【古事記】(原文・読み下し文・現代語訳)上巻・本文 その参

古事記

大国主命おおくにぬしのみこと

故此大國主神之兄弟八十神坐然皆國者避於大國主神所以避者其八十神各有欲婚稻羽之八上比賣之心共行稻羽時於大穴牟遲神負帒爲從者率往於是到氣多之前時裸菟伏也

(かれ)(こ)大国主神(おほくにぬしのかみ)(の)兄弟(あにおと)八十神(やそかみ)(いま)(しか)るに(みな)の国(は)大国主神(おほくにぬしのかみ)(おいて)(やら)ひき(やら)ひし所以(ゆえ)(は)八十神(やそかみ)(おのおの)稲羽(いなば)(の)八上比売(やがみひめ)(よば)はむと(ねが)ひし(の)心有り共に稲羽(いなば)(ゆ)かむとせし時、大穴牟遅神(おほなむちのかみ)(おいて)袋を(お)ほし従者(つかひひと)(ため)率往(ひきい)(ゆ)きき於是(ここにおいて)気多(けた)(の)(さき)に到りし時(あかはだか)(うさぎ)(ふ)しき(なり)

さて、この大国主神おおくにぬしのかみには、兄弟関係にある神が八十やそ(無数の数ほど)いらっしゃいました。

ですが、彼らはその治める地域から大国主神おおくにぬしのかみを追い出しました。

追い出した訳は、その八十神やそかみには皆稲羽いなばの国(因幡いなばの国)の八上姫やがみひめと一緒になりたい思いがあり、共に稲羽に行く時大穴牟遅神おおあなむちのかみとして皆の袋を背負わせ従者(おともの者)として連れて行くためでした。

そして、気多けた(かつてあった稲羽国いなばのくに気多郡けたのこおり)の前(浜辺)に到着した時、皮がなく赤裸のうさぎが倒れておりました。

出典:古事記 : 国宝真福寺本. 上 – 国立国会図書館デジタルコレクション

爾八十神謂其菟云汝將爲者浴此海鹽當風吹而伏高山尾上故其菟從八十神之教而伏爾其鹽隨乾其身皮悉風見吹拆故痛苦泣伏者最後之來大穴牟遲神見其菟言何由汝泣伏菟答言僕在淤岐嶋雖欲度此地無度因故欺海和邇 【此二字以音下效此】 言

(ここに)八十神(やそかみ)(そ)(うさぎ)(い)ひしく(いまし)(まさ)(せ)むとすること(は)(こ)の海の(しほ)を浴び、風の吹くに当たりて(しかるに)高き山の(を)の上に伏せと云ひき(かれ)(そ)(うさぎ)八十神(やそかみ)(の)(のり)(まにま)(しかるに)伏して(ここに)(そ)の鹽(か)るる(まにま)(そ)の身の皮(ことごと)風に吹かれ(み)(さ)けし(ゆえ)に痛く苦しく泣き伏せ(ば)最後(いやはて)(これ)(こ)大穴牟遅神(おおあなむぢのかみ)(そ)(うさぎ)を見て言ひしく何由(いかなるゆえ)(いまし)は泣き伏すや(うさぎ)答へて言ひしく(やつかれ)淤岐(おき)(しま)(あ)(いへども)(こ)の地に(わた)らむと(おも)へど(わた)り無く因故(かによりて)海の(わ)(に) 【(こ)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)ふ】 を(あざむ)きて言はく

そこで八十神やそかみは、そのうさぎに言いました。
「お前が今しなくてはいけないことは、この海の塩水を浴び風が吹くに当たり、高い山の尾根の上で横になることだ。」
そう言われたので、うさぎは横たわっていました。
すると、そのままその塩が乾くに従い全身の皮膚が風に吹かれ裂けてしまいました。
こうしたことから、痛く苦しく泣いて横たわっていました。

最後になってやって来た大穴牟遅神おおあなむちのかみは、そのうさぎを見て言いました。
「どうしたわけで、お前は泣き伏せっているのか?」

うさぎは答えて言いました。
「私めは淤岐島おきのしまにおりましたが、 この地に渡りたかったのですが渡るすべがありませんでした。そこで海の和邇わに(さめの古名・出雲地方の方言)をだまそうと、このように言ったのです。

吾與汝競欲計族之多小故汝者隨其族在悉率來自此嶋至于氣多前皆列伏度爾吾蹈其上走乍讀度於是知與吾族孰多如此言者見欺而列伏之時吾蹈其上讀度來今將下地時吾云汝者我見欺言竟卽伏最端和邇捕我悉剥我衣服因此泣患者先行八十神之命以誨告浴海鹽當風伏故爲如教者我身悉傷

(あれ)(いまし)(と)(きほ)ひて(うがら)(の)(おほ)かるか(すくな)かるか(はか)るを(ほ)(かれ)(なれ)(は)(そ)(うがら)(あ)るを(したが)(ことごと)(ひき)い来て(こ)(しま)(よ)気多(けた)の前(において)(ま)(おのおの)(つら)ね伏せ(わた)(ここに)(あれ)(そ)の上を踏み走り(つつ)読み(わた)於是(ここにおいて)(あ)(うがら)(と)(いづれ)(おほ)かるかを知らむとすと此如(このごとく)言へ(ば)(あざむ)かえ見て(しかるに)(つら)ねて伏しし(の)(あれ)(そ)の上を踏み読み(わた)り来たり今(まさ)(つち)(お)りむとせし時(あれ)(い)はく(いまし)(は)(あれ)(あざむ)かえ見ぬと言ひ(を)へて即ち伏しし(もと)(はし)和邇(わに)(あれ)(とら)(あ)衣服(きぬ)(ことごと)(は)ぎき(こ)(よ)りて泣き(わづら)(ば)先に(ゆ)きし八十神之命(やそかみのみこと)(をし)(の)りしことを(もち)いて海の(しを)を浴び風に当たり伏しき(かれ)(のり)(ごと)(す)(ば)(あ)が身(ことごと)(やぶ)れき

「私はあなたと一族の数が多いが少ないかをきそいたい。そこであなたはその一族をいるだけ従えすべてひきいて、この島から気多の浜辺までそれぞれを連ね伏せさせて渡してくれませんか。 そこで私はその上を踏み走りながら数えつつ渡り、こうやって私の一族とどちらが多いかを調べませんか。」

このように言ったところだまされて並び伏せましたので、私はその上を踏み数え渡ってきました。

そして、まさに地面に下りようとした時私は言いました。

「あなたたちは、だまされた事も知らずに並び伏せたのです。」

言い終えるかいなや、 伏せていた一番端のワニが私を捕え、ことごとく私の衣服(毛皮)をいでしまいました。

それにより泣き苦しんでいたところ、先に来た八十神やそかみみことが教えていただくには、 『海の塩水を浴び風に当たって伏していれば良い。』

こうして教わった通りにしたところ、私の全身はひどく傷ついてしまったのです。

於是大穴牟遲神教告其菟今急往此水門以水洗汝身卽取其水門之蒲黃敷散而輾轉其上者汝身如本膚必差故爲如教其身如本也此稲羽之素菟者也於今者謂菟神也故其菟白大穴牟遲神 此八十神者必不得八上比賣雖負帒汝命獲之

於是(ここにおいて)大穴牟遅神(おおあなむぢのかみ)(そ)(うさぎ)(をし)(の)たまふ今急ぎ(こ)水門(みと)(ゆ)き水を(もち)(な)が身を洗へ(すなは)(そ)水門(みと)(の)蒲黄(かまのはな)を取り敷き散らして(しかるに)(そ)の上を(めぐ)(まろ)(ば)(な)が身は(もと)(ごと)きに(はだ)必ず(い)(かれ)(をし)へが(ごと)(す)れば(そ)の身は(もと)(ごと)(なり)(こ)稲羽(いなば)(の)素菟(しろうさぎ)(は)(なり)今に(おいて)(は)(うさぎ)の神と(い)(なり)(かれ)(そ)(うさぎ)大穴牟遅神(おおあなむぢのかみ)(まを)さく(こ)八十神(やそかみ)(は)必ず八上比売(やがみひめ)不得(えじ)袋を(お)ほせと(いへども)(な)(みこと)(これ)(う)べし

そこで大穴牟遅神おおあなむちのかみは、そのうさぎに教え言いました。

「今すぐ急いでこの河口に行き、真水でお前の全身を洗いなさい。 そして、その河口近くの蒲黄ほおう(がまの花粉)を取り、敷き散らしてその上を転がれば、お前の体は元通りに必ず皮膚はえるであろう。」

