【古事記】(原文・読み下し文・現代語訳)上巻・本文 その壱

古事記

伊邪那岐いざなぎ伊邪那美いざなみ

於是天神諸命以詔伊邪那岐命伊邪那美命二柱神修理固成是多陀用幣流之國賜天沼矛而言依賜也

是於(こにおいて)(あま)つ神の(もろもろ)(みこと)(もち)(のたま)はく伊邪那岐(いざなぎ)(みこと)伊邪那美(いざなみ)(みこと)二柱(ふたはしら)の神(こ)(た)(だ)(よ)(へ)(る)(の)(すぢ)(なほ)し固め成せと(のたま)天沼矛(あめのぬぼこ)(たまわ)(しかるに)言依(ことよ)(たま)(なり)

こうした事があって最初に現れた三柱みはしらあまつ神が集まり、伊邪那岐いざなぎみこと伊邪那美いざなみみこと二柱ふたはしらの神に、このただよえる国の姿を整え土地を固めるよう命じ、天沼矛あめのぬぼこたまわりました。

故二柱神立 【訓立云多多志】 天浮橋而指下其沼矛以畫者鹽許々袁々呂々邇 【此七字以音】 畫鳴 【訓鳴云那志】 而引上時自其矛末垂落之鹽累積成嶋是淤能碁呂嶋 【自淤以下四字以音】

(かれ)二柱(ふたはしら)の神(あま)つ浮橋に立たし 【立を(よ)(た)(た)(し)(い)ふ】 (しかるに)(そ)沼戈(ぬぼこ)を指し下ろし(もち)て画けば塩許々袁々呂々(こをろこをろ)(に) 【(こ)七字(ななもじ)(こえ)(もち)てす】 書き(な)し 【鳴を(よ)(な)(し)(い)ふ】 (しかるに)引き上ぐる時(そ)(ほこ)(すえ)(よ)(しず)り落ちし(の)(しほ)累積(つも)り嶋に成りぬる(こ)(お)(の)(ご)(ろ)嶋なり 【(お)(よ)以下(しもつかた)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】

そこでこの二柱ふたはしらの神は、天と地を結ぶ浮橋に立ちました。

そしてあまつ神から授けられた沼矛ぬほこを刺し下ろして、その先を動かして許々袁々呂々こおろこおろと鳴るように描きました。

しこうして引き上げたところ、その先から垂れ落ちた塩が積み重なり、それが淤能碁呂おのごろ島となりました。

於其嶋天降坐而見立天之御柱見立八尋殿於是問其妹伊邪那美命曰汝身者如何成答曰吾身者成成不成合處一處在爾伊邪那岐命詔我身者成成而成餘處一處在故以此吾身成餘處刺塞汝身不成合處而以爲生成國土生奈何 【訓生云宇牟下效此】 伊邪那美命答曰然善爾

(そ)の嶋に(おいて)(あま)(くだ)(ま)(しかるに)(あめ)(の)御柱(みはしら)を見立て八尋殿(やひろどの)を見立てき於是(こにおいて)(そ)(いも)伊邪那美命(いざなみのみこと)(と)(いは)(な)(み)(は)如何(いか)に成る(と)(こた)はく(あ)(み)(は)成り成りて成り合は(ざ)(ところ)(ひと)(ところ)(あ)(ここに)伊邪那岐命(いざなぎのみこと)(のたま)はく(わが)(み)(は)成り成りて(しかるに)成り余る(ところ)(ひと)(ところ)(あ)(かれ)(こ)(あ)(み)成り余る(ところ)(もち)(な)が身の成り合は(ざ)(ところ)を刺し(ふさ)(しかるに)国土(くに)生成(つく)(う)奈何(いか)以為(おも)ふ 【生を(よ)(う)(む)(い)(しも)(こ)(なら)ふ】 伊邪那美命(いざなみのみこと)答へ(いは)(しか)(よ)(かな)

その島に天下り、天之御柱あめのみはしらを見つけ気に入られ、また八尋殿やひろどのを見つけ気に入られました。

そこで、伊邪那岐いざなぎみことが聞きました。

「おまえの体は、どのようなつくりになっているか。」

伊邪那美いざなみみことは答えました。

「わたしの身体はしかるべき形にできているのですが、閉じていないところがただ一か所だけあります。」

伊邪那岐いざなぎみことは言いました。

「そうか、わたしの身体はしかるべき形にできているのだが飛び出ているところが一か所ある。よってわたしの飛び出ている部分をお前の閉じていない部分に差しふさいで、大地を作って産んだらどうだろうと思う。」

