【古事記】(原文・読み下し文・現代語訳)上巻・本文 その参

古事記

又其神之嫡后須勢理毘賣命甚爲嫉妬故其日子遲神和備弖 【三字以音】 自出雲將上坐倭國而束裝立時片御手者繋御馬之鞍片御足蹈入其御鐙而歌曰奴婆多麻能久路岐美祁斯遠麻都夫佐爾登理與曾比淤岐都登理牟那美流登岐波多多藝母許禮婆布佐波受幣都那美曾邇奴岐宇弖蘇邇杼理能阿遠岐美祁斯遠麻都夫佐邇登理與曾比於岐都登理牟那美流登岐波多多藝母許母布佐波受幣都那美曾邇奴棄宇弖夜麻賀多爾麻岐斯阿多泥都岐曾米紀賀斯流邇斯米許呂母遠麻都夫佐邇登理與曾比淤岐都登理牟那美流登岐波多多藝母許斯與呂志伊刀古夜能伊毛能美許等牟良登理能和賀牟禮伊那婆比氣登理能和賀比氣伊那婆那迦士登波那波伊布登母夜麻登能比登母登須須岐宇那加夫斯那賀那加佐麻久阿佐阿米能疑理邇多多牟叙和加久佐能都麻能美許登許登能加多理碁登母許遠婆

(そ)の神(の)嫡后(きさき)須勢理毘売(すせりびめ)(みこと)(いと)嫉妬(や)(な)(ゆえ)(そ)日子遅(ひこち)の神和備弖(わびて) 【三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 出雲(いづも)(よ)(まさ)(やまと)の国に上り(ま)さむとして(しかるに)束裝(よそ)ひて立たし時片御手(かたみて)(は)御馬(みむま)(の)(くら)(つな)片御足(かたみあし)(そ)御鐙(みあぶみ)に踏み入れて(しかるに)歌ひ(いは)奴婆多麻能(ぬばたまの)久路岐美祁斯遠(くろきみけしを)麻都夫佐爾(まつぶさに)登理與曾比(とりよそひ)淤岐都登理(おきつとり)牟那美流登岐(むなみるとき)波多多藝母(はたたぎも)許禮婆布佐波受(これはふさはず)幣都那美曾邇(へつなみそに)奴棄宇弖(ぬぎうて)蘇邇杼理能(そにどりの)阿遠岐美祁斯遠(あをきみけしを)麻都夫佐邇(まつぶさに)登理與曾比(とりよそひ)於岐都登理(おきつとり)牟那美流登岐(むなみるとき)波多多藝母(はたたぎも)許母布佐波受(こもふさはず)幣都那美曾邇(へつなみそに)奴棄宇弖(ぬきうて)夜麻賀多爾麻岐斯(やまがたにまきし)阿多泥都岐(あたねつき)曾米紀賀斯流邇(そめきがしるに)斯米許呂母遠(しめころもを)麻都夫佐邇(まつぶさに)登理與曾比(とりよそひ)淤岐都登理(おきつとり)牟那美流登岐(むなみるとき)波多多藝母(はたたぎも)許斯與呂志(こしよろし)伊刀古夜能(いとこやの)伊毛能美許等(いものみこと)牟良登理能(むらとりの)和賀牟禮伊那婆(わがむれいなば)比氣登理能(ひけとりの)和賀比氣伊那婆(わがひけいなば)那迦士登波(なかじとは)那波伊布登母(なはいふとも)夜麻登能(やまとの)比登母登須須岐(ひともとすすき)宇那加夫斯(うなかぶし)那賀那加佐麻久(ながなかさまく)阿佐阿米能疑理邇(あさあめのぎりに)多多牟叙(たたむぞ)和加久佐能(わかくさの)都麻能美許登(つまのみこと)許登能加多理碁登母(ことのかたりごとも)許遠婆(こをば)

また、その神のきさき須勢理毘売すせりびめみことがひどく嫉妬しっとしましたので、日子遅ひこちの神(大国主命おおくにぬしのみことのこと)はびられ、出雲から大和の国に上るために装束を整えて、片手は御馬みまくらをつかみ片足をそのあぶみに踏み入れながら、このように歌いました。