そこで、教えられた通りにしたところ、その身は元通りになりました。

これが稲羽いなば(因幡いなば=鳥取県東部)の素菟しろうさぎ(白兎しろうさぎ)というものであり、今ではうさぎの神と伝わります。

さて、そのうさぎ大穴牟遅神おおあなむちのかみにこう申し上げました。

「あの八十神やそかみは絶対に八上比売やがみひめを得ることはできません。袋を背負っていたとしてもあなた様が姫を獲得できます。」

於是八上比賣答八十神言吾者不聞汝等之言將嫁大穴牟遲神故爾八十神怒欲殺大穴牟遲神共議而至伯伎國之手間山本云赤猪在此山故和禮 【此二字以音】 共追下者汝待取若不待取者必將殺汝云而以火燒似猪大石而轉落爾追下取時卽於其石所燒著而死

於是(ここにおいて)八上比売(やがみひめ)八十神(やそがみ)に答へて言ひしく(あれ)(は)汝等(いましら)(の)(こと)不聞(きか)(まさ)大穴牟遅(おほあなむち)の神に(あ)はむ故爾(ここに)八十神(やそがみ)怒りて大穴牟遅(おほあなむち)の神を殺さむと(おも)ひて共に(はか)りて(しかるに)伯伎(ほうき)の国(の)手間山(てまやま)(もと)に至りて云はく赤き(い)(こ)の山に(あ)(ゆえ)(わ)(れ) 【(こ)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 (ども)が追ひ(お)とさ(ば)(なれ)待ちて取れ(も)し待ちて取ら(ざ)(ば)必ず(まさ)(いまし)を殺さむと云ひて(しかるに)火を(もち)て焼き(おほ)(いは)(い)(に)せて(しかるに)(まろ)ばし落としき(ここ)に追ひ(お)り取りし時(すなは)(そ)(いは)(おいて)焼かるる(ところ)(いちしり)くして(しかるに)死にせり

このようなわけで、八上比売やがみひめ八十神やそかみに答えて言いました。

「私はあなたたちの言うことは聞きません。大穴牟遅おおあなむちの神と結婚します。」

これに八十神たちは怒りました。

そこで、大穴牟遅おおあなむちの神を殺そうと皆で相談しました。

そして、伯耆ほうきの国(鳥取県西部)の手間山てまやま(手間要害山てまようがいざん)のふもとに連れて来て言いました。

「赤いいのししがこの山にいる。我々が追い落としたら、お前が待ちかまえて捕えよ。もし待ちかまえて捕えなければ、必ずお前を殺す。」

このように言って、大きな岩を火で焼きいのししに似せて転げ落としました。

それを追い降りて行って取ったところ、すぐにその岩にひどく焼かれ死にました。

爾其御祖命哭患而參上于天請神產巢日之命時乃遣貝比賣與蛤貝比賣令作活爾貝比賣岐佐宜 【此三字以音】 集而蛤貝比賣持承而塗母乳汁者成麗壯夫 【訓壯夫云袁等古】 而出遊行

(ここ)(そ)御祖命(みおやのみこと)(な)(わづら)ひて(しかるに)(あめ)(おいて)参上(まひのぼ)神産巣日之命(かむむすびのみこと)(こ)ひし時(すなは)貝比売(きさぎひめ)(と)蛤貝比売(うむぎひめ)とを(つか)はし(い)(な)(し)めて(すなは)貝比売(きさがひひめ)(き)(さ)(げ) 【(こ)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 集めて(しかるに)蛤貝比売(うみがひひめ)持ち(う)けて(しかるに)母の乳汁(ちしる)を塗りしか(ば)(うるは)壮夫(をとこ) 【壮夫を(よみ)(を)(と)(こ)(い)ふ】 と(な)りて(しかるに)(い)(あそば)(ゆ)きき

そのため、その御母おんははみこと(刺国若比売さしくにわかひめ)は泣き悲しみ、 天に参上し神産巣日之命かむむすびのみことにお願いしたところ、すぐに貝比売きさぎひめ蛤貝比売うむぎひめつかわし 生き返らせるよう命じました。

そして、貝比売きさぎひめがきさ貝(赤貝)のからを砕き集め、蛤貝比売うむぎひめがうむ貝(はまぐり)の絞り汁を受けて作った母乳のような汁を塗ったところ、うるわしい男性となって現れ行きました。

於是八十神見且欺率入山而切伏大樹茹矢打立其木令入其中卽打離其氷目矢而拷殺也爾亦其御祖命哭乍求者得見卽拆其木而取出活告其子言汝有此間者遂爲八十神所滅乃違遣於木國之大屋毘古神之御所爾八十神覓追臻而矢刺之時自木俣漏逃而云可參向須佐能男命所坐之根堅州國必其大神議也

於是(これにおいて)八十神(やそかみ)(み)(また)(あざむ)き山に(あども)ひ入れて(しかるに)(おほ)(き)を切り伏せ矢を(ひ)めて(そ)の木を打ち立て(そ)の中に(い)(し)めて(すなは)(そ)氷目矢(ひめや)を打ち離ちて(しかるに)(たた)き殺しき(なり)爾(ここ)に(また)(そ)御祖命(みおやのみこと)(な)(つつ)求むれ(ば)(え)(み)(すなは)(そ)の木を(さ)きて(しかるに)取り(いで)(いけ)(そ)の子に(の)たまひしく(いまし)(こ)の間に(あ)(ば)(つひ)八十神(やそかみ)(け)たるる(ところ)(な)らむ(すなは)(たが)へ木の国(の)大屋毘古神(おほやびこのかみ)(の)御所(みところ)(おいて)(や)りき(ここに)八十神(やそかみ)(ま)ぎて追ひ(いた)りて(しかるに)矢刺(やざ)しし(の)時木の(また)(よ)(く)きて逃げて(しかるに)(い)はく須佐能男命(すさのをのみこと)(いま)せし(の)(ところ)根堅州国(ねのかたすくに)参り向かひ必ず(そ)大神(おほかみ)(はか)(べ)(なり)

八十神やそかみはそれを見て、もう一度だまして声をかけて山に誘いました。

そして、大樹を切り倒し数本を束ね縛って起こし、め矢(支柱)をあてがい斜めに立て、その下に行くように誘いました。

そして、その秘め矢(支柱)を外して丸太の束によって圧殺しました。

再び御母みははみことは泣きながら行方を捜し発見しました。

すぐにその木を裂き取り出して生き返らせ、その子にこのように言いました。

「お前はこのままでは、最後に八十神やそかみに完全に消されてしまいます。」

そこで逃げさせるために、木の国(紀伊国きいのくに=現在の和歌山県・三重県)の大屋毘古神おおやびこのかみの所に行かせました。

それでも、八十神やそかみは行方を探し求め追って行き、矢を向けた時木の股を潜り抜けて逃げました。

そこで、御母おんははみことは言いました。

須佐能男命すさのをのみことが行かれた根堅州国ねのかたすくにに向かい参り、 必ず大神おおかみに相談しなさい。」

故隨詔命而參到須佐之男命之御所者其女須勢理毘賣出見爲目合而相婚還入白其父言甚麗神來爾其大神出見而告此者謂之葦原色許男卽喚入而令寢其蛇室於是其妻須勢理毘賣命以蛇禮 【二字以音】 授其夫云其蛇將咋以此比禮三擧打撥故如教者蛇自靜故平寢出

(かれ)詔命(おほせこと)(まにま)にして(しかるに)須佐之男命(すさのをのみこと)(の)御所(みところ)参到(まいた)(ば)(そ)(むすめ)須勢理毘売(すせりびめ)(いで)見て目合(まぐはひ)(し)(しかるに)(あひ)(よば)還入(かへ)りき(そ)の父に(まを)し言はく(いと)(うるは)し神来たり(ここに)(こ)大神(おほかみ)出見(いみ)(しかるに)(こ)の者に(の)らまはく(これ)葦原色許男(あしはらしこを)なりと(い)(すなは)(よ)び入れて(しかるに)(そ)(へみ)(や)(い)(し)めき於是(ここにおいて)(そ)の妻須勢理毘売命(すせりびめのみこと)(へみ)(ひ)(れ) 【二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 を(もち)(そ)(つま)(さづ)けて(い)はく(そ)(へみ)(まさ)(か)まむとせば(こ)比礼(ひれ)(もち)(み)たび(ふ)き打ちて(をさ)めよ(かれ)(のり)(ごと)くすれ(ば)(へみ)(おのずから)(しづ)みき(かれ)(たひら)(いね)(こ)(いで)

