【古事記】(原文・読み下し文・現代語訳)上巻・本文 その壱

古事記

最後其妹伊邪那美命身自追來焉爾千引石引塞其黃泉比良坂其石置中各對立而度事戸之時伊邪那美命言愛我那勢命爲如此者汝國之人草一日絞殺千頭爾伊邪那岐命詔愛我那邇妹命汝爲然者吾一日立千五百產屋

(もと)(のち)(そ)(いも)伊邪那美命(いざなみのみこと)(み)(みづか)ら追ひ来たり(いずくんぞ)(ここ)千引(ちびき)(いは)を引きて(そ)黄泉比良坂(よもつひらさか)(せ)きたまひき(そ)(いは)を中に置きて(おのもおのも)(むか)ひ立ちて(しかるに)事戸(ことど)(わた)せし(の)(とき)伊邪那美(いざなみ)(みこと)(まを)したまひしく(うつく)(あ)那勢命(なせのみこと)(こ)の如く(し)たまへ(ば)(な)の国(の)人草(ひとくさ)一日(ひとひ)千頭(ちがしら)(し)め殺しまつらむ(ここに)伊邪那岐(いざなぎ)(みこと)(のたま)はく(うつく)(あ)那邇妹命(なにものみこと)(な)(しか)(し)たまへ(ば)(あれ)一日(ひとひ)千五百産屋(ちうぶやあまりいほうぶや)を立たしたまはむ

最後に妹である伊邪那美いざなみみこと自身が追って来ました。

伊邪那岐いざなぎみことは千引きの岩を引いて黄泉平坂よもつひらさかふさぎました。

その岩を間にして向い立ち事戸ことどを渡しました。(永遠のお別れを言い渡しました。)
そして伊邪那美いざなみみことは言いました。

「愛しい私の兄よ、このような事をされた以上は、あなたの国の人草(人をあし草に例えた言葉)を一日に1000人絞め殺すしかありません。」

そこで伊邪那岐いざなぎみことは告げました。

「愛しい私の妹よ、そのようなことをするならば、一日に1500の産屋うぶや(お産のために使う部屋)を立てましょう。」

広告

是以一日必千人死一日必千五百人生也故號其伊邪那美神命謂黃泉津大神亦云以其追斯伎斯 【此三字以音】 而號道敷大神亦所塞其黃泉坂之石者號道反大神亦謂塞坐黃泉戸大神故其所謂黃泉比良坂者今謂出雲國之伊賦夜坂也

是以(こをもち)一日(ひとひ)必ず千人(ちひと)死にし一日(ひとひ)必ず千五百人(ちひとあまりいほひと)(う)まる(なり)(かれ)(そ)伊邪那美(いざなみ)(みこと)(なづ)黄泉津大神(よもつおほかみ)(い)ひて(また)(そ)(お)斯伎斯(しきし) 【(こ)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 を(も)ちて云ひて(しかるに)道敷大神(ちしきのおほかみ)(なづ)(また)(そ)(ところ)(せ)かえし黄泉坂(よもつさか)(の)(いは)(ば)道反大神(ちがへしのおほかみ)(なづ)(また)塞坐黄泉戸大神(さやりますよみとのおほかみ)(い)(かれ)(そ)所謂(いはゆる)黄泉比良坂(よもつひらさか)(は)今に出雲国(いづものくに)(の)伊賦夜坂(いふやさか)(い)(なり)

このようなことから、一日に必ず千人死に、一日に必ず千五百人生まれることになりました。

そして、伊邪那美いざなみみことを名づけ、黄泉津大神よもつおおかみと呼び、またこのように追ってきた事により道敷大神ちしきのおおかみと名付けました。

またその黃泉坂よもつさかの岩がふさがれたので、道反大神ちがえしのおおかみと名付け、また塞坐黃泉戸大神さやりますよみとのおおかみともいいます。

その黄泉比良坂よもつひらさかといわれる所は、今は出雲国いずものくに伊賦夜坂いふやさか(現在の島根県松江市東出雲いずも揖屋いやにある山道とされる)といいます。

是以伊邪那伎大神詔吾者到於伊那志許米/上/志許米岐 【此九字以音】 穢國而在祁理 【此二字以音】 故吾者爲御身之禊而到坐竺紫日向之橘小門之阿波岐 【此三字以音】 原而禊祓也

