【古事記】(原文・読み下し文・現代語訳)上巻・本文 その壱

古事記

次成神名國之常立神 【訓常立亦如上】 次豐雲上野神此二柱神亦獨神成坐而隱身也

次に神成り名は国之常立(くにのとこたち)の神 【常立の(よ)(また)(かみ)(ごと)し】 次に豊雲野(とよくもの)の神(こ)二柱(ふたはしら)の神(また)(ひと)り神成り(ま)(すなは)ち身を隠す(なり)

次に神が現れ、名は国が永遠を司るという意味を持つ国之常立くにのとこたちの神といいます。

次に大自然に命を吹き込む豊雲野とよくものの神が現れました。

この二柱ふたはしらの神もまた性別のないひとり神で、そのまま姿を隠されました。

次成神名宇比地邇上神次妹須比智邇去神 【此二神名以音】 次角杙神次妹活杙神 【二柱】 次意富斗能地神次妹大斗乃辨神 【此二神名亦以音】 次於母陀流神次妹阿夜上訶志古泥神 【此二神名皆以音】 次伊邪那岐神次妹伊邪那美神 【此二神名亦以音如上】 上件自國之常立神以下伊邪那美神以前幷稱神世七代 【上二柱獨神各云一代次雙十神各合二神云一代也】

次に神成り名は宇比地迩(うひちに)の神次に(いも)須比智迩(すひちに)の神 【(こ)の二神の名(こえ)(もち)てす】 次に角杙(つぬくひ)の神次に(いも)活杙(いくくひ)の神 【二柱(ふたはしら)】 次に意富斗能地(おほとのち)の神次に(いも)大斗乃弁(おほとのべ)の神 【(こ)の二神の名(こえ)(もち)てす】 次に於母陀流(おもだる)の神次に(いも)阿夜訶志古泥(あやかしこね)の神 【(こ)の二神の名(こえ)(もち)てす】 次に伊邪那岐(いざなぎ)の神次に(いも)伊邪那美(いざなみ)の神 【(こ)の二神の名(かみ)(ごと)(こえ)(もち)てす】 (かみ)(くだり)国之常立(くにのとこたち)の神(よ)伊邪那美(いざなみ)の神の以下(しもつかた)以前(さきつかた)より(あわせ)神世(かみのよ)七代(ななよ)(なづ)く 【(かみ)二柱(ふたはしら)独り神は(おのおの)一代(ひとよ)と云ひ次の(ふたあはす)(とを)の神は(おのおの)(ふた)神を合わせて一代(ひとよ)(い)(なり)

次に神が現れ、名は宇比地迩ういちにの神、その妻須比智迩すいちにの神といいます。

次に角杙つぬくいの神、その妻活杙いくくいの神。

次に意富斗能地おおとのちの神、その妻大斗乃弁おおとのべの神。

次に於母陀流おもだるの神、その妻阿夜訶志古泥あやかしこねの神。

次に伊邪那岐いざなぎの神、その妻伊邪那美いざなみの神が現れました。

これまでの事柄の中で、国之常立くにのとこたちの神から伊邪那美いざなみの神までを、合わせて神世かみのよ七代ななよといいます。

はじめの二柱ふたはしらの性別のない独り神はそれぞれ一代と数え、次の二柱ふたはしらずつの計十柱とはしらの男女一対の神は、それぞれ二神を合わせて一代と数えます。

伊邪那岐いざなぎ伊邪那美いざなみの部

於是天神諸命以詔伊邪那岐命伊邪那美命二柱神修理固成是多陀用幣流之國賜天沼矛而言依賜也

(ここ)(おいて)(あま)つ神の(もろもろ)(みこと)(も)ちて(のたま)はく伊邪那岐(いざなぎ)(みこと)伊邪那美(いざなみ)(みこと)二柱(ふたはしら)の神に(こ)(た)(だ)(よ)(へ)(る)(の)国を(すぢ)(なほ)し固め成せと(のたま)天沼矛(あめのぬぼこ)(たまわ)りて(しかるに)言依(ことよ)(たま)(なり)

こうした事があって最初に現れた三柱みはしらあまつ神が集まり、伊邪那岐いざなぎみこと伊邪那美いざなみみこと二柱ふたはしらの神に、このただよえる国の姿を整え土地を固めるよう命じ、天沼矛あめのぬぼこたまわりました。

出典:古事記 : 国宝真福寺本. 上 – 国立国会図書館デジタルコレクション

故二柱神立 【訓立云多多志】 天浮橋而指下其沼矛以畫者鹽許々袁々呂々邇 【此七字以音】 畫鳴 【訓鳴云那志】 而引上時自其矛末垂落之鹽累積成嶋是淤能碁呂嶋 【自淤以下四字以音】

(かれ)二柱(ふたはしら)の神(あま)つ浮橋に立たし 【立を(よ)(た)(た)(し)(い)ふ】 (しかるに)(そ)沼戈(ぬぼこ)を指し下ろし(も)ちて画けば塩許々袁々呂々(こをろこをろ)(に) 【(こ)七字(ななもじ)(こえ)(もち)てす】 書き(な)し 【鳴を(よ)(な)(し)(い)ふ】 (しかるに)引き上ぐる時(そ)(ほこ)(すえ)(よ)(しず)り落ちし(の)(しほ)累積(つも)り嶋に成りぬる(こ)(お)(の)(ご)(ろ)嶋なり 【(お)(よ)以下(しもつかた)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】

そこでこの二柱ふたはしらの神は、天と地を結ぶ浮橋に立ちました。

そしてあまつ神から授けられた沼矛ぬほこを刺し下ろして、その先を動かして許々袁々呂々こおろこおろと鳴るように描きました。

しこうして引き上げたところ、その先から垂れ落ちた塩が積み重なり、それが淤能碁呂おのごろ島となりました。

Posted by まれびと