そして言いつけに従い、須佐之男命すさのをのみことの御所にうかがったところ、 その娘の須勢理毘売すせりびめが出てきて、一目でお互いを気に入り結婚し、家に戻りその父に申して言いました。
「大変素敵な神が来ました。」
それを聞き大神おおかみは出てきて、見るなりこう言いました。
「お前は、葦原色許男あしはらしこお(葦原醜男あしはらしこお=全国一醜い男の意味)である。」
そしてすぐに招き入れて、御所の蛇部屋で寝させようとしました。
そのためその妻の須勢理毘売命すせりびめのみことは、蛇比禮へみひれ(大蛇おろちのヒレ=十種神宝とくさのかんだからのうちのひとつ)を夫に授けて言いました。
「蛇があなたを噛もうとしたら、このひれを三度振り降ろして鎮めなさい。」
そこで教えられた通りにすると、蛇はおのずと静まりました。
その結果安らかに眠り、この部屋をでました。

亦來日夜者入吳公與蜂室且授吳公蜂之比禮教如先故平出之亦鳴鏑射入大野之中令採其矢故入其野時卽以火廻燒其野於是不知所出之間鼠來云內者富良富良 【此四字以音】 外者須夫須夫 【此四字以音】 如此言故蹈其處者落隱入之間火者燒過爾其鼠咋持其鳴鏑出來而奉也其矢羽者其鼠子等皆喫也

(また)(ひる)(よる)の来たれ(ば)吳公(むかて)(と)(はち)との(むろ)に入りき(また)吳公蜂(むかてはち)(の)比礼(ひれ)(さづ)(さき)(ごと)(をし)へて(かれ)(たひら)ぎて(こ)(いで)(また)鳴鏑(なりかぶら)大野(おほの)(い)(い)れし(の)中に(そ)の矢を(と)(し)(かれ)(そ)の野に入りし時(すなは)ち火を(もち)(そ)の野を(もとほ)して焼きき於是(ここにおいて)(い)づる所を不知(しらざ)りし(の)(ま)(ねすみ)の来てひしく(うち)(は)富良富良(ほらほら) 【(こ)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】 (そと)(は)須夫須夫(すぶすぶ) 【(こ)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】 如此(かく)言ひし(ゆえ)(そ)(ところ)を踏め(ば)落ち隠り入りし(の)(ほ)(は)焼き過ぎぬ(ここ)(そ)(ねすみ)(そ)鳴鏑(なりかぶら)(くは)へ持ち(い)で来て(しかるに)(たてまつ)りき(なり)(そ)矢羽(やばね)(は)(そ)(ねずみ)の子(ら)に皆(くら)はえぬ(なり)

翌日また夜が来て、ムカデと蜂の部屋に入れられました。

また、吳公蜂之比禮むかではちのひれ(蜂比禮はちのひれ十種神宝とくさのかんだからのうちのひとつ)を授けられ、前と同じように教えられ無事にここを出ました。

また 鳴鏑なりかぶら(矢先の後ろに音を発するやじりを付けた矢)を広い野原にって入れ、その中に矢を取りに行かされました。

そしてその広い野原に入ると、火をその野の周囲に放ち燃やしました。

そのため、出口を見付けられずにいるとねずみが来て言いました。

「内は富良富良ほらほら、外は須夫須夫すぶすぶ。」

このように言いましたのでその場所を踏んだところ、下に落ち隠れている間に、火は燃え過ぎていきました。

すると、そのねずみが例の鳴鏑なりかぶらをくわえ持って出てきて、渡してくれました。

その矢羽の部分は、そのねずみの子ども達に全部食べられしまっていました。

於是其妻須世理毘賣者持喪具而哭來其父大神者思已死訖出立其野爾持其矢以奉之時率入家而喚入八田間大室而令取其頭之虱故爾見其頭者吳公多在於是其妻取牟久木實與赤土授其夫故咋破其木實含赤土唾出者其大神以爲咋破吳公唾出而於心思愛而寢

於是(ここにおいて)(そ)の妻須世理毘売(すせりびめ)(は)喪具(ものそなへ)を持ちて(しかるに)(な)きつつ来たり(そ)の父大神(おほかみ)(は)(すで)に死せりと思ほし(つひ)(そ)の野に(いで)て立たしき(ここに)(そ)の矢を持ちて(もち)(たてまつ)りし(の)(いへ)(あども)ひ入れて(しかるに)八田間(やたま)大室(おほむろ)(よ)び入れて(しかるに)(そ)の頭(の)(しらみ)を取ら(し)めたまひき故爾(それゆえ)(そ)の頭を見れ(ば)呉公(むかて)(さは)(あ)りき於是(ここにおいて)(そ)(つま)牟久(むく)の木の実(と)赤土を取り(そ)(つま)(さづ)けき(かれ)(そ)の木の実を(か)み破り赤土を(ふふ)みて(つは)(いづ)(ば)(そ)大神(おほかみ)呉公(むかて)(か)み破りて(つは)(いづ)ると以為(おも)ほして(しかるに)心に(おいて)(は)しく思ほして(しかるに)(いね)にけり

こうしたことから、その妻須世理毘売すせりびめの備え(葬式の準備)を持ち、泣きながらやって来ました。
そこでその父の大神おおかみは、すでに死んだかと思いとうとうその野に出て、立っておられました。
ところが、取りに生かされた矢を手に入れ持ってきたので家に招き入れ今度は、大きな厚く塗り固められた壁の部屋に呼び入れ、その頭のしらみを取るよう命じました。
そこでその頭を見たところ、ムカデがたくさんいました。
そのため、その妻はむくの木の実と赤土を取り、その夫に与えました。
そして、その木の実を噛み破り赤土を口に含みつばとともに出しました。
大神おおかみは、ムカデをみ破りつばとともに出したと思い、心からいとおしく思われ、眠りに入られました。

爾握其神之髮其室毎椽結著而五百引石取塞其室戸負其妻須世理毘賣卽取持其大神之生大刀與生弓矢及其天詔琴而逃出之時其天詔琴拂樹而地動鳴故其所寢大神聞驚而引仆其室然解結椽髮之間遠逃故爾追至黃泉比良坂遙望呼謂大穴牟遲神曰

(ここに)(そ)の神(の)髪を握り(そ)(や)(たるき)(ごと)結著(ゆひつけ)(しかるに)五百引石(いほびきのいは)にて(そ)室戸(やど)を取り(さ)(そ)の妻須世理毘売(すせりびめ)(を)(すなは)(そ)大神(おほかみ)(の)(いく)大刀(たち)(と)(いく)弓矢と(また)(そ)天詔琴(あめののりごと)を取り持ちて(しかるに)逃げ(いで)(の)(そ)天詔琴(あめののりごと)(き)を払ひて(しかるに)(つち)(とよ)み鳴りし(ゆえ)(そ)(ところ)(いね)たる大神(おほかみ)聞き驚きて(しかるに)(そ)(や)を引き(たふ)しき(しか)るに(たるき)(むす)はれし髮を(と)きし(の)(ま)遠く逃げき故爾(しかるゆえ)追ひ黄泉比良坂(よもつひらさか)に至り(はる)けく望み大穴牟遅神(おほむちのかみ)に呼び(の)りて(いは)

そこで、その神の髪をつかみその部屋の垂木(棟から軒に渡して、屋根を支える長い木材)ごとに結びつけ、五百引いおびきの岩(大きな岩)によってその入口の戸を塞ぎ、 妻須世理毘売すせりびめを背負い、すぐにその大神おおかみの大刀と弓矢そして天詔琴を持って逃げ出した時、その天詔琴あめののりごとが樹の枝を払い大地が大音響を立てたので、 寝ていた大神はそれを聞いて驚き、部屋を引き倒しました。

ところが、垂木に結はれた髮を解いている間に、遠くまで逃げてしまいました。

それを追いかけ、黄泉比良坂よもつひらさかまで来たところではるかに望み、大穴牟遅神おほむちのかみに叫び、こう告げました。

其汝所持之生大刀生弓矢以而汝庶兄弟者追伏坂之御尾亦追撥河之瀬而意禮 【二字以音】 爲大國主神亦爲宇都志國玉神而其我之女須世理毘賣爲嫡妻而於宇迦能山 【三字以音】 之山本於底津石根宮柱布刀斯理 【此四字以音】 於高天原氷椽多迦斯理 【此四字以音】 而居是奴也故持其大刀弓追避其八十神之時毎坂御尾追伏毎河瀬追撥始作國也