伊邪那美いざなみみことは答えました。

「そうですね、良いことだと思います。」

伊邪那岐命詔然者吾與汝行廻逢是天之御柱而爲美斗能麻具波比 【此七字以音】 如此之期乃詔汝者自右廻逢我者自左廻逢約竟廻時伊邪那美命先言阿那邇夜志愛/上/袁登古袁 【此十字以音下效】 此後伊邪那岐命言阿那邇夜志愛/上/袁登賣袁

伊邪那岐(いざなぎ)(みこと)(のたま)はく然者(しくあらば)(あれ)(と)(なれ)(こ)(あま)(の)御柱(みはしら)を行き(めぐ)り逢ひて(しかるに)(み)(と)(の)(ま)(ぐ)(は)(ひ)(せ)む 【(こ)七字(ななもじ)(こえ)(もち)てす】 此之(この)(こころざし)(ごと)(すなは)(のたま)はく(なれ)(は)(よ)り廻りて逢ひ(あれ)(は)(よ)り廻りて逢はむとのたまひ(むす)(お)へ廻りし時伊邪那美(いざなみ)(みこと)先に言はく(あ)(や)(に)(よ)(し)(え)/上声/(を)(と)(こ)(を) 【(こ)十字(ともじ)(こえ)(も)ちてす(しも)(なら)ふ】 (こ)(のち)伊邪那岐(いざなぎ)(みこと)言はく(あ)(や)(に)(よ)(し)(え)/上声/(を)(と)(め)(を)

伊邪那岐いざなぎみことが言いました。

「それでは、わたしとお前でこの天之御柱あまのみはしらを回って逢い、寝所での交わりをしよう。」

そして「おまえは右から回って逢い、わたしは左から回って逢おう。」と言い約束しました。

回り終え、伊邪那美いざなみみことが先に言いました。

「まあ、本当にすてきな男性です。」

その後に、伊邪那岐いざなぎみことが言いました。

「ああ、本当に美しい女性だ。」

各言竟之後告其妹曰女人先言不良雖然久美度邇 【此四字以音】 興而生子水蛭子此子者入葦船而流去次生淡嶋是亦不入子之例

(おのもおのも)(ひ)(を)へし(の)(のち)(の)(いも)(の)たまはく(いわく)(をみな)(びと)の先に言ふは良不(よからざ)れど(これ)(しか)くすべしとのたまひ(く)(み)(ど)(に) 【(こ)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】 (おこ)して(しかるに)(う)みし子は水蛭子(ひるこ)にて(こ)の子(は)(あし)船に入れて(しかるに)流し去りき次に淡嶋(あはしま)(う)みき(こ)(また)(の)(たぐひ)不入(いれず)

それぞれに言った後、その妹に「女人おみなびとが先に言うのはよくないが、それでもかまわないだろう。」と告げて、寝所での交わりをして子を産みました。

しかし、その子は水蛭子ひるこ(障害がある子)であったので、あし船に乗せて流し去りました。

次に淡島あわしまを生みましたが、この子も不完全だったので子のうちに含めません。

於是二柱神議云今吾所生之子不良猶宜白天神之御所卽共參上請天神之命爾天神之命以布斗麻邇爾/上/ 【此五字以音】 ト相而詔之因女先言而不良亦還降改言

於是(こにおいて)二柱(ふたはしら)の神(はか)りて(い)はく今(わ)らが生みし所(の)不良(よからず)(なほ)(よろし)(あま)つ神(の)(み)(ところ)(まを)すべし(すなは)ち共に(まい)(のぼ)(あま)つ神(の)(おほせこと)(こ)はむといひき(しかるがゆえに)(あま)つ神(の)(おほせこと)(ふ)(と)(ま)(に)(に)/上声/ 【(こ)五字(いつもじ)(こえ)(もち)てす】 卜相(うらな)ふを(も)ちて(しかるに)(こ)れを(のたまはく)(をみな)の先に言ふに(よ)りて(しかるに)不良(よからず)(また)(かへ)(くだ)(こと)を改むべし

ここに、二柱ふたはしらの神は相談して言いました。

「今わたしたちが産んだ子は良く有りませんでした。良くなるようにあまつ神の所へ行って申しましょう。」

「そうですね。一緒に天上界に行ってあまつ神がなんと言われるか聞いてまいりましょう。」

そしてあまつ神が、太占ふとまににより割れ目から占いその告げたところによれば、「女が先に言ったことが原因で、良くない事になった。もう一度帰って言う順番を改めよ。」でした。

Posted by まれびと