射干玉ぬばたまの 黒き御衣みけし真具まつぶさに 取りよそひ 沖つ鳥 むな見る時 はたたぎも れは相応ふさはず 波磯なみそに 脱ぎ鴗鳥そにどりの 青き御衣みけし真具まつぶさに 取りよそひ 沖つ鳥 むな見る時 はたたぎも 相応ふさはず 波磯なみそに 脱ぎ山県やまがたきし あたね突き 染め木が汁に ころも真具まつぶさに 取りよそひ 沖つ鳥 むな見る時 はたたぎも よろ

愛子いとこやの いもみこと 群鳥むらとり群往むれいなば 引けとりが引けなば 泣かじとは は言ふとも やまと一本薄ひともとすすき 頂傾うなかぶが泣かさまく 朝雨野霧あさあめのぎりに立たむぞ 若草の 妻のみこと ことの語り事も をば

黒い衣を正装し 胸元を見たり袖の具合をみましたが これは気に入りません 浜辺に寄せる波のように脱ぎ捨てましょう 青い衣を正装し 胸元を見たり袖の具合をみましが これも気に入りません 浜辺に寄せる波のように脱ぎ捨てましょう 山の畑でお前と共に育てた木を突き 染めた衣を正装し 胸元を見たり袖の具合をみましたら これこそ気に入りました

愛しい妻よ 私がれ鳥のように出かけても 私が皆を引き連れて行っても 泣きはしないとお前は言うが やまとにいても すすきが一本だけ雨や霧に濡れうなじを垂れた姿を見れば そこにお前の姿が重なるでしょう 瑞々みずみずしい妻よ このことを語って伝えよう

広告

爾其后取大御酒坏立依指擧而歌曰夜知富許能加微能美許登夜阿賀淤富久邇奴斯那許曾波遠邇伊麻世婆宇知微流斯麻能佐岐耶岐加岐微流伊蘇能佐岐淤知受和加久佐能都麻母多勢良米阿波母與賣邇斯阿禮婆那遠岐弖遠波那志那遠岐弖都麻波那斯阿夜加岐能布波夜賀斯多爾牟斯夫須麻爾古夜賀斯多爾多久夫須麻佐夜具賀斯多爾阿和由岐能和加夜流牟泥遠多久豆怒能斯路岐多陀牟岐曾陀多岐多多岐麻那賀理麻多麻傳多麻傳佐斯麻岐毛毛那賀邇伊遠斯那世登與美岐多弖麻都良世如此歌卽爲宇伎由比 【四字以音】 而宇那賀氣理弖 【六字以音】 至今鎭坐也此謂之神語也

(すなは)(そ)(きさき)大御酒坏(おほみさかづき)を取らし立ち(よ)(さ)(あ)げて(しかるに)歌ひ(いは)夜知富許能(やちほこの)加微能美許登夜(かみのみことや)阿賀淤富久邇奴斯(あがおほくにぬし)那許曾波(なこそは)遠邇伊麻世婆(をにいませば)宇知微流斯麻能(うちみるしまの)佐岐耶岐加岐微流(さきやきかきみる)伊蘇能佐岐淤知受(いそのさきおちず)和加久佐能(わかくさの)都麻母多勢良米(つまもたせらめ)阿波母與(あはもよ)賣邇斯阿禮婆(めにしあれば)那遠岐弖(なをきて)遠波那志(をはなし)那遠岐弖(なをきて)都麻波那斯(つまはなし)阿夜加岐能(あやかきの)布波夜賀斯多爾(ふはやがしたに)牟斯夫須麻(むしぶすま)爾古夜賀斯多爾(にこやがしたに)多久夫須麻(たくぶすま)佐夜具賀斯多爾(さやぐがしたに)阿和由岐能(あわゆきの)和加夜流牟泥遠(わかやるむねを)多久豆怒能(たくづのの)斯路岐多陀牟岐(しろきただむき)曾陀多岐(そだたき)多多岐麻那賀理(たたきまながり)麻多麻傳多麻傳(またまでたまで)佐斯麻岐(さしまき)毛毛那賀邇(ももながに)伊遠斯那世(いをしなせ)登與美岐(とよみき)多弖麻都良世(たてまつらせ)(こ)の歌の(ごと)(すなは)宇伎由比(うきゆひ) 【四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】 (し)(しかるに)宇那賀気理弖(うながけりて) 【六字(むはしら)(こえ)(もち)てす】 至今(いままで)(しづ)まり(ま)(なり)(こ)に謂(い)はく(これ)神語(かむかたり)(なり)