是以(こをもちて)伊邪那伎大神(いざなぎのおほみかみ)(のたま)はく(あれ)(は)(い)(な)(し)(こ)(め)/上声/(し)(こ)(め)(き) 【(こ)九字(ここのもじ)(こえ)(も)ちてす】 (きたな)き国(に)到りて(すなわち)(あ)(け)(り) 【(こ)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 (かれ)(あれ)(は)(おほみ)(み)(の)(みそぎ)(せ)むとのたまひて(しかるに)竺紫(ちくし)日向(ひむか)(の)(たちばな)小門(をど)(の)(あ)(は)(き) 【(こ)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 原にて(しかるに)(みそ)(はら)ひたまひき(なり)

こうしたことがあって、伊邪那伎大神いざなぎのおおみかみは言いました。

「私は、あってはならぬ目にも不吉な不吉でけがれた国を訪れてしまった。この身体をみそぎしよう。」

そこで、筑紫ちくし日向ひむかいたちばな小門おど阿波岐あわぎ原(現在の宮崎県宮崎市阿波岐原町にある江田神社とされる)において、みそはらいをしました。

故於投棄御杖所成神名衝立船戸神次於投棄御帶所成神名道之長乳齒神次於投棄御囊所成神名時量師神次於投棄御衣所成神名和豆良比能宇斯能神 【此神名以音】 次於投棄御褌所成神名道俣神次於投棄御冠所成神名飽咋之宇斯能神 【自宇以下三字以音】 次於投棄左御手之手纒所成神名奧疎神 【訓奧云於伎下效此訓疎云奢加留下效此】

(かれ)(み)杖を投げ(す)ちし所に(おいて)成れる神の名は衝立船戸(つきたつふなと)の神次に(み)帯を投げ(す)ちし所に(おいて)成れる神の名は道之長乳歯(みちのながちは)の神次に(み)(ふくろ)を投げ(す)ちし所に(おいて)成れる神の名は時量師(ときはからし)の神次に(み)(きぬ)を投げ(す)ちし所に(おいて)成れる神の名は(わ)(づ)(ら)(ひ)(の)(う)(し)(の)神 【(こ)の神の名(こえ)(もち)てす】 次に(み)(はかま)を投げ(す)ちし所に(おいて)成れる神の名は道俣(ちまた)の神次に(み)(かがふり)を投げ(す)ちし所に(おいて)成れる神の名は飽咋(あきぐひ)(の)(う)(し)(の)神 【宇(よ)以下(しもつかた)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 次に左の(み)(の)手纒(たまき)を投げ(す)ちし所に(おいて)成れる神の名は(おき)(ざかる)の神 【奧を(よ)(お)(き)と云ふ(しも)(こ)(なら)ふ疎を(よ)みて(ざ)(か)(る)と云ふ(しも)(こ)(なら)ふ】

ゆえに、御杖みつえを投げ棄てた所に神が現れ、その名は衝立船戸つきたつふなとの神。

次に御帯みおびを投げ棄てた所に神が現れ、その名は道之長乳歯みちのながちはの神。

次に御嚢みふくろを投げ棄てた所に神が現れ、その名は時量師ときはからしの神。

次に御衣みきぬを投げ棄てた所に神が現れ、その名は和豆良比能宇斯能わづらいのうしのの神。

次に御褌みはかまを投げ棄てた所に神が現れ、その名は道俣ちまたの神。

次に御冠みかんむりを投げ棄てた所に神が現れ、その名は飽咋之宇斯能(あきぐいのうしのの神。

次に左の御手みて手纒たまきを投げ棄てた所に神が現れ、その名は奧疎おきざかるの神。

次奧津那藝佐毘古神 【自那以下五字以音下效此】 次奧津甲斐辨羅神 【自甲以下四字以音下效此】 次於投棄右御手之手纒所成神名邊疎神次邊津那藝佐毘古神次邊津甲斐辨羅神右件自船戸神以下邊津甲斐辨羅神以前十二神者因脱著身之物所生神也

