【古事記】(原文・読み下し文・現代語訳)上巻・本文 その弐

古事記

亦問汝哭由者何答白言我之女者自本在八稚女是高志之八俣遠呂智 【此三字以音】 毎年來喫今其可來時故泣爾問其形如何答白彼目如赤加賀智而身一有八頭八尾亦其身生蘿及檜榲其長度谿八谷峽八尾而見其腹者悉常血爛也 【此謂赤加賀知者今酸醤者也】

(また)(な)(な)(よし)(は)何かと問ひ答へ(まを)すに言はく我之(あがの)(め)(は)自本(もとより)八つの稚女(わかめ)(あ)りき(これ)高志(こし)(の)八俣(やまた)(を)(ろ)(ち) 【(こ)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 毎年(としのは)に来て(く)らふ今(そ)来可(くべ)かる時(ゆえ)に泣けり(かれ)(そ)の形如何(いか)にと問ひ答へ(まを)さく(か)の目は赤加賀智(かがち)(ごと)にて(しかるに)身一つに八つの(かしら)八つの尾有り(また)(そ)の身に(こけ)(と)(ひ)(すぎ)(お)(そ)の長かるは谿(たに)八谷(やつだに)(かひ)は八つの尾に(わた)りて(しかるに)(そ)の腹を見れ(ば)(ことごと)く常に血(ただ)(なり)(こ)の赤加賀知を(い)(は)今の酸醤(かがち)(は)(なり)

また「あなた方の泣いている理由はなんですか。」と問われました。
それに答え申し上げるには、
「私には、もともと八人の女の子がおりました。 その娘たちは、高志こしに住む八俣遠呂智やまたおろち(八俣やまた大蛇おろち)が毎年来て、一人ずつ食われてしまったのです。そして、今年また来るであろう時となったので泣いていたのです。」

また、「それでは、それはどんな形をしているのですか。」と問われたので答えて申し上げました。
「その目は加賀智(ホオズキの古名)のようで、体一つに八つの頭と八つの尾がございます。 またその身につたひのきすぎが生え、その長さは八つの谷八つの尾根に渡り、 その腹を見ればどこも常に腫れて血がにじんでいるのでございます。」

広告

爾速須佐之男命詔其老夫是汝之女者奉於吾哉答白恐不覺御名爾答詔吾者天照大御神之伊呂勢者也 【自伊下三字以音】 故今自天降坐也爾足名椎手名椎神白然坐者恐立奉爾速須佐之男命乃於湯津爪櫛取成其童女而刺御美豆良告其足名椎手名椎神汝等釀八鹽折之酒亦作廻垣於其垣作八門毎門結八佐受岐 【此三字以音】 毎其佐受岐置酒船而毎船盛其八鹽折酒而待

 

(かれ)速須佐之男(はやすさのを)(みこと)(そ)老夫(をきな)(の)らさく(こ)(なれ)(の)(め)(ば)(あれ)(おいて)(たてまつ)らむ(や)答へて(まを)さく(おそ)りながら御名(みな)不覚(おぼ)えず(さて)答へ(の)らさく(あれ)(は)天照大御神(あまてらすおほみかみ)(の)伊呂勢(いろせ)(は)(なり) 【伊(よ)(しも)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 (かれ)(あま)(よ)降坐(おりま)せり(なり)(さて)足名椎(あしなつち)手名椎(てなつち)の神(まを)さく(しか)(ま)(ば)(おそ)立奉たてまつ(さて)速須佐之男(はやすさのを)(みこと)(すなは)湯津爪櫛(ゆつつまぐし)(おいて)(そ)童女(わらはめ)を取り成して(しかるに)(おん)美豆良(みづら)に刺しき(そ)足名椎(あしなつち)手名椎(てなつち)の神に(の)らさく汝等(いましら)八鹽折(やしほをり)(の)酒を(かも)(また)(まは)(かき)を作り(そ)(かき)(おいて)八門(やかど)を作り門毎(かどごと)(や)(さ)(ず)(き) 【(こ)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 を(ゆ)(そ)佐受岐毎(さずきごと)酒船(さかふね)を置きて(しかるに)船毎(ふねごと)(そ)八鹽折(やしほをり)の酒を盛りて(しかるに)待て

