【古事記】(原文・読み下し文・現代語訳)上巻・本文 その壱

古事記

次生風神名志那都比古神 【此神名以音】 次生木神名久久能智神 【此神名以音】 次生山神名大山/上/津見神次生野神名鹿屋野比賣神亦名謂野椎神 【自志那都比古神至野椎幷四神】 此大山津見神野椎神二神因山野持別而生神名天之狹土神 【訓土云豆知下效此】 次國之狹土神次天之狹霧神次國之狹霧神次天之闇戸神次國之闇戸神次大戸惑子神 【訓惑云麻刀比下效此】 次大戸惑女神 【自天之狹土神至大戸惑女神幷八神也】

次に風の神を生み名を志那都比古(しなつひこ)の神 【(こ)の神の名(こえ)(もち)てす】 次に木の神を生み名は久久能智(くくのち)の神 【(こ)の神の名(こえ)(もち)てす】 次に山の神を生み名は大山(おほやま)/上声/津見(つみ)の神次に野の神を生み名は鹿屋野比賣(かやのひめ)の神(また)の名を野椎(のづち)の神 【志那都比古(しなつひこ)の神(よ)野椎(のづち)(ま)(あは)せて四柱(よはしら)の神】 (こ)大山津見(おほやまつみ)の神野椎(のづち)の神の二柱(ふたはしら)の神(やま)(の)(よ)り持ち(わ)けて(しかるに)(う)みし神の名は天之狹土(あめのさつち)の神 【土を(よ)(つ)(ち)(い)(しも)(こ)(なら)ふ】 次に国之狹土(くにのさつち)の神次に天之狹霧(あめのさぎり)の神次に国之狹霧(くにのさぎり)の神次に天之闇戸(あめのくらど)の神次に国之闇戸(くにのくらど)の神次に大戸惑子(おほとまとひこ)の神 【惑を(よ)(ま)(と)(ひ)(い)(しも)(こ)れに(なら)ふ】 次に大戸惑女(おほとまとひめ)の神 【天之狹土(あめのさつち)の神(よ)大戸惑女(おほとまとひめ)の神(ま)(あは)せて八柱(やはしら)の神(なり)

次に風の神を産み、名は志那都比古しなつひこの神。次に木の神を産み、名は久久能智くくのちの神。次に山の神を産み、名は大山津見おほやまつみの神。次に野の神を産み、名は鹿屋野比賣かやのひめの神、またの名を野椎のづちの神。この大山津見おおやまつみの神、野椎のづちの神の二神は、山と野のところに持に分けて神、その名は天之狹土あめのさつちの神です。

次に国之狹土くにのさつちの神。次に天之狹霧あめのさぎりの神。次に国之狹霧くにのさぎりの神。次に天之闇戸あめのくらどの神。次に国之闇戸くにのくらどの神。次に大戸惑子おおとまといこの神。次に大戸惑女おおとまといめの神。

次生神名鳥之石楠船神亦名謂天鳥船次生大宜都比賣神 【此神名以音】 次生火之夜藝速男神 【夜藝二字以音】 亦名謂火之炫毘古神亦名謂火之迦具土神 【迦具二字以音】 因生此子美蕃登 【此三字以音】 見炙而病臥在多具理邇 【此四字以音】 生神名金山毘古神 【訓金云迦那下效此】 次金山毘賣神

次に(う)みし神の名は鳥之石楠船(とりのいはくすふね)の神(また)の名は天鳥船(あまのとりふね)(い)ふ次に大宜都比賣(おほげつひめ)の神 【(こ)の神の名(こえ)(もち)てす】 を(う)みき次に火之夜芸速男(ひのやげはやを)の神 【(や)(ぎ)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 を(う)(また)の名を火之炫毘古(ひのかがびこ)の神と(い)(また)の名を火之迦具土(ひのかぐつち)の神 【(か)(ぐ)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 と(い)(こ)の子を(う)みしに(よ)りて(み)(ほ)(と) 【(こ)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす】 見(やかれ)(しかるに)(や)(ふ)したり(あり)(た)(ぐ)(り)(に) 【(こ)四字(よもじ)(こえ)(も)ちてす】 (う)みし神の名は金山毘古(かなやまびこ)の神 【金を(よ)(か)(な)(い)(しも)(こ)(なら)ふ】 次に金山毘賣(かなやまびめ)の神