そこでおきさきは、杯に大酒を盛り寄りかかって立ち杯を高々と上げて、このように歌いました。

八千矛やちほこの 神のみこと大国主おおくにぬし こそは いませば 打ち見る嶋の 先やる 磯のさき落ちず 若草の 妻持たせらめ はもよ にしあれば きて きて 妻は綾垣あやかきの ふはやが下に 苧衾むしぶすま にこやが下に 栲衾たくぶすま さやぐ下に 沫雪あわゆきわかやるむね栲綱たくづのの 白きただむき 素手そだ手抱たたきまながり 真玉手玉手またまでたまで 差し股長ももなが為寝しな豊御酒とよみき たてまつらせ

八千矛神命やちほこのかみのみことと呼ばれている大国主おおくにぬしよ あなたは男ですから 遠くに見える島の先から来て漕ぎ巡り この磯の岬を見落とさず 妻にしてしまいなされませ 私は女ですからあなた以外に男はいません あなた以外の妻となることもありません 綾織のとばりれる下で ふわふわしたからむし(麻の古名)の布団の下で ざわざわしたたくの布団の下で 淡雪のような若い胸真白な腕が あなたの愛しい手で抱かれ幸せな気持ちで 私を眠らせなさいませ おいしいお酒を私に差し上げなさいませ

この歌の通り、杯を交わして愛を誓い、首をもたせかけ、そのまま鎮座し今に至ります。

このいわれは、神の語りによるものです。

故此大國主神娶坐胸形奧津宮神多紀理毘賣命生子阿遲 【二字以音】 鉏高日子根神次妹高比賣命亦名下光比賣命此之阿遲鉏高日子根神者今謂迦毛大御神者也大國主神亦娶神屋楯比賣命生子事代主神亦娶八嶋牟遲能神 【自牟下三字以音】 之女鳥耳神生子鳥鳴海神 【訓鳴云那留】 此神娶日名照額田毘道男伊許知邇神 【田下毘又自伊下至邇皆以音】 生子國忍富神此神娶葦那陀迦神 【自那下三字以音】 亦名八河江比賣生子速甕之多氣佐波夜遲奴美神 【自多下八字以音】 此神娶天之甕主神之女前玉比賣生子甕主日子神此神娶淤加美神之女比那良志毘賣 【此神名以音】 生子多比理岐志麻流美神 【此神名以音】 此神娶比比羅木之其花麻豆美神 【木上三字花下三字以音】 之女活玉前玉比賣神生子美呂浪神 【美呂二字以音】 此神娶敷山主神之女青沼馬沼押比賣生子布忍富鳥鳴海神此神娶若盡女神生子天日腹大科度美神 【度美二字以音】 此神娶天狹霧神之女遠津待根神生子遠津山岬多良斯神右件自八嶋士奴美神以下遠津山岬帶神以前稱十七世神