そこで、速須佐之男はやすさのおみことが、その老夫におっしゃられました。
「あなたの娘を、私にいただけますか。」

答えて申しました。
「恐れながら、お名前を存じ上げません。」

そこで答えておっしゃられました。
「私は天照大御神あまてらすおおみかみ伊呂勢いろせ(母を同じくする弟)です。そして、天から降りてまいりました。」

そこで、足名椎あしなつち手名椎てなつちが申し上げました。
「そういうことでしたら、恐れながら差し上げさせていただきます。」

さて速須佐之男命はやすさのをは、たちまちその娘の姿を湯津爪櫛ゆつつまぐしに変え、みづら(結った髪)の間に刺しこまれました。

そして、足名椎あしなつち手名椎てなつちの神に告げられました。
「あなたたちは八鹽折やしおおりの酒(八入折やしおおりの酒=何度も繰り返し醸造した酒)をかもし、 また周囲にかきねを張りめぐらしてそのかきねに八つの門を作り、門ごとに八つの桟敷さじき(載せ台)を結びつけその桟敷さじきごとに酒船さかふね(酒を入れておく大きな木製の器)を置き、 船ごとにその八鹽折やしおおりの酒を盛って待ちなさい。」

故隨告而如此設備待之時其八俣遠呂智信如言來乃毎船垂入己頭飮其酒於是飮醉留伏寢爾速須佐之男命拔其所御佩之十拳劒切散其蛇者肥河變血而流故切其中尾時御刀之刄毀爾思怪以御刀之前刺割而見者在都牟刈之大刀故取此大刀思異物而白上於天照大御神也是者草那藝之大刀也 【那藝二字以音】

(かれ)(の)りに(したが)ひて(しかるに)(こ)(まう)くる(そな)への(ごと)待ちし(の)(そ)八俣遠呂智(やまたをろち)言ふの(ごと)(まか)せ来たり(すなは)船毎(ふねごと)(おのおの)の頭を(た)れ入れ(そ)の酒を飲みき(これ)(おいて)飲み(え)(とど)まり伏し(いね)(さて)速須佐之男(はやすさのを)(みこと)(そ)(ところ)御佩(みはかし)(の)十拳(とつか)(つるぎ)を抜き(そ)(をろち)を切り散らせ(ば)(ひ)(かは)は血に変へて(しかるに)流れき(かれ)(そ)の中の尾を切りし時御刀(みかたな)(の)(やひば)(こほ)ちき(ここ)(あや)しと思ほし御刀(みかたな)(もち)(こ)(さき)を刺し割りて(しかるに)見れ(ば)都牟刈(つむかり)(の)大刀(おほたち)(あ)りき(かれ)(こ)大刀(おほたち)を取り(け)しき物と思ほして(しかるに)天照大御神(あまてらすおほみかみ)(おいて)(まを)(あ)(なり)(こ)(は)草那芸(くさなぎ)(の)大刀(おほたち)(なり) 【那芸の二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】

そこで、言われました通りその備えを設けて待っておりました時、八俣遠呂智やまたおろち(八岐大蛇やまたのおろち)がお言葉通りやって来ました。

すぐに、船ごとにおのおの頭を垂れ入れその酒を飲み、そして飲んで醉い動きを止め、突っ伏して寝てしまいました。

そこで速須佐之男はやすさのおみことは、そのびられた(腰にまとっていた)十拳とつかつるぎを抜き、 その大蛇おろちを切り散らしたところ、の川は血に変わって流れました。