次に(おき)(つ)(な)(ぎ)(さ)(び)(こ)の神 【那(よ)以下(しもつかた)五字(いつもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)ふ】 次に(おき)(つ)(か)(ひ)(べ)(ら)の神 【甲(よ)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)ふ】 次に右の(み)(の)手纒(たまき)を投げ(す)ちし所に(おいて)成れる神の名は(へ)(ざかる)の神次に辺津那芸佐毘古(へつなぎさびこ)の神次に辺津甲斐弁羅(へつかひべら)の神といふ右の(くだり)船戸(ふなと)の神(よ)以下(しもつかた)辺津甲斐弁羅(へつかひべら)の神の以前(さきつかた)十二神(とをつあまりふたはしらのかみ)(は)身に(つ)けし(の)物を(ぬ)きし所に(よ)りて(な)りましき神(なり)

次に奧津那藝佐毘古おきつなぎさびこの神。

次に奧津甲斐辨羅おきつかいべらの神。

次に右の御手の手纒を投げ棄てた所に神が現れ、その名を辺疎へざかるの神。

次に辺津那芸佐毘古へつなぎさびこの神。

次に辺津甲斐弁羅へつかいべらの神。

以上のお話で、衝立船戸つきたつふなとの神から辺津甲斐弁羅へつかひべらの神までの十二柱とおつあまりふたはしらの神は、身に着けたものを脱いだことにより現れた神です。

於是詔之上瀬者瀬速下瀬者瀬弱而初於中瀬墮迦豆伎而滌時所成坐神名八十禍津日神 【訓禍云摩賀下效此】 次大禍津日神此二神者所到其穢繁國之時因汚垢而所成神之者也次爲直其禍而所成神名神直毘神 【毘字以音下效此】 次大直毘神次伊豆能賣 【幷三神也伊以下四字以音】

於是(ここにおいて)(のたま)はく上瀬(かみつせ)(は)(と)下瀬(しもつせ)(は)(よわ)(しかるに)初めて中瀬(なかつせ)(おいて)(お)(か)(づ)(き)(しかるに)(すす)ぎましし時成り(ま)さえし(ところ)神の名は八十禍津日(やそまかつひ)の神 【禍を(よ)(ま)(か)と云ふ(しも)(こ)(なら)ふ】 次に大禍津日(おほまかつひ)の神此の(ふた)(は)(そ)穢繁(きたな)き国に到りましし(ところ)(の)(きたな)(あか)(よ)りて(しかるに)神に成りまさえし(ところ)(の)(もの)(なり)次に(そ)(まが)(なほ)して(しかるに)成りまさえし(ところ)神の名は神直毘(かむなほび)の神 【毘の(もじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)ふ】 次に大直毘(おほなほび)の神次に伊豆能売(いづのめ) 【(あは)三神(みかみ)(なり)(い)より以下(しもつかた)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】

ここで言いました。

「上流の瀬は速く、下流の瀬は弱い」

そこで、初めて中ほどの瀬に降り潜られた時成りました神は、名を八十禍津日やそまかつひの神、次に大禍津日おおまかつひの神といい、この二柱ふたはしらの神はそのけがれがはなはだしい国に到りました時、その汚垢おこうにより神と成りました。

次にその災禍さいかをなおすものとして成りました神は、名を神直毘かむなおびの神、次に大直毘おおなおびの神、次に伊豆能売いづのめといいます。

Posted by まれびと