【古事記】(原文・読み下し文・現代語訳)上巻・本文 その参

古事記

大国主命おおくにぬしのみことの部

故此大國主神之兄弟八十神坐然皆國者避於大國主神所以避者其八十神各有欲婚稻羽之八上比賣之心共行稻羽時於大穴牟遲神負帒爲從者率往於是到氣多之前時裸菟伏也

(かれ)(こ)大国主神(おほくにぬしのかみ)(の)兄弟(あにおと)八十神(やそかみ)(いま)(しか)るに(みな)の国(は)大国主神(おほくにぬしのかみ)(おいて)(やら)ひき(やら)ひし所以(ゆえ)(は)八十神(やそかみ)(おのおの)稲羽(いなば)(の)八上比売(やがみひめ)(よば)はむと(ねが)ひし(の)心有り共に稲羽(いなば)(ゆ)かむとせし時、大穴牟遅神(おほなむちのかみ)(おいて)袋を(お)ほし従者(つかひひと)(ため)率往(ひきい)(ゆ)きき於是(ここにおいて)気多(けた)(の)(さき)に到りし時(あかはだか)(うさぎ)(ふ)しき(なり)

さて、この大国主神おおくにぬしのかみには、兄弟関係にある神が八十やそ(無数の数ほど)いらっしゃいました。

ですが、彼らはその治める地域から大国主神おおくにぬしのかみを追い出しました。

追い出した訳は、その八十神やそかみには皆稲羽いなばの国(因幡いなばの国)の八上姫やがみひめと一緒になりたい思いがあり、共に稲羽に行く時大穴牟遅神おおあなむちのかみとして皆の袋を背負わせ従者(おともの者)として連れて行くためでした。

そして、気多けた(かつてあった稲羽国いなばのくに気多郡けたのこおり)の前(浜辺)に到着した時、皮がなく赤裸のうさぎが倒れておりました。

出典:古事記 : 国宝真福寺本. 上 – 国立国会図書館デジタルコレクション

爾八十神謂其菟云汝將爲者浴此海鹽當風吹而伏高山尾上故其菟從八十神之教而伏爾其鹽隨乾其身皮悉風見吹拆故痛苦泣伏者最後之來大穴牟遲神見其菟言何由汝泣伏菟答言僕在淤岐嶋雖欲度此地無度因故欺海和邇 【此二字以音下效此】 言

(ここに)八十神(やそかみ)(そ)(うさぎ)(い)ひしく(いまし)(まさ)(せ)むとすること(は)(こ)の海の(しほ)を浴び、風の吹くに当たりて(しかるに)高き山の(を)の上に伏せと云ひき(かれ)(そ)(うさぎ)八十神(やそかみ)(の)(のり)(まにま)(しかるに)伏して(ここに)(そ)の鹽(か)るる(まにま)(そ)の身の皮(ことごと)風に吹かれ(み)(さ)けし(ゆえ)に痛く苦しく泣き伏せ(ば)最後(いやはて)(これ)(こ)大穴牟遅神(おおあなむぢのかみ)(そ)(うさぎ)を見て言ひしく何由(いかなるゆえ)(いまし)は泣き伏すや(うさぎ)答へて言ひしく(やつかれ)淤岐(おき)(しま)(あ)(いへども)(こ)の地に(わた)らむと(おも)へど(わた)り無く因故(かによりて)海の(わ)(に) 【(こ)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)ふ】 を(あざむ)きて言はく

そこで八十神やそかみは、そのうさぎに言いました。
「お前が今しなくてはいけないことは、この海の塩水を浴び風が吹くに当たり、高い山の尾根の上で横になることだ。」
そう言われたので、うさぎは横たわっていました。
すると、そのままその塩が乾くに従い全身の皮膚が風に吹かれ裂けてしまいました。
こうしたことから、痛く苦しく泣いて横たわっていました。

最後になってやって来た大穴牟遅神おおあなむちのかみは、そのうさぎを見て言いました。
「どうしたわけで、お前は泣き伏せっているのか?」

うさぎは答えて言いました。
「私めは淤岐島おきのしまにおりましたが、 この地に渡りたかったのですが渡るすべがありませんでした。そこで海の和邇わに(さめの古名・出雲地方の方言)をだまそうと、このように言ったのです。

吾與汝競欲計族之多小故汝者隨其族在悉率來自此嶋至于氣多前皆列伏度爾吾蹈其上走乍讀度於是知與吾族孰多如此言者見欺而列伏之時吾蹈其上讀度來今將下地時吾云汝者我見欺言竟卽伏最端和邇捕我悉剥我衣服因此泣患者先行八十神之命以誨告浴海鹽當風伏故爲如教者我身悉傷

(あれ)(いまし)(と)(きほ)ひて(うがら)(の)(おほ)かるか(すくな)かるか(はか)るを(ほ)(かれ)(なれ)(は)(そ)(うがら)(あ)るを(したが)(ことごと)(ひき)い来て(こ)(しま)(よ)気多(けた)の前(において)(ま)(おのおの)(つら)ね伏せ(わた)(ここに)(あれ)(そ)の上を踏み走り(つつ)読み(わた)於是(ここにおいて)(あ)(うがら)(と)(いづれ)(おほ)かるかを知らむとすと此如(このごとく)言へ(ば)(あざむ)かえ見て(しかるに)(つら)ねて伏しし(の)(あれ)(そ)の上を踏み読み(わた)り来たり今(まさ)(つち)(お)りむとせし時(あれ)(い)はく(いまし)(は)(あれ)(あざむ)かえ見ぬと言ひ(を)へて即ち伏しし(もと)(はし)和邇(わに)(あれ)(とら)(あ)衣服(きぬ)(ことごと)(は)ぎき(こ)(よ)りて泣き(わづら)(ば)先に(ゆ)きし八十神之命(やそかみのみこと)(をし)(の)りしことを(もち)いて海の(しを)を浴び風に当たり伏しき(かれ)(のり)(ごと)(す)(ば)(あ)が身(ことごと)(やぶ)れき