(そ)(な)が持ちし(の)(ところ)(いく)大刀(たち)(いく)弓矢とを(もち)(しかるに)(な)(まま)兄弟(あにおと)(は)(の)御尾(みを)に追ひ伏せ(また)(かは)(の)瀬に追ひ(をさ)めて(しかるに)意礼(おれ) 【二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 大国主(おほくにぬし)の神と(な)(また)宇都志国玉(うつしくにたま)の神と(な)りて(しかるに)(そ)(わ)(の)(むすめ)須世理毘売(すせりびめ)嫡妻(こなみ)(し)(しかるに)宇迦能(うかの)山 【三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 (の)山本に(おいて)底津石根(そこついはね)(おいて)宮柱(みやばしら)(ふ)(と)(し)(り) 【(こ)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】 高天原(たかあまはら)(おいて)氷椽(ひき)(た)(か)(し)(り) 【(こ)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】 て(しかるに)(を)是奴也(これやつなり)(かれ)(そ)大刀(たち)弓を持ち(そ)八十神(やそかみ)を追ひ(やら)ひし(の)時坂の御尾(みを)(ごと)に追ひ伏せ(かは)の瀬(ごと)に追ひ(をさ)め始めて国を作りき(なり)

「お前は、持ち出した大刀と弓矢でお前の庶兄弟ままあにおとを坂の峰に追い詰めて倒しまた川の瀬に追い詰めて屈しさせ、大国主の神となり宇都志国玉うつしくにたまの神となり私の娘須世理毘売すせりびめを正妻とし、宇迦能うかの山の山本(現在の鳥取県西伯郡さいはくぐん南部町やまと)の地の底の岩に巨大な宮柱を立て、高天原たかあまのはらに届く千木が立つ宮に居れ。それがの国だ。」

このようにして、大刀と弓を持って八十神やそかみを追い立て坂の峰ごとに追い詰めて倒し河の瀬ごとに追い詰めて屈しさせ、ようやく国を作ったのでした。

故其八上比賣者如先期美刀阿多波志都 【此七字以音】 故其八上比賣者雖率來畏其嫡妻須世理毘賣而其所生子者刺挾木俣而返故名其子云木俣神 亦名謂御井神也此八千矛神將婚高志國之沼河比賣幸行之時到其沼河比賣之家歌曰

(かれ)(か)八上比売(やがみひめ)(は)先に(ご)しし(ごと)(み)(と)(あ)(た)(は)(し)(つ) 【(こ)七字(ななもじ)(こえ)(もち)てす】 (かれ)(そ)八上比売(やがみひめ)(は)(い)て来たれ(ども)(そ)嫡妻(こなみ)須世理毘売(すせりびめ)(かしこ)みて(しかるに)(そ)の生まれし(ところ)(は)木俣(このまた)に刺し(はさ)みて(しかるに)(かへ)りし(ゆえ)(そ)の子に名づけ木俣(このまた)の神と(い)(また)の名は御井(みい)の神と(い)(なり)(こ)八千矛(やちほこ)の神(まさ)高志(こし)の国(の)沼河比売(ぬなかはひめ)(よば)はむとして幸行(みゆき)したまひし(の)(そ)沼河比売(ぬなかはひめ)(の)(いへ)に到りて(みうたよみたま)ひて(いは)

さて、例の八上比売やがみひめとは、以前に結婚したと述べた通り夫婦の交わりを持っていました。

そこで、八上比売やがみひめは子を連れて来たのですが、正妻の須世理毘売すせりびめに遠慮し生まれた子を木の又にはさんで帰ったので、その子は木俣このまたの神と名付けられまたの名を御井みいの神といいます。

この八千矛やちほこの神(大国主命おおくにぬしのみことの別名)は、こしの国(高志の国=現在の福井県敦賀市から山形県庄内地方の一部)の沼河比売ぬなかわひめと結婚しようとして出かけ、その沼河比売ぬなかわひめの家に到着して、このように歌いました。

夜知富許能迦微能美許登波夜斯麻久爾都麻麻岐迦泥弖登富登富斯故志能久邇邇佐加志賣遠阿理登岐加志弖久波志賣遠阿理登伎許志弖佐用婆比爾阿理多多斯用婆比邇阿理加用婆勢多知賀遠母伊麻陀登加受弖淤須比遠母伊麻陀登加泥婆遠登賣能那須夜伊多斗遠淤曾夫良比和何多多勢禮婆比許豆良比和何多多勢禮婆阿遠夜麻邇奴延波那伎奴佐怒都登理岐藝斯波登與牟爾波都登理迦祁波那久宇禮多久母那久那留登理加許能登理母宇知夜米許世泥伊斯多布夜阿麻波勢豆加比許登能加多理其登母許遠婆

夜知富許能(やちほこの)迦微能美許登波(かみのみことは)夜斯麻久爾(やしまくに)都麻麻岐迦泥弖(つままぎかねて)登富登富斯(とほとほし)故志能久邇邇(こしのくにに)佐加志賣遠(さかしめを)阿理登岐加志弖(ありときかして)久波志賣遠(くはしめを)阿理登伎許志弖(ありときこして)佐用婆比爾(さよばひに)阿理多多斯(ありたたし)用婆比邇(よばひに)阿理加用婆勢(ありかよばせ)多知賀遠母(たちがをも)伊麻陀登加受弖(いまだとかずて)淤須比遠母(おすひをも)伊麻陀登加泥婆(いまだとかねば)遠登賣能那須夜(をとめのなすや)伊多斗遠(いたとを)淤曾夫良比(おそふらひ)和何多多勢禮婆(わがたたせれば)比許豆良比(ひこづらひ)和何多多勢禮婆(わがたたせれば)阿遠夜麻邇(あをやまに)奴延波那伎奴(ぬえはなきぬ)佐怒都登理(さぬつとり)岐藝斯波登與牟(きぎしはとよむ)爾波都登理(にはつとり)迦祁波那久(かけはなく)宇禮多久母(うれたくも)那久那留登理加(なくなるとりか)許能登理母(このとりも)宇知夜米許世泥(うちやめこせね)伊斯多布夜(いしたふや)阿麻波勢豆加比(あまはせづかひ)許登能加多理(ことのかたり)其登母許遠婆(そともこをば)

八千矛やちほこの 神のみこと八洲国やしまくにぎかねて 遠遠とほとほ高志こしの国に さかを 有りと聞かして くはを 有りと聞こして さよばひに あり立たし よばひに ありか呼ばせ 太刀たちも 未だ解かずて おすひをも 未だ解かねば 乙女をとめすや 板戸いたとを押そぶらひ が立たせれば引こづらひ 吾が立たせれば青山に ぬえは鳴きぬ 狭野さぬつ鳥 雉子きぎしとよむ 庭つ鳥 かけは鳴く うれたくも鳴くなる鳥か この鳥も打ちめこせね いしたふや 天馳あまはづかひ 事の語り外面此そともこをば

八千矛神命やちほこのかみのみことは 八洲やしまの国中(支配する国中)に妻を求められず 遠い遠い高志こしの国に賢い女性がいると聞いて 美しい女性がいると聞いて 求婚しに通い求婚しに出かけ 太刀たちひももまだ解かぬまま 長衣ながきぬ(古代の上着)もまだ脱がぬまま 乙女は寝ているかと 板戸を押しさぶり 私が立てば戸を強く引き、 私が立てば青山に鵺(ぬえ)が鳴き 野鳥のきじが鳴き叫び 庭の鳥は鶏が鳴きます いまいましくも鳴く鳥よ 鳴くのをやめてくれないか 天駆ける使いよ このことを語って聞かせよう

爾其沼河比賣未開戸自內歌曰夜知富許能迦微能美許等奴延久佐能賣邇志阿禮婆和何許許呂宇良須能登理叙伊麻許曾婆和杼理邇阿良米能知波那杼理爾阿良牟遠伊能知波那志勢多麻比曾伊斯多布夜阿麻波世豆迦比許登能加多理碁登母許遠婆阿遠夜麻邇比賀迦久良婆奴婆多麻能用波伊傳那牟阿佐比能惠美佐加延岐弖多久豆怒能斯路岐多陀牟岐阿和由岐能和加夜流牟泥遠曾陀多岐多多岐麻那賀理麻多麻傳多麻傳佐斯麻岐毛毛那賀爾伊波那佐牟遠阿夜爾那古斐支許志夜知富許能迦微能美許登許登能迦多理碁登母許遠婆故其夜者不合而明日夜爲御合也