(かれ)(こ)大国主(おほくにぬし)の神胸形(むなかた)奧津宮(おきつみや)の神多紀理毘売(たきりひめ)(みこと)(めあは)(ま)(みこ)阿遅(あぢ) 【二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 鉏高日子根(すきたかひこね)の神次に(いも)高比売(たかひめ)(みこと)(また)の名は下光比売(したてるひめ)(みこと)を生みたまひき(こ)(の)阿遅鉏高日子根(あぢすきたかひこね)の神(は)今に(い)迦毛大御神(かものおほみかみ)(は)(なり)大国主(おほくにぬし)の神(また)神屋楯比売(かむやたてひめ)(みこと)(めあは)せし(みこ)事代主(ことしろぬし)の神を生みたまひき(また)八嶋牟遅能神(やしまむぢのかみ) 【牟(よ)(しも)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 (の)(むすめ)鳥耳(とりみみ)の神を(めあは)せまし(みこ)鳥鳴海(とりなるみ)の神 【鳴を(よ)(な)(る)(い)ふ】 を生みたまひき(こ)の神日名照額田毘道男伊許知邇(ひなてりぬかたびちをいこちに)の神 【田より(しも)毘又伊(よ)(しも)邇に至り(みな)(こえ)(もち)てす】 を(めあは)せまし(みこ)国忍富(くにおしとみ)の神を生みたまひき(こ)の神葦那陀迦(あしなだか)の神 【那(よ)(しも)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 (また)の名は八河江比売(やかはえひめ)(めあは)せまし(みこ)速甕之多気佐波夜遅奴美(はやみかのたけさはやぢぬみ)の神 【多(よ)(しも)八字(やもじ)(こえ)(もち)てす】 (こ)の神天之甕主(あめのみかぬし)の神(の)(むすめ)前玉比売(さきたまひめ)(めあは)せまし(みこ)甕主日子(みかぬしひこ)の神を生みたまひき(こ)の神淤加美(おかみ)の神(の)(むすめ)比那良志毘売(ひならしびめ) 【(こ)神名(かむな)(こえ)(もち)てす】 を(めあは)せまし(みこ)多比理岐志麻流美(たひりきしまるみ)の神 【(こ)神名(かむな)(こえ)(もち)てす】 を生みたまひき(こ)の神比比羅木之其花麻豆美(ひひらぎのはなまづみ)の神 【木の(かみ)三字(みもじ)花の(しも)三字(みもじ)(こえ)を以てす】 (の)(むすめ)活玉前玉比売(いくたまさきたまひめ)の神を(めあは)せまし(みこ)美呂浪(みろなみ)の神 【美呂の二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 を生みたまひき(こ)神敷山主(しきやまぬし)の神(の)(むすめ)青沼馬沼押比売(あをぬまぬおしひめ)(めあは)せまし(みこ)布忍富鳥鳴海(ぬのしとみとりなるみ)の神を生みたまひき(こ)の神若尽女(わかつくしめ)の神を(めあは)せまし(みこ)天日腹大科度美(あめのひはらおほしなどみ)の神 【度美の二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 を(めあは)せまし(こ)の神天狭霧(あめのさぎり)の神(の)(むすめ)遠津待根(とほつまちね)の神を(めあは)せまし(みこ)遠津山岬多良斯(とほつやまさきたらし)の神を生みたまひき右の(くだり)八嶋士奴美(やしまじぬみ)の神(よ)以下(しもつかた)遠津山岬帯(とほつやまさきたらし)の神を以前(さきつかた)十七世(とをよあまりななよ)の神と(なづ)

さて、この大国主おおくにぬしの神は、宗像むなかた沖津宮おきつみや祀神さいじん多紀理毘売たきりひめみことめとられ、 御子みこ阿遅鋤高日子根あじすきたかひこねの神を、 次に妹高比売たかひめみこと、またの名下光比売したてるひめみことを産みました。