「私はあなたと一族の数が多いが少ないかをきそいたい。そこであなたはその一族をいるだけ従えすべてひきいて、この島から気多の浜辺までそれぞれを連ね伏せさせて渡してくれませんか。 そこで私はその上を踏み走りながら数えつつ渡り、こうやって私の一族とどちらが多いかを調べませんか。」

このように言ったところだまされて並び伏せましたので、私はその上を踏み数え渡ってきました。

そして、まさに地面に下りようとした時私は言いました。

「あなたたちは、だまされた事も知らずに並び伏せたのです。」

言い終えるかいなや、 伏せていた一番端のワニが私を捕え、ことごとく私の衣服(毛皮)をいでしまいました。

それにより泣き苦しんでいたところ、先に来た八十神やそかみみことが教えていただくには、 『海の塩水を浴び風に当たって伏していれば良い。』

こうして教わった通りにしたところ、私の全身はひどく傷ついてしまったのです。

於是大穴牟遲神教告其菟今急往此水門以水洗汝身卽取其水門之蒲黃敷散而輾轉其上者汝身如本膚必差故爲如教其身如本也此稲羽之素菟者也於今者謂菟神也故其菟白大穴牟遲神 此八十神者必不得八上比賣雖負帒汝命獲之

於是(ここにおいて)大穴牟遅神(おおあなむぢのかみ)(そ)(うさぎ)(をし)(の)たまふ今急ぎ(こ)水門(みと)(ゆ)き水を(もち)(な)が身を洗へ(すなは)(そ)水門(みと)(の)蒲黄(かまのはな)を取り敷き散らして(しかるに)(そ)の上を(めぐ)(まろ)(ば)(な)が身は(もと)(ごと)きに(はだ)必ず(い)(かれ)(をし)へが(ごと)(す)れば(そ)の身は(もと)(ごと)(なり)(こ)稲羽(いなば)(の)素菟(しろうさぎ)(は)(なり)今に(おいて)(は)(うさぎ)の神と(い)(なり)(かれ)(そ)(うさぎ)大穴牟遅神(おおあなむぢのかみ)(まを)さく(こ)八十神(やそかみ)(は)必ず八上比売(やがみひめ)不得(えじ)袋を(お)ほせと(いへども)(な)(みこと)(これ)(う)べし

そこで大穴牟遅神おおあなむちのかみは、そのうさぎに教え言いました。

「今すぐ急いでこの河口に行き、真水でお前の全身を洗いなさい。 そして、その河口近くの蒲黄ほおう(がまの花粉)を取り、敷き散らしてその上を転がれば、お前の体は元通りに必ず皮膚はえるであろう。」

そこで、教えられた通りにしたところ、その身は元通りになりました。

これが稲羽いなば(因幡いなば=鳥取県東部)の素菟しろうさぎ(白兎しろうさぎ)というものであり、今ではうさぎの神と伝わります。

さて、そのうさぎ大穴牟遅神おおあなむちのかみにこう申し上げました。

「あの八十神やそかみは絶対に八上比売やがみひめを得ることはできません。袋を背負っていたとしてもあなた様が姫を獲得できます。」

於是八上比賣答八十神言吾者不聞汝等之言將嫁大穴牟遲神故爾八十神怒欲殺大穴牟遲神共議而至伯伎國之手間山本云赤猪在此山故和禮 【此二字以音】 共追下者汝待取若不待取者必將殺汝云而以火燒似猪大石而轉落爾追下取時卽於其石所燒著而死

於是(ここにおいて)八上比売(やがみひめ)八十神(やそがみ)に答へて言ひしく(あれ)(は)汝等(いましら)(の)(こと)不聞(きか)(まさ)大穴牟遅(おほあなむち)の神に(あ)はむ故爾(ここに)八十神(やそがみ)怒りて大穴牟遅(おほあなむち)の神を殺さむと(おも)ひて共に(はか)りて(しかるに)伯伎(ほうき)の国(の)手間山(てまやま)(もと)に至りて云はく赤き(い)(こ)の山に(あ)(ゆえ)(わ)(れ) 【(こ)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 (ども)が追ひ(お)とさ(ば)(なれ)待ちて取れ(も)し待ちて取ら(ざ)(ば)必ず(まさ)(いまし)を殺さむと云ひて(しかるに)火を(もち)て焼き(おほ)(いは)(い)(に)せて(しかるに)(まろ)ばし落としき(ここ)に追ひ(お)り取りし時(すなは)(そ)(いは)(おいて)焼かるる(ところ)(いちしり)くして(しかるに)死にせり

このようなわけで、八上比売やがみひめ八十神やそかみに答えて言いました。

「私はあなたたちの言うことは聞きません。大穴牟遅おおあなむちの神と結婚します。」

これに八十神たちは怒りました。

そこで、大穴牟遅おおあなむちの神を殺そうと皆で相談しました。

そして、伯耆ほうきの国(鳥取県西部)の手間山てまやま(手間要害山てまようがいざん)のふもとに連れて来て言いました。

「赤いいのししがこの山にいる。我々が追い落としたら、お前が待ちかまえて捕えよ。もし待ちかまえて捕えなければ、必ずお前を殺す。」

このように言って、大きな岩を火で焼きいのししに似せて転げ落としました。

それを追い降りて行って取ったところ、すぐにその岩にひどく焼かれ死にました。

Posted by まれびと