爾其(それに)沼河比売(ぬなかはひめ)戸を未開(あけず)(うち)(よ)(うた)(いは)夜知富許能(やちほこの)迦微能美許等(かみのみこと)奴延久佐能(ぬえくさの)賣邇志阿禮婆(めにしあれば)和何許許呂(わがこころ)宇良須能登理叙(うらすのとりぞ)伊麻許曾婆(いまこそば)和杼理邇阿良米(わどりにあらめ)能知波(のちは)杼理爾阿良牟遠(などりにあらむを)伊能知波(いのちは)那志勢多麻比曾(なしせたまひそ)伊斯多布夜(いしたふや)阿麻波世豆迦比(あまはせづかひ)許登能加多理碁登母(ことのかたりごとも)許遠婆(こをば)阿遠夜麻邇(あをやまに)比賀迦久良婆(ひがかくらば)奴婆多麻能(ぬばたまの)用波伊傳那牟(よはいでなむ)阿佐比能(あさひの)惠美佐加延岐弖(えみさかえきて)多久豆怒能(たくづのの)斯路岐多陀牟岐(しろきただむき)阿和由岐能(あわゆきの)和加夜流牟泥遠(わかやるむねを)曾陀多岐(そだたき)多多岐麻那賀理(たたきまながり)麻多麻傳多麻傳(またまでたまで)佐斯麻岐(さしまき)毛毛那賀爾(ももなかに)伊波那佐牟遠(いはなさむを)阿夜爾(あやに)那古斐支許志(なこひしきし)夜知富許能(やちほこの)迦微能美許登(かみのみこと)許登能迦多理碁登母(ことのかたりごとも)許遠婆(こをば)(ゆえ)(そ)の夜(は)不合(あはざ)りて(しかるに)明日(あくるひ)夜に御合(まぐはひ)(し)(なり)

それに対して、沼河比売ぬなかはひめは戸を開けず、家の中からこのように歌いました。

八千矛やちほこの 神のみこと萎草ぬえくさにしあれば が心 浦洲うらすの鳥ぞ 今こそば 吾鳥わどりにあらめ のち汝鳥などりにあらむを いのちは なたまひそ いしたふや 天馳あまは使づかひ 事の語りごとをば

青山に 日がかくらば 射干玉ぬばたまでなむ 朝日の み栄え来て 栲綱たくづのの 白きただむき沫雪あわゆきわかやる胸を 素手抱そだた手抱たたきまながり 真玉手玉手またまでたまで 差し股長ももなかさむを あや汝恋なこひしきし 八千矛やちほこの 神のみこと 事の語りごとをば

八千矛神命やちほこのかみのみことよ 私はか弱い女でしか有りません そしてその心は入り江にたたずむ鳥のようです 今はまだ私の鳥ですが やがてはあなたの鳥になるのでしょうから 命は奪わないでください 天を馳せる使いよ このことを語ってお伝えします

青い山に日が隠れ 真っ黒な夜になったらおいで下さい 朝日のような爽やかな笑みで来てくだされば 白い腕で泡雪のような若い胸で あなたに抱かれましょう 私はその愛しい手で抱かれ幸せな気持ちで眠ることができるでしょう 不思議な気持ちで あなたが恋しいのです 八千矛の神の命へ このことを語ってお伝えします

こうした事があってその夜は会わず、翌日の夜に夫婦の交わりをしました。

又其神之嫡后須勢理毘賣命甚爲嫉妬故其日子遲神和備弖 【三字以音】 自出雲將上坐倭國而束裝立時片御手者繋御馬之鞍片御足蹈入其御鐙而歌曰奴婆多麻能久路岐美祁斯遠麻都夫佐爾登理與曾比淤岐都登理牟那美流登岐波多多藝母許禮婆布佐波受幣都那美曾邇奴岐宇弖蘇邇杼理能阿遠岐美祁斯遠麻都夫佐邇登理與曾比於岐都登理牟那美流登岐波多多藝母許母布佐波受幣都那美曾邇奴棄宇弖夜麻賀多爾麻岐斯阿多泥都岐曾米紀賀斯流邇斯米許呂母遠麻都夫佐邇登理與曾比淤岐都登理牟那美流登岐波多多藝母許斯與呂志伊刀古夜能伊毛能美許等牟良登理能和賀牟禮伊那婆比氣登理能和賀比氣伊那婆那迦士登波那波伊布登母夜麻登能比登母登須須岐宇那加夫斯那賀那加佐麻久阿佐阿米能疑理邇多多牟叙和加久佐能都麻能美許登許登能加多理碁登母許遠婆

(そ)の神(の)嫡后(きさき)須勢理毘売(すせりびめ)(みこと)(いと)嫉妬(や)(な)(ゆえ)(そ)日子遅(ひこち)の神和備弖(わびて) 【三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 出雲(いづも)(よ)(まさ)(やまと)の国に上り(ま)さむとして(しかるに)束裝(よそ)ひて立たし時片御手(かたみて)(は)御馬(みむま)(の)(くら)(つな)片御足(かたみあし)(そ)御鐙(みあぶみ)に踏み入れて(しかるに)歌ひ(いは)奴婆多麻能(ぬばたまの)久路岐美祁斯遠(くろきみけしを)麻都夫佐爾(まつぶさに)登理與曾比(とりよそひ)淤岐都登理(おきつとり)牟那美流登岐(むなみるとき)波多多藝母(はたたぎも)許禮婆布佐波受(これはふさはず)幣都那美曾邇(へつなみそに)奴棄宇弖(ぬぎうて)蘇邇杼理能(そにどりの)阿遠岐美祁斯遠(あをきみけしを)麻都夫佐邇(まつぶさに)登理與曾比(とりよそひ)於岐都登理(おきつとり)牟那美流登岐(むなみるとき)波多多藝母(はたたぎも)許母布佐波受(こもふさはず)幣都那美曾邇(へつなみそに)奴棄宇弖(ぬきうて)夜麻賀多爾麻岐斯(やまがたにまきし)阿多泥都岐(あたねつき)曾米紀賀斯流邇(そめきがしるに)斯米許呂母遠(しめころもを)麻都夫佐邇(まつぶさに)登理與曾比(とりよそひ)淤岐都登理(おきつとり)牟那美流登岐(むなみるとき)波多多藝母(はたたぎも)許斯與呂志(こしよろし)伊刀古夜能(いとこやの)伊毛能美許等(いものみこと)牟良登理能(むらとりの)和賀牟禮伊那婆(わがむれいなば)比氣登理能(ひけとりの)和賀比氣伊那婆(わがひけいなば)那迦士登波(なかじとは)那波伊布登母(なはいふとも)夜麻登能(やまとの)比登母登須須岐(ひともとすすき)宇那加夫斯(うなかぶし)那賀那加佐麻久(ながなかさまく)阿佐阿米能疑理邇(あさあめのぎりに)多多牟叙(たたむぞ)和加久佐能(わかくさの)都麻能美許登(つまのみこと)許登能加多理碁登母(ことのかたりごとも)許遠婆(こをば)

また、その神のきさき須勢理毘売すせりびめみことがひどく嫉妬しっとしましたので、日子遅ひこちの神(大国主命おおくにぬしのみことのこと)はびられ、出雲から大和の国に上るために装束を整えて、片手は御馬みまくらをつかみ片足をそのあぶみに踏み入れながら、このように歌いました。

射干玉ぬばたまの 黒き御衣みけし真具まつぶさに 取りよそひ 沖つ鳥 むな見る時 はたたぎも れは相応ふさはず 波磯なみそに 脱ぎ鴗鳥そにどりの 青き御衣みけし真具まつぶさに 取りよそひ 沖つ鳥 むな見る時 はたたぎも 相応ふさはず 波磯なみそに 脱ぎ山県やまがたきし あたね突き 染め木が汁に ころも真具まつぶさに 取りよそひ 沖つ鳥 むな見る時 はたたぎも よろ

愛子いとこやの いもみこと群鳥むらとり群往むれいなば 引けとりが引けなば 泣かじとは は言ふとも やまと一本薄ひともとすすき頂傾うなかぶが泣かさまく 朝雨野霧あさあめのぎりに立たむぞ 若草の 妻のみことことの語り事も をば