そしてそのうちの尾を切った時、御刀の刃がこぼれました。
これは怪しいと思われ、御刀によってこの前を刺し割って見たところ、都牟刈つむかり太刀たちがありました。

そこでこの太刀を取ったところ、不思議な物と思われ天照大御神あまてらすおおみかみつつしんで上げられました。

これが草那芸くさなぎ太刀たち(天叢雲剣あまのむらくものつるぎ草薙剣くさなぎのつるぎ)です。

故是以其速須佐之男命宮可造作之地求出雲國爾到坐須賀 【此二字以音下效此】 地而詔之吾來此地我御心須賀須賀斯而其地作宮坐故其地者於今云須賀也茲大神初作須賀宮之時自其地雲立騰爾作御歌其歌曰夜久毛多都伊豆毛夜幣賀岐都麻碁微爾夜幣賀岐都久流曾能夜幣賀岐袁

(かれ)是以(これにもち)(そ)速須佐之男(はやすさのを)(みこと)(みや)可造作(つくるべき)(の)地を出雲(いづも)の国に求めき(すなは)須賀(すが) 【(こ)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)れに(なら)ふ】 に(いた)(まし)(しかるに)(の)らさく(これ)(あれ)(こ)の地に(こ)りて(あ)御心(みこころ)須賀須賀斯(すがすがし)(しかるに)(そ)の地に(みや)を作り(ま)(ゆえ)(そ)の地(は)今に(おいて)須賀(すが)(い)(なり)(ここ)大神(おほみかみ)初めて須賀(すが)(みや)を作りし(の)(そ)の地(よ)り雲立ち(のぼ)(すなわ)御歌(みうた)を作りき(そ)の歌(いは)夜久毛多都(やくもたつ)伊豆毛夜幣賀岐(いづもやへがき)都麻碁微爾つまごみに夜幣賀岐都久流(やへがきつくる)曾能夜幣賀岐袁(そのやへがきを)

こうした事があったあと、須佐之男の命が宮を造ろうと出雲の地に来られました。
そして、須賀すがまで来られおおせになりました。
私の心は清々すがすがしい。

こうしてここに宮を作ることとなったために、この地は須賀すがと呼ぶようになりました。
そして、その宮が完成した時、その地より雲が立ちのぼっておりました。
そこで歌を作られました。その歌がこれです。

八雲やくも立つ 出雲八重垣いずもやえがき 妻籠つまごみに 八重垣やえがき作る その八重垣やえがき

於是喚其足名椎神告言汝者任我宮之首且負名號稻田宮主須賀之八耳神故其櫛名田比賣以久美度邇起而所生神名謂八嶋士奴美神 【自士下三字以音下效此】 又娶大山津見神之女名神大市比賣生子大年神次宇迦之御魂神 【二柱宇迦二字以音】 兄八嶋士奴美神娶大山津見神之女名木花知流 【此二字以音】 比賣生子布波能母遲久奴須奴神

於是(ここにおいて)(そ)足名椎(あしなづち)の神を(め)(の)りて言はく(なれ)(ば)(あ)(みや)(の)(おびと)(ま)(か)つ名を(おほ)稲田宮主(いなだのみやぬし)須賀之八耳神(すがのやつみみのかみ)(なづ)けむ(かれ)(そ)櫛名田比売(くしなだひめ)(もち)久美度邇(くみどに)(おこ)して(しかるに)生みし(ところ)神の名は八嶋士奴美神やしまじぬみのかみ 【士(よ)り下三字(みもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)ふ】 と(い)ふ又大山津見神(おほやまつみのかみ)(の)(むすめ)名は神大市比売(かむおほいちひめ)(めあは)せて(みこ)大年神(おほとしのかみ)次に宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ) 【二柱(ふたはしら)】 【宇迦の二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 を生みき兄の八嶋士奴美神やしまじぬみのかみ大山津見神おおやまつみのかみ(の)(むすめ)名は木花知流このはなちる 【(こ)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 比売(ひめ)(めあは)せて子布波能母遅久奴須奴神(ふはのもぢくぬすぬのかみ)を生みき

