【古事記】(原文・読み下し文・現代語訳)上巻・本文 その弐

古事記

建速須佐之男命たけはやすさのおのみことの部

出典:古事記 : 国宝真福寺本. 上 – 国立国会図書館デジタルコレクション

故於是速須佐之男命言然者請天照大御神將罷乃參上天時山川悉動國土皆震爾天照大御神聞驚而詔我那勢命之上來由者必不善心欲奪我國耳

(かれ)於是(ここにおいて)速須佐之男(はやすさのを)(みこと)(い)はく然者(しかくあれば)天照大御神(あまてらすおほみかみ)(まさ)(かへ)らむと(こ)ひに(すなは)(あま)参上(まいのぼ)らむ時に山川(ことごと)(とよ)みて国土(くにつち)(ふる)ひき(ここに)天照大御神(あまてらすおほみかみ)聞こして驚きたまひて(しかるに)(のたま)ひしく我が那勢(なせ)(みこと)(これ)(のぼ)り来る(よし)(は)必ず不善(よからぬ)心にて(わ)が国を奪はむとおもほす耳(のみ)

これにより、速須佐之男はやすさのおみことが言いました。

「それなら、天照大御神あまてらすおおみかみに今すぐ戻りたいと申し上げるために、天に参上しよう。」

この言葉に、山川はことごとくどよめいて国の土はみな震えました。

天照大御神あまてらすおおみかみは、これを聞き驚き言いました。

「わが弟が上って来る理由は、間違いなく善い心ではなくただ私の国を奪いたいのみである。」

卽解御髮纒御美豆羅而乃於左右御美豆羅亦於御亦於左右御手各纒持八尺勾璁之五百津之美須麻流之珠而 【自美至流四字以音下效此】 曾毘良邇者負千入之靫 【訓入云能理下效此自曾至邇以音】 附五百入之靫

(すなは)御髮(みかみ)を解き御美豆羅(みみづら)(まと)(しかるに)(すなは)左右(ひだりみぎ)御美豆羅(みみづら)(に)(また)(みかづら)(に)(また)左右(ひだりみぎ)御手(みて)(に)(おのもおのも)八尺(やさか)勾璁(まがたま)(の)五百津(いほつ)(の)(み)(す)(ま)(る)(の)(たま)(まと)ひ持ちて(しかるに) 【美(よ)り流(ま)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)ふ】 (そ)(び)(ら)(に)(は)(ち)(のり)(の)(ゆき)(お)ひて 【入を(よ)(の)(り)と云ふ(しも)(こ)(なら)ふ曽(よ)り邇(ま)(こえ)(もち)てす】 五百入(いほのり)(の)(ゆき)(つ)けたまひき

そして、直ちに髮を解き美豆羅みずら(男性の髪型)に結び直しました。

そして髪の左右に髪に左右の手に、それぞれたくさんの勾玉を貫いた珠の緒を巻きつけて、 背後には千本入りのゆき(矢筒)を背負い、さらに五百本入りのゆき(矢筒)を付けました。

亦所取佩伊都 【此二字以音】 之竹鞆而弓腹振立而堅庭者於向股蹈那豆美 【三字以音】 如沫雪蹶散而伊都【二字以音】之男建 【訓建云多祁夫】 蹈建而待問何故上來爾速須佐之男命答白

(また)(い)(つ) 【(こ)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 (の)竹鞆(たかとも)(ところ)取り(は)かしたまひて(しかるに)弓腹(ゆはら)振り立て(しかるに)堅庭(かたには)(は)向股(むかもも)(に)踏み(な)(づ)(み) 【三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 (あは)(ゆき)(ごと)蹶散(くえはららかし)(しかるに)(い)(つ) 【二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 (の)男建(をたけぶ) 【建を(よ)(た)(け)(ぶ)と云ふ】 (ふ)(たけび)(しかるに)(ま)何故(なにゆえ)(のぼ)(きた)るかと問ひ(ここに)速須佐之男(はやすさのを)(みこと)答へて(まを)さく

また矢を取り、御稜威みいつ竹鞆たかとも(左手の装具)を装着し、弓を振り立て、堅い庭を足で踏んだところ太腿まで足を取られるも、沫雪あわゆきのように蹴散らし雄叫びを上げられました。
そして、足を踏みつけ待ちかまえ「どうして昇って来た。」と問いました。
速須佐之男命はやすさのおのみことは、答えて申し上げました。