黒い衣を正装し 胸元を見たり袖の具合をみましたが これは気に入りません 浜辺に寄せる波のように脱ぎ捨てましょう 青い衣を正装し 胸元を見たり袖の具合をみましが これも気に入りません 浜辺に寄せる波のように脱ぎ捨てましょう 山の畑でお前と共に育てた木を突き 染めた衣を正装し 胸元を見たり袖の具合をみましたら これこそ気に入りました

愛しい妻よ 私がれ鳥のように出かけても 私が皆を引き連れて行っても 泣きはしないとお前は言うが やまとにいても すすきが一本だけ雨や霧に濡れうなじを垂れた姿を見れば そこにお前の姿が重なるでしょう 瑞々みずみずしい妻よ このことを語って伝えよう

爾其后取大御酒坏立依指擧而歌曰夜知富許能加微能美許登夜阿賀淤富久邇奴斯那許曾波遠邇伊麻世婆宇知微流斯麻能佐岐耶岐加岐微流伊蘇能佐岐淤知受和加久佐能都麻母多勢良米阿波母與賣邇斯阿禮婆那遠岐弖遠波那志那遠岐弖都麻波那斯阿夜加岐能布波夜賀斯多爾牟斯夫須麻爾古夜賀斯多爾多久夫須麻佐夜具賀斯多爾阿和由岐能和加夜流牟泥遠多久豆怒能斯路岐多陀牟岐曾陀多岐多多岐麻那賀理麻多麻傳多麻傳佐斯麻岐毛毛那賀邇伊遠斯那世登與美岐多弖麻都良世如此歌卽爲宇伎由比 【四字以音】 而宇那賀氣理弖 【六字以音】 至今鎭坐也此謂之神語也

(すなは)(そ)(きさき)大御酒坏(おほみさかづき)を取らし立ち(よ)(さ)(あ)げて(しかるに)歌ひ(いは)夜知富許能(やちほこの)加微能美許登夜(かみのみことや)阿賀淤富久邇奴斯(あがおほくにぬし)那許曾波(なこそは)遠邇伊麻世婆(をにいませば)宇知微流斯麻能(うちみるしまの)佐岐耶岐加岐微流(さきやきかきみる)伊蘇能佐岐淤知受(いそのさきおちず)和加久佐能(わかくさの)都麻母多勢良米(つまもたせらめ)阿波母與(あはもよ)賣邇斯阿禮婆(めにしあれば)那遠岐弖(なをきて)遠波那志(をはなし)那遠岐弖(なをきて)都麻波那斯(つまはなし)阿夜加岐能(あやかきの)布波夜賀斯多爾(ふはやがしたに)牟斯夫須麻(むしぶすま)爾古夜賀斯多爾(にこやがしたに)多久夫須麻(たくぶすま)佐夜具賀斯多爾(さやぐがしたに)阿和由岐能(あわゆきの)和加夜流牟泥遠(わかやるむねを)多久豆怒能(たくづのの)斯路岐多陀牟岐(しろきただむき)曾陀多岐(そだたき)多多岐麻那賀理(たたきまながり)麻多麻傳多麻傳(またまでたまで)佐斯麻岐(さしまき)毛毛那賀邇(ももながに)伊遠斯那世(いをしなせ)登與美岐(とよみき)多弖麻都良世(たてまつらせ)(こ)の歌の(ごと)(すなは)宇伎由比(うきゆひ) 【四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】 (し)(しかるに)宇那賀気理弖(うながけりて) 【六字(むはしら)(こえ)(もち)てす】 至今(いままで)(しづ)まり(ま)(なり)(こ)に謂(い)はく(これ)神語(かむかたり)(なり)

そこでおきさきは、杯に大酒を盛り寄りかかって立ち杯を高々と上げて、このように歌いました。

八千矛やちほこの 神のみこと大国主おおくにぬしこそは いませば 打ち見る嶋の 先やる 磯のさき落ちず 若草の 妻持たせらめ はもよ にしあれば きて きて 妻は綾垣あやかきの ふはやが下に 苧衾むしぶすまにこやが下に 栲衾たくぶすま さやぐ下に 沫雪あわゆきわかやるむね栲綱たくづのの 白きただむき素手そだ手抱たたきまながり 真玉手玉手またまでたまで 差し股長ももなが為寝しな豊御酒とよみきたてまつらせ

八千矛神命やちほこのかみのみことと呼ばれている大国主おおくにぬしよ あなたは男ですから 遠くに見える島の先から来て漕ぎ巡り この磯の岬を見落とさず 妻にしてしまいなされませ 私は女ですからあなた以外に男はいません あなた以外の妻となることもありません 綾織のとばりれる下で ふわふわしたからむし(麻の古名)の布団の下で ざわざわしたたくの布団の下で 淡雪のような若い胸真白な腕が あなたの愛しい手で抱かれ幸せな気持ちで 私を眠らせなさいませ おいしいお酒を私に差し上げなさいませ

この歌の通り、杯を交わして愛を誓い、首をもたせかけ、そのまま鎮座し今に至ります。

このいわれは、神の語りによるものです。

故此大國主神娶坐胸形奧津宮神多紀理毘賣命生子阿遲 【二字以音】 鉏高日子根神次妹高比賣命亦名下光比賣命此之阿遲鉏高日子根神者今謂迦毛大御神者也大國主神亦娶神屋楯比賣命生子事代主神亦娶八嶋牟遲能神 【自牟下三字以音】 之女鳥耳神生子鳥鳴海神 【訓鳴云那留】 此神娶日名照額田毘道男伊許知邇神 【田下毘又自伊下至邇皆以音】 生子國忍富神此神娶葦那陀迦神 【自那下三字以音】 亦名八河江比賣生子速甕之多氣佐波夜遲奴美神 【自多下八字以音】 此神娶天之甕主神之女前玉比賣生子甕主日子神此神娶淤加美神之女比那良志毘賣 【此神名以音】 生子多比理岐志麻流美神 【此神名以音】 此神娶比比羅木之其花麻豆美神 【木上三字花下三字以音】 之女活玉前玉比賣神生子美呂浪神 【美呂二字以音】 此神娶敷山主神之女青沼馬沼押比賣生子布忍富鳥鳴海神此神娶若盡女神生子天日腹大科度美神 【度美二字以音】 此神娶天狹霧神之女遠津待根神生子遠津山岬多良斯神右件自八嶋士奴美神以下遠津山岬帶神以前稱十七世神

(かれ)(こ)大国主(おほくにぬし)の神胸形(むなかた)奧津宮(おきつみや)の神多紀理毘売(たきりひめ)(みこと)(めあは)(ま)(みこ)阿遅(あぢ) 【二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 鉏高日子根(すきたかひこね)の神次に(いも)高比売(たかひめ)(みこと)(また)の名は下光比売(したてるひめ)(みこと)を生みたまひき(こ)(の)阿遅鉏高日子根(あぢすきたかひこね)の神(は)今に(い)迦毛大御神(かものおほみかみ)(は)(なり)大国主(おほくにぬし)の神(また)神屋楯比売(かむやたてひめ)(みこと)(めあは)せし(みこ)事代主(ことしろぬし)の神を生みたまひき(また)八嶋牟遅能神(やしまむぢのかみ) 【牟(よ)(しも)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 (の)(むすめ)鳥耳(とりみみ)の神を(めあは)せまし(みこ)鳥鳴海(とりなるみ)の神 【鳴を(よ)(な)(る)(い)ふ】 を生みたまひき(こ)の神日名照額田毘道男伊許知邇(ひなてりぬかたびちをいこちに)の神 【田より(しも)毘又伊(よ)(しも)邇に至り(みな)(こえ)(もち)てす】 を(めあは)せまし(みこ)国忍富(くにおしとみ)の神を生みたまひき(こ)の神葦那陀迦(あしなだか)の神 【那(よ)(しも)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 (また)の名は八河江比売(やかはえひめ)(めあは)せまし(みこ)速甕之多気佐波夜遅奴美(はやみかのたけさはやぢぬみ)の神 【多(よ)(しも)八字(やもじ)(こえ)(もち)てす】 (こ)の神天之甕主(あめのみかぬし)の神(の)(むすめ)前玉比売(さきたまひめ)(めあは)せまし(みこ)甕主日子(みかぬしひこ)の神を生みたまひき(こ)の神淤加美(おかみ)の神(の)(むすめ)比那良志毘売(ひならしびめ) 【(こ)神名(かむな)(こえ)(もち)てす】 を(めあは)せまし(みこ)多比理岐志麻流美(たひりきしまるみ)の神 【(こ)神名(かむな)(こえ)(もち)てす】 を生みたまひき(こ)の神比比羅木之其花麻豆美(ひひらぎのはなまづみ)の神 【木の(かみ)三字(みもじ)花の(しも)三字(みもじ)(こえ)を以てす】 (の)(むすめ)活玉前玉比売(いくたまさきたまひめ)の神を(めあは)せまし(みこ)美呂浪(みろなみ)の神 【美呂の二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 を生みたまひき(こ)神敷山主(しきやまぬし)の神(の)(むすめ)青沼馬沼押比売(あをぬまぬおしひめ)(めあは)せまし(みこ)布忍富鳥鳴海(ぬのしとみとりなるみ)の神を生みたまひき(こ)の神若尽女(わかつくしめ)の神を(めあは)せまし(みこ)天日腹大科度美(あめのひはらおほしなどみ)の神 【度美の二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 を(めあは)せまし(こ)の神天狭霧(あめのさぎり)の神(の)(むすめ)遠津待根(とほつまちね)の神を(めあは)せまし(みこ)遠津山岬多良斯(とほつやまさきたらし)の神を生みたまひき右の(くだり)八嶋士奴美(やしまじぬみ)の神(よ)以下(しもつかた)遠津山岬帯(とほつやまさきたらし)の神を以前(さきつかた)十七世(とをよあまりななよ)の神と(なづ)

