇 【此七字以音】 獻天之眞魚咋也故建御雷神返參上復奏言向和平葦原中國之狀

(しかるに)栲縄(たくなは)(の)千尋(ちひろ)の縄を打ち(は)海人(あま)に釣り(な)さし(の)口大(くちおほ)(の)(を)翼跳(はね)(すずき) 【鱸を(よ)須受岐(すずき)(い)ふ】 (さ)(わ)(さ)(わ)(に) 【(こ)五字(いつもじ)(こえ)(もち)てす】 (ひ)(よ)(あ)げて(しかるに)打ちし竹(の)(と)(を)(を)(と)(を)(を)(に) 【(こ)七字(ななもじ)(こえ)(もち)てす】 (あめ)(の)真魚(まな)(あ)(くら)ひき(なり)(かれ)建御雷(たてみかづち)の神(かへ)参上(まいりのぼ)葦原中国(あしはらなかつくに)言向(ことむ)和平(やは)しし(の)(かたち)復奏(かへりごとまを)しき

そうして長い縄をはわせ、漁夫に釣らせた口の大きな魚の尾が跳ね、そのすずきをざわざわと引き寄せ釣り上げ、投げ入れた竹の釣竿はたわみ、そしてあま真魚まなを祭壇にお供えし食したのでした。

このようにして、建御雷神たてみかづちは戻り天に昇り葦原中国あしはらのなかつくにとの交渉をまとめ上げ、平定するまでの経過を報告しました。

Posted by まれびと