僕者無邪心唯大御神之命以問賜僕之哭伊佐知流之事故白都良久 【三字以音】 僕欲往妣國以哭爾大御神詔汝者不可在此國而神夜良比夜良比賜故以爲請將罷往之狀參上耳無異心

(やつかれ)(は)(よこしま)なる心無し(ただ)大御神(おほみかみ)(の)(みこと)の問ひ(たま)ひしを(も)ちて(やつかれ)(の)(な)伊佐知流(いさちり)(の)(こと)(ゆえ)(まを)さく (つ)(ら)(く) 【三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 (やつかれ)(はは)の国に(ゆ)かむと(ほ)りて(も)ちて(な)くのみ(ここに)大御神(おほみかみ)(のたま)はく(いまし)(は)(こ)の国に(あ)不可(じ)(しかるに)神夜良比夜良比(かむやらひにやらひ)(たま)ひき(かれ)以為(おも)へらく(まさ)(かへ)(ゆ)かむとする(の)(かたち)(つ)げむ参上(まいのぼ)りし(のみ)(け)なる心無し

「私めによこしまな心はありません。ただ伊邪那岐大御神いざなぎのおおみかみが私へのめいを問いただされたので、私めが泣きじゃくり、『辛くてたまらないので、亡き母の国に行きたいのです。』と申し上げたのです。すると大御神おおみかみに『お前はこの国に、決していてはならない。』と追い払われてしまいました。そこで姉上に、戻りたい思いを申し上げるためにお目にかかりたいと考え参りました。異心はございません。」

爾天照大御神詔然者汝心之淸明何以知於是速須佐之男命答白各宇氣比而生子 【自宇以下三字以音下效此】

(ここに)天照大御神(あまてらすおほみかみ)(のたま)はく然者(しかくあれば)(いまし)が心(の)清く(あか)きなるは何を(も)ちて知るや於是(ここにおいて)速須佐之男(はやすさのお)(みこと)答へて(まを)さく(おのおの)(う)(け)(ひ)(おいて)子を(な)さむ 【宇(よ)以下(しもつかた)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)ふ】

天照大御神あまてらすおおみかみは言いました。

「それなら、お前の心が清明であることを、どうやったら知ることができるのか。」

これに速須佐之男命はやすさのおのみことが答えて申し上げました。

「それぞれうけいを受け、子を産みましょう。」

うけいを受ける=先に神に結果を誓っておき、その通りのしるしの成否で神意をうかがう占いの事

故爾各中置天安河而宇氣布時天照大御神先乞度建速須佐之男命所佩十拳劒打折三段而奴那登母母由良邇 【此八字以音下效此】 振滌天之眞名井而佐賀美邇迦美而 【自佐下六字以音下效此】 於吹棄氣吹之狹霧所

(かれ)(ここに)(おのもおのも)天安河(あめのやすのかは)を中に置きて(しかるに)宇気布(うけふ)天照大御神(あまてらすおほみかみ)(ま)建速須佐之男命(たけはやすさのをのみこと)(ところ)(みはかし)十拳剣(とかつのつるぎ)(わた)しまつりたまへと(こ)ひたまひて三段(みつをり)(う)(を)りて(しかるに)(ぬ)(な)(と)(も)(も)(ゆ)(ら)(に) 【(こ)八字(やもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)ふ】 天之真名井(あめのまない)に振り(すす)ぎて(しかるに)(さ)(が)(み)(に)(か)(み)(しかるに) 【佐(よ)(しも)六字(むもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)ふ】 吹き(う)つる気吹(いぶき)(の)狭霧(さぎり)(おいて)成りまさしし(ところ)

これがゆえに、それぞれが天安河あまのやすかわはさんで向かい合い、うけいを受けようとしました。

まず、天照大御神あまてらすおほみかみが、建速須佐之男命たけはやすさのをのみことの腰に下げた十拳剣とつかのつるぎ(十束剣)を渡すように言いました。

それを三つに折り、その触れ合う音を鳴らしながらあめ真名井まない(けがれなき水)で振るようにすすいで、噛み砕いて吹き出したところ霧のような息吹の中に神が現れました。

Posted by まれびと