さて、この大国主おおくにぬしの神は、宗像むなかた沖津宮おきつみや祀神さいじん多紀理毘売たきりひめみことめとられ、 御子みこ阿遅鋤高日子根あじすきたかひこねの神を、 次に妹高比売たかひめみこと、またの名下光比売したてるひめみことを産みました。

この阿遅鋤高日子根あじすきたかひこねの神は、今に言う迦毛大御神かものおほみかみなのです。

大国主おおくにぬしの神はまた、神屋楯比売かむやたてひめみことめとられ、 御子みこ事代主ことしろぬしの神を産みました。

また、八嶋牟遅能神やしまむじのかみの娘、鳥耳とりみみの神をめとられ、 御子みこ鳥鳴海とりなるみの神を産みました。

この神は、日名照額田毘道男伊許知邇ひなてりぬかたびちおいこちにの神をめとられ、 御子みこ国忍富くにおしとみの神を産みました。

この神は、葦那陀迦あしなだかの神、またの名八河江比売やかわえひめを娶られ、 御子みこ速甕之多気佐波夜遅奴美はやみかのたけさはやぢぬみの神を産みました。

この神は、天之甕主あめのみかぬしの神の娘、前玉比売さきたまひめを娶られ、 御子みこ甕主日子みかぬしひこの神を産みました。

この神は、淤加美おかみの神の娘、比那良志毘売ひならしびめめとられ、 御子みこ多比理岐志麻流美たひりきしまるみの神を産みました。

この神は、比比羅木之其花麻豆美ひひらぎのはなまずみの神の娘、活玉前玉比売いくたまさきたまひめの神をめとられ、 御子みこ美呂浪みろなみの神を産みました。

この神は、敷山主しきやまぬしの神の娘、青沼馬沼押比売あおぬまぬおしひめめとられ、 御子みこ布忍富鳥鳴海ぬのしとみとりなるみの神を産みました。

この神は、若尽女わかつくしめの神をめとられ、 御子みこ天日腹大科度美あめのひはらおおしなどみの神を産みました。

この神は、天狭霧あめのさぎりの神の娘、遠津待根とおつまちねの神をめとられ、 御子みこ遠津山岬多良斯とおつやまさきたらしの神を産みました。

これまでのことで、八嶋士奴美やしまじぬみの神から遠津山岬帯とおつやまさきたらしの神までは十七の神と名付けて呼ばれています。

故大國主神坐出雲之御大之御前時自波穗乘天之羅摩船而內剥鵝皮剥爲衣服有歸來神爾雖問其名不答且雖問所從之諸神皆白不知爾多邇具久白言 【自多下四字以音】 此者久延毘古必知之卽召久延毘古問時答白此者神產巢日神之御子少名毘古那神 【自毘下三字以音】 故爾白上於神產巢日御祖命者答告此者實我子也於子之中自我手俣久岐斯子也 【自久下三字以音】 故與汝葦原色許男命爲兄弟而作堅其國故自爾大穴牟遲與少名毘古那二柱神相並作堅此國

(かれ)大国主神(おほくにぬしのかみ)出雲(いづも)(の)御大(みだい)(の)御前(みさき)(ま)し時波の穗(よ)天之羅摩(あめのらま)船に乗りて(しかるに)(が)の皮を内剥(うちはぎ)(は)ぎて衣服(ころも)(し)帰り来たる神有り(すなは)(そ)の名を問雖(とへども)不答(こたへ)(また)諸神(もろかみ)(こ)(よ)(ところ)問雖(とへども)不知(しら)ずと(まを)しき(すなは)多邇具久(たにぐく)(まを)して言はく 【多(よ)(しも)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】 (こ)(は)久延毘古(くえびこ)必ず(これ)を知らむ(すなは)久延毘古(くえびこ)(よ)び問ひし時答へ(まを)さく(こ)(は)神産巣日(かむむすび)の神(の)御子(みこ)少名毘古那(すくなびこな)の神 【毘(よ)(しも)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 なり故爾(そのゆえ)神産巣日御祖(かむむすびみおや)(みこと)(おいて)(まを)し上げし(ば)答へ(の)らさく(こ)(は)(まこと)(あ)(みこ)(なり)(みこ)(の)中に(おいて)(あ)手俣(たなまた)(よ)久岐斯(くきし)(みこ)(なり) 【久(よ)(しも)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 (かれ)(なれ)葦原色許男(あしはらしこを)(みこと)(と)兄弟(あにおと)(な)りて(しかるに)(かた)(そ)の国を作れ(かれ)自爾(これよ)大穴牟遅(おほあなむち)(と)少名毘古那(すくなびこな)二柱(ふたはしら)の神(あひ)並びて(かた)(こ)の国を作りき

さて、大国主神おおくにぬしのかみが出雲で食膳の前におられた時、波頭なみがしらの間から、天之羅摩あめのかがみ船(ガガイモのさやの舟)に乗りガチョウをいだものを衣服とし、帰って来た神がおられました。

そこでその名を問いましたが答えず、また神々にあなたの所の神ではありませんかと尋ねても、皆が知らないと申されました。

その時、蟇蛙ひきがえるが申し上げました。

「これは、久延毘古くえびこが、必ずこれを知っているでしょう。」

そこで久延毘古くえびこを招き尋ねたところ、答え申し上げました。

「これは、神産巣日かみむすびの神の御子みこ少名毘古那すくなびこなの神です。」

そのため、神産巣日御祖かみむすびみおやみことに申し上げたところ、 答えておっしゃいました。

「これは、本当に私の子です。 子らの中で私の指の間から漏れ落ちた子です。 そこで、お前葦原色許男あしはらしこおみこととで兄弟となり、しっかりとしていて崩れない国を作ってください。」

こうして、大穴牟遅おほあなむち少名毘古那すくなびこな二柱ふたはしらの神は、肩を並べて堅くこの国を作りました。

然後者其少名毘古那神者度于常世國也故顯白其少名毘古那神所謂久延毘古者於今者山田之曾富騰者也此神者足雖不行盡知天下之事神於是大國主神愁而告吾獨何能得作此國孰神與吾能相作此國耶是時有光海依來之神其神言能治我前者吾能共與相作成若不然者國難成爾大國主神曰然者治奉之狀奈何答言吾者伊都岐奉于倭之青垣東山上此者坐御諸山上神也

(しか)(のち)(は)(そ)少名毘古那(すくなびこな)の神(は)常世(とこよ)の国(ここに)(わた)りき(なり)(かれ)(あき)らけく(そ)少名毘古那(すくなびこな)の神と(まを)所謂(いはゆる)久延毘古(くえびこ)(は)於今(いまにおいて)(は)山田(やまた)(の)曽富騰(そほど)(は)(なり)(こ)の神(は)(あし)雖不行(ゆかざれど)(ことごと)天下(あめした)(の)事を知る神(なり)於是(これにおいて)大国主(おほくにぬし)の神(うれ)ひて(しかるに)(の)らさく(われ)(ひと)(いか)(よ)(こ)の国を作り得るや(いず)れの神(と)(われ)(こ)の国を(よ)(あひ)作らむ(や)(こ)の時光る海に(よ)(き)(の)神有り(そ)の神言はく我が前に(よ)(をさ)(ば)(われ)(よ)く共に(くみ)(あひ)作り成す(も)不然(しかざ)(ば)国成り(かた)(しか)るに大国主(おほくにぬし)の神(いは)然者(しからば)(をさめ)(まつ)(かたち)奈何(いかにせむ)答へて言はく(われ)(は)(やまと)(の)青垣(あをかき)(ひむがし)の山の上に(おいて)伊都岐(いつき)(まつ)らむ此者(こは)御諸山(みもろやま)の上の神に(いま)(なり)