そうしてここに、その足名椎あしなづちの神をお招きされ、こう命じられました。
「あなたを、私の宮の宮司ぐうじに任じましょう。そして名を稲田宮主須賀之八耳神いなだのみやぬしすがのやつみみのかみとしましょう。」

さて、その櫛名田比売くしなだひめと寝所で交わり、生んだ神の名は八嶋士奴美神やしまじぬみのかみといいます。

又、大山津見神おおやまつみのかみの娘、名は神大市比売かむおおいちひめめとり、子大年神おおとしのかみ次に宇迦之御魂神うかのみたまのかみを産みました。

兄の八嶋士奴美神やしまじぬみのかみは、大山津見神おおやまつみのかみの娘、名は木花知流比売このはなのちるひめめとり、子布波能母遅久奴須奴神ふはのもぢくぬすぬのかみを産みました。

此神娶淤迦美神之女名日河比賣生子深淵之水夜禮花神 【夜禮二字以音】 此神娶天之都度閇知泥/上/神 【自都下五字以音】 生子淤美豆奴神 【此神名以音】 此神娶布怒豆怒神 【此神名以音】 之女名布帝耳/上/神 【布帝二字以音】 生子天之冬衣神此神娶刺國大/上/神之女名刺國若比賣生子大國主神亦名謂大穴牟遲神 【牟遲二字以音】 亦名謂葦原色許男神 【色許二字以音】 亦名謂八千矛神亦名謂宇都志國玉神 【宇都志三字以音】 幷有五名

(こ)の神淤迦美神(おかみのかみ)(の)(むすめ)名は日河比売(ひかわひめ)(めあは)せ子深淵之水夜礼花神(ふかふちのみづやれはなのかみ) 【夜礼二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 を生みき(こ)の神天之都度閉知泥(あめのつどへちね)/上声/の神 【都(よ)(しも)五字(いつもじ)(こえ)(もち)てす】 を(めあは)せて子淤美豆奴(おみづぬ)の神 【(こ)神名(かむな)(こえ)(もち)てす】 を生みき此の神布怒豆怒(ふのづの)の神 【(こ)神名(かむな)(こえ)(もち)てす 】(の)(むすめ)名は布帝耳(ふてみみ)/上声/の神 【布帝の二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 を(めあは)せて子天之冬衣あめのふゆきぬの神を生みき(こ)神刺国大(さしくにおほ)/上声/の神(の)(むすめ)名は刺国若比売(さしくにわかひめ)(めあは)せて子大国主神(おほくにぬしのかみ)を生み(また)の名は大穴牟遅(おほなむぢ)神 【牟遅の二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 と(い)ひて(また)の名は葦原色許男(あしはらしこを)の神 【色許の二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 と(い)ひて(また)の名は八千矛(やちほこ)の神と(い)ひて(また)の名は宇都志国玉(うつしくにたま)の神 【宇都志の三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 と(い)ひて(あは)せて五名(いつな)有り。

この神は、淤迦美神おかみのかみの娘、名は日河比売ひかわひめめとり、子深淵之水夜礼花神ふかふちのみずやれはなのかみを産みました。

この神は、天之都度閉知泥神あめのつどへちねのかみめとり、子淤美豆奴神おみづぬのかみを産みました。

この神は、布怒豆怒神ふぬづぬのかみの娘、名は布帝耳神ふてみみのかみめとり、子天之冬衣神あめのふゆきぬのかみを産みました。

この神は、刺国大神さしくにおおのかみの娘、名は刺国若比売さしくにわかひめめとり、子大国主神おおくにぬしのかみを産み、またの名を大穴牟遅神おおなむぢのかみといい、またの名を葦原色許男神あしはらしこをのかみといい、またの名を八千矛神やちほこのかみといい、またの名を宇都志国玉神うつしくにたまのかみといい、合わせて五つの名が有ります。

広告

Posted by まれびと