この阿遅鋤高日子根あじすきたかひこねの神は、今に言う迦毛大御神かものおほみかみなのです。

大国主おおくにぬしの神はまた、神屋楯比売かむやたてひめみことめとられ、 御子みこ事代主ことしろぬしの神を産みました。

また、八嶋牟遅能神やしまむじのかみの娘、鳥耳とりみみの神をめとられ、 御子みこ鳥鳴海とりなるみの神を産みました。

この神は、日名照額田毘道男伊許知邇ひなてりぬかたびちおいこちにの神をめとられ、 御子みこ国忍富くにおしとみの神を産みました。

この神は、葦那陀迦あしなだかの神、またの名八河江比売やかわえひめを娶られ、 御子みこ速甕之多気佐波夜遅奴美はやみかのたけさはやぢぬみの神を産みました。

この神は、天之甕主あめのみかぬしの神の娘、前玉比売さきたまひめを娶られ、 御子みこ甕主日子みかぬしひこの神を産みました。

この神は、淤加美おかみの神の娘、比那良志毘売ひならしびめめとられ、 御子みこ多比理岐志麻流美たひりきしまるみの神を産みました。

この神は、比比羅木之其花麻豆美ひひらぎのはなまずみの神の娘、活玉前玉比売いくたまさきたまひめの神をめとられ、 御子みこ美呂浪みろなみの神を産みました。

この神は、敷山主しきやまぬしの神の娘、青沼馬沼押比売あおぬまぬおしひめめとられ、 御子みこ布忍富鳥鳴海ぬのしとみとりなるみの神を産みました。

この神は、若尽女わかつくしめの神をめとられ、 御子みこ天日腹大科度美あめのひはらおおしなどみの神を産みました。

この神は、天狭霧あめのさぎりの神の娘、遠津待根とおつまちねの神をめとられ、 御子みこ遠津山岬多良斯とおつやまさきたらしの神を産みました。

これまでのことで、八嶋士奴美やしまじぬみの神から遠津山岬帯とおつやまさきたらしの神までは十七の神と名付けて呼ばれています。

故大國主神坐出雲之御大之御前時自波穗乘天之羅摩船而內剥鵝皮剥爲衣服有歸來神爾雖問其名不答且雖問所從之諸神皆白不知爾多邇具久白言 【自多下四字以音】 此者久延毘古必知之卽召久延毘古問時答白此者神產巢日神之御子少名毘古那神 【自毘下三字以音】 故爾白上於神產巢日御祖命者答告此者實我子也於子之中自我手俣久岐斯子也 【自久下三字以音】 故與汝葦原色許男命爲兄弟而作堅其國故自爾大穴牟遲與少名毘古那二柱神相並作堅此國

(かれ)大国主神(おほくにぬしのかみ)出雲(いづも)(の)御大(みだい)(の)御前(みさき)(ま)し時波の穗(よ)天之羅摩(あめのらま)船に乗りて(しかるに)(が)の皮を内剥(うちはぎ)(は)ぎて衣服(ころも)(し)帰り来たる神有り(すなは)(そ)の名を問雖(とへども)不答(こたへ)(また)諸神(もろかみ)(こ)(よ)(ところ)問雖(とへども)不知(しら)ずと(まを)しき(すなは)多邇具久(たにぐく)(まを)して言はく 【多(よ)(しも)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】 (こ)(は)久延毘古(くえびこ)必ず(これ)を知らむ(すなは)久延毘古(くえびこ)(よ)び問ひし時答へ(まを)さく(こ)(は)神産巣日(かむむすび)の神(の)御子(みこ)少名毘古那(すくなびこな)の神 【毘(よ)(しも)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 なり故爾(そのゆえ)神産巣日御祖(かむむすびみおや)(みこと)(おいて)(まを)し上げし(ば)答へ(の)らさく(こ)(は)(まこと)(あ)(みこ)(なり)(みこ)(の)中に(おいて)(あ)手俣(たなまた)(よ)久岐斯(くきし)(みこ)(なり) 【久(よ)(しも)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 (かれ)(なれ)葦原色許男(あしはらしこを)(みこと)(と)兄弟(あにおと)(な)りて(しかるに)(かた)(そ)の国を作れ(かれ)自爾(これよ)大穴牟遅(おほあなむち)(と)少名毘古那(すくなびこな)二柱(ふたはしら)の神(あひ)並びて(かた)(こ)の国を作りき

さて、大国主神おおくにぬしのかみが出雲で食膳の前におられた時、波頭なみがしらの間から、天之羅摩あめのかがみ船(ガガイモのさやの舟)に乗りガチョウをいだものを衣服とし、帰って来た神がおられました。