その後、その少名毘古那すくなびこなの神は常世とこよの国に渡ってしまいました。

そこで、高らかに少名毘古那すくなびこなの神と申します。

いわゆる久延毘古くえびこは、今では山田の曽富騰そほど(案山子かかし)と言います。

この神は、歩くことはできませんが、あらゆる天下の事を知る神です。

さて、大国主おおくにぬしの神がうれいておっしゃいました。

「私一人で、どうやってこの国を作ることができよう。 誰かの神と私で、協力してこの国を作ることはできないだろうか。」

この時、光る海から近づいてきた神がいました。

その神は言いました。

「私を祭り、御前みまえさいすれば、私は協力して国を作り上げることができます。 もしそうしなければ、国は成り難いでしょう。」

そこで、大国主の神は言いました。

「それなら、どのような形でおまつりしたらよろしいのでしょうか。」

それに答えて言われました。

「私を、大和国を囲む緑の、東の山上にまつりなさい。」

これが、御諸山みもろやま(三輪山みわさん)の山上に鎮座される神(大物主大神おおものぬしのおおかみ)なのです。(現在の大神神社おおみわじんじゃのこと)

故其大年神娶神活須毘神之女伊怒比賣生子大國御魂神次韓神次曾富理神次白日神次聖神 【五神】 又娶香用比賣 【此神名以音】 生子大香山戸臣神次御年神 【二柱】 又娶天知迦流美豆比賣 【訓天如天亦自知下六字以音】 生子奧津日子神次奧津比賣命亦名大戸比賣神此者諸人以拜竈神者也次大山/上/咋神亦名山末之大主神此神者坐近淡海國之日枝山亦坐葛野之松尾用鳴鏑神者也

(かれ)(そ)大年神(おほとしのかみ)神活須毘神(かむいくすびのかみ)(の)(むすめ)伊怒比売(いのひめ)(めあは)(みこ)大国御魂神(おほくにみたまのかみ)次に韓神(からのかみ)次に曽富理神(そほりのかみ)次に白日神(しらひのかみ)次に聖神(ひじりのかみ) 【五神(いつかみ)】 又香用比売(かよひめ) 【(こ)神名(かむな)(こえ)(もち)てす】 を(めあは)(みこ)大香山戸臣神(おほかぐやまとみのかみ)次に御年神(みとしのかみ) 【二柱(ふたはしら)】 を生ましき又天知迦流美豆比売(あまちかるかみづひめ) 【天は(あま)(ごと)(よ)(また)(よ)(しも)六字(むもじ)(こえ)(もち)てす】 を(めあは)(みこ)奧津日子神(おきつひこのかみ)次に奧津比売(おきつひめ)(みこと)(また)の名大戸比売神(おほべひめのかみ)(こ)(は)(すで)諸人(もろひと)(をが)(かまど)の神たる(は)(なり)次に大山/上声/咋神(おほやまくひのかみ)(また)の名山末之大主神(やますえのおほぬしのかみ)(こ)の神(は)近淡海(ちかつあはうみ)の国(の)日枝山(ひえのやま)(ま)(また)葛野(かどの)(の)松尾(まつのを)(ま)鳴鏑(なりかぶら)(も)つ神(は)(なり)

さて、その大年神おおとしのかみは、神活須毘神かむいくすびのかみの娘伊怒比売いのひめめとり、御子みこ大国御魂神おおくにみたまのかみ、次に韓神からのかみ、次に曽富理神そほりのかみ、次に白日神しらひのかみ、次に聖神ひじりのかみを産みました。

また香用比売かよひめめとり、御子みこ大香山戸臣神おおかぐやまとみのかみ、次に御年神みとしのかみを産みました。

また、天知迦流美豆比売あまちかるかみづひめめとり、御子みこ奧津日子神おきつひこのかみ、次に奧津比売おきつひめみこと、またの名大戸比売神おほべひめのかみ、この神は以前から人々皆が拝むかまどの神です。

次に大山咋神おほやまくひのかみ、またの名山末之大主神やますえのおおぬしのかみ、この神は近江おうみの国の比叡山ひえいざんにいらっしゃりまた葛野かどの郡の松尾まつのおにいらっしゃり、鳴鏑なりかぶらをもつ神です。

次庭津日神次阿須波神 【此神名以音】 次波比岐神 【此神名以音】 次香山戸臣神次羽山戸神次庭高津日神次大土神亦名土之御祖神 【九神】 上件大年神之子自大國御魂神以下大土神以前幷十六神羽山戸神娶大氣都比賣 【自氣下四字以音】 神生子若山咋神次若年神次妹若沙那賣神 【自沙下三字以音】 次彌豆麻岐神 【自彌下四字音】 次夏高津日神亦名夏之賣神次秋毘賣神次久久年神 【久久二字以音】 次久久紀若室葛根神 【久久紀三字以音】 弥豆麻岐神上件羽山之子以下若室葛根以前幷八神

次に庭津日神(にはつひのかみ)次に阿須波神(あすはのかみ) 【(こ)神名(かむな)(こえ)(もち)てす】 次に波比岐神(はひきのかみ) 【(こ)神名(かむな)(こえ)(もち)てす】 次に香山戸臣神(かぐやまとみのかみ)次に羽山戸神(はやまとのかみ)次に庭高津日神(にはたかつひのかみ)次に大土神(おほつちのかみ)(また)の名土之御祖神(つちのみおやのかみ) 【九神(ここのかみ)】 を生ましき上の(くだり)大年神(おほとしのかみ)(の)(みこ)大国御魂神(おほくにみたまのかみ)(よ)以下(しもつかた)大土神(おほつちのかみ)以前(さきつかた)(あは)せて十六神(とをはしらあまりむはしらのかみ)羽山戸(はやまと)の神大気都比売(おほげつひめ) 【気(よ)(しも)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】 の神を(めあは)(みこ)若山咋神(わかやまくひのかみ)次に若年神(わかとしのかみ)次に妹若沙那売神(いもわかさなめのかみ) 【沙(よ)(しも)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 次に弥豆麻岐神(みづまきのかみ) 【弥(よ)(しも)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】 次に夏高津日神(なつたかつひのかみ)(また)の名は夏之売神(なつのめのかみ)次に秋毘売神(あきびめのかみ)次に久久年神(くくとしのかみ) 【久久の二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 次に久久紀若室葛根神(くくきわかむろつなねのかみ) 【久久紀の三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 を生ましき上の(くだり)羽山(はやま)(の)(みこ)以下(しもつかた)若室葛根(わかむろつなね)以前(さきつかた)(あは)せて八神(やかみ)

次に庭津日神にわつひのかみ、次に阿須波神あすはのかみ、次に波比岐神はひきのかみ、次に香山戸臣神かぐやまとみのかみ、次に羽山戸神はやまとのかみ、次に庭高津日神にわたかつひのかみ、次に大土神おおつちのかみ、またの名土之御祖神つちのみおやのかみを産みました。

ここまでのことで、大年神おおとしのかみの子は大国御魂神おおくにみたまのかみ以下大土神おおつちのかみまで合わせて十六柱とおつむはしらの神です。

羽山戸はやまとの神は、大気都比売おおげつひめの神をめとり、御子みこ若山咋神わかやまくいのかみ、次に若年神わかとしのかみ、次に妹若沙那売神いもわかさなめのかみ、次に弥豆麻岐神みずまきのかみ、次に夏高津日神なつたかつひのかみ、またの名夏之売神なつのめのかみ、次に秋毘売神あきびめのかみ弥豆麻岐みづまき夏高津日なつたかつひ秋毘売あきびめ久久年くくとし次に久久年神くくとしのかみ、次に久久紀若室葛根神くくきわかむろつなねのかみを産みました。

これまでのことで、羽山はやまの子以下若室葛根わかむろつなねまで、合わせて八柱やはしろの神です。

Posted by まれびと