そこでその名を問いましたが答えず、また神々にあなたの所の神ではありませんかと尋ねても、皆が知らないと申されました。

その時、蟇蛙ひきがえるが申し上げました。

「これは、久延毘古くえびこが、必ずこれを知っているでしょう。」

そこで久延毘古くえびこを招き尋ねたところ、答え申し上げました。

「これは、神産巣日かみむすびの神の御子みこ少名毘古那すくなびこなの神です。」

そのため、神産巣日御祖かみむすびみおやみことに申し上げたところ、 答えておっしゃいました。

「これは、本当に私の子です。 子らの中で私の指の間から漏れ落ちた子です。 そこで、お前葦原色許男あしはらしこおみこととで兄弟となり、しっかりとしていて崩れない国を作ってください。」

こうして、大穴牟遅おほあなむち少名毘古那すくなびこな二柱ふたはしらの神は、肩を並べて堅くこの国を作りました。

然後者其少名毘古那神者度于常世國也故顯白其少名毘古那神所謂久延毘古者於今者山田之曾富騰者也此神者足雖不行盡知天下之事神於是大國主神愁而告吾獨何能得作此國孰神與吾能相作此國耶是時有光海依來之神其神言能治我前者吾能共與相作成若不然者國難成爾大國主神曰然者治奉之狀奈何答言吾者伊都岐奉于倭之青垣東山上此者坐御諸山上神也

(しか)(のち)(は)(そ)少名毘古那(すくなびこな)の神(は)常世(とこよ)の国(ここに)(わた)りき(なり)(かれ)(あき)らけく(そ)少名毘古那(すくなびこな)の神と(まを)所謂(いはゆる)久延毘古(くえびこ)(は)於今(いまにおいて)(は)山田(やまた)(の)曽富騰(そほど)(は)(なり)(こ)の神(は)(あし)雖不行(ゆかざれど)(ことごと)天下(あめした)(の)事を知る神(なり)於是(これにおいて)大国主(おほくにぬし)の神(うれ)ひて(しかるに)(の)らさく(われ)(ひと)(いか)(よ)(こ)の国を作り得るや(いず)れの神(と)(われ)(こ)の国を(よ)(あひ)作らむ(や)(こ)の時光る海に(よ)(き)(の)神有り(そ)の神言はく我が前に(よ)(をさ)(ば)(われ)(よ)く共に(くみ)(あひ)作り成す(も)不然(しかざ)(ば)国成り(かた)(しか)るに大国主(おほくにぬし)の神(いは)然者(しからば)(をさめ)(まつ)(かたち)奈何(いかにせむ)答へて言はく(われ)(は)(やまと)(の)青垣(あをかき)(ひむがし)の山の上に(おいて)伊都岐(いつき)(まつ)らむ此者(こは)御諸山(みもろやま)の上の神に(いま)(なり)

その後、その少名毘古那すくなびこなの神は常世とこよの国に渡ってしまいました。

そこで、高らかに少名毘古那すくなびこなの神と申します。

いわゆる久延毘古くえびこは、今では山田の曽富騰そほど(案山子かかし)と言います。

この神は、歩くことはできませんが、あらゆる天下の事を知る神です。

さて、大国主おおくにぬしの神がうれいておっしゃいました。

「私一人で、どうやってこの国を作ることができよう。 誰かの神と私で、協力してこの国を作ることはできないだろうか。」

この時、光る海から近づいてきた神がいました。

その神は言いました。

「私を祭り、御前みまえさいすれば、私は協力して国を作り上げることができます。 もしそうしなければ、国は成り難いでしょう。」

そこで、大国主の神は言いました。

「それなら、どのような形でおまつりしたらよろしいのでしょうか。」

それに答えて言われました。

「私を、大和国を囲む緑の、東の山上にまつりなさい。」

これが、御諸山みもろやま(三輪山みわさん)の山上に鎮座される神(大物主大神おおものぬしのおおかみ)なのです。(現在の大神神社おおみわじんじゃのこと)

Posted by まれびと