次に神を産み、名を鳥之石楠船とりのいわくすふねの神、またの名を天鳥船あまのとりふねといいます。

次に大宜都比賣おおげつひめの神を産みました。

次に火之夜芸速男ひのやげはやおの神を産みました。またの名を火之炫毘古ひのかがびこの神といいまたの名を火之迦具土ひのかぐつちの神といいます。

この子を産んだことにより、御陰部みほとく目に逢われ病にしました。

そして吐きもどして神を産みました。名は金山毘古かなやまびこの神、そして金山毘賣かなやまびめの神といいます。

次於屎成神名波邇夜須毘古神 【此神名以音】 次波邇夜須毘賣神 【此神名亦以音】 次於尿成神名彌都波能賣神次和久產巢日神此神之子謂豐宇氣毘賣神 【自宇以下四字以音】 故伊邪那美神者因生火神遂神避坐也 【自天鳥船至豐宇氣毘賣神幷八神】 凡伊邪那岐伊邪那美二神共所生嶋壹拾肆嶋神參拾伍神 【是伊邪那美神未神避以前所生唯意能碁呂嶋者非所生亦姪子與淡嶋不入子之例也】

次に(くそ)(おいて)成りし神の名は波邇夜須毘古(はにやすびこ)の神 【(こ)の神の名(こえ)(もち)てす】 次に波邇夜須毘賣(はにやすびめ)の神 【(こ)の神の名(また)(こえ)(も)ちてす】 次に尿(ゆまり)(おいて)成りし神の名は弥都波能売(みつはのめ)の神次に和久産巣日(わくむすび)の神(こ)の神(の)豊宇気毘賣(とようけびめ)の神 【宇(よ)以下(しもつかた)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】 と(い)(かれ)伊邪那美(いざなみ)の神(は)火の神を生むに(よ)りて遂に神避(かむさ)(ま)しき(なり) 【天鳥船(あまのとりふね)(よ)豊宇気毘賣(とようけびめ)の神(ま)(あは)せて八柱(やはしら)の神】 (およ)伊邪那岐(いざなぎ)伊邪那美(いざなみ)二神(ふたかみ)共に(う)みし(ところ)島は壹拾肆島(とをつしまあまりよつしま)神は参拾伍神(みそはしらあまりいつはしらのかみ) 【(こ)伊邪那美(いざなみ)の神(いま)神避(かむさ)りざるを(も)ちて前に生みし所なるも(ただ)意能碁呂(おのころ)(は)生みし所に(あら)(また)姪子(ひるこ)(と)(あは)島とは子(の)(たぐひ)不入(いらざ)(なり)

次に便に神が現れ、名を波邇夜須毘古はにやすびこの神、次に波邇夜須毘賣はにやすびめの神といいます。

次に尿に神が現れ、名を弥都波能売みつはのめの神 そして和久産巣日わくむすびの神といい、この神の子は、豊受毘賣とようけびめの神といいます。

このように伊邪那美いざなみの神は、火の神を生んだことにより、遂にお亡くなりになってしまいました。

天鳥船あまのとりふねから豊宇気毘賣とようけびめの神まで、合わせて八神とします。

ここまで、伊邪那岐いざなぎ伊邪那美いざなみの二神が産みなさったのは、島は十四島神は三十五神です。

これらは、伊邪那美いざなみの神がまだお亡くなりになる以前に生みなさりましたが、ただ意能碁呂おのころ島は生んだものではなく、また姪子ひるこあわ島は子の数にいれません。

出典:古事記 : 国宝真福寺本. 上 – 国立国会図書館デジタルコレクション

故爾伊邪那岐命詔之愛我那邇妹命乎 【那邇二字以音下效此】 謂易子之一木乎乃匍匐御枕方匍匐御足方而哭時於御淚所成神坐香山之畝尾木本名泣澤女神故其所神避之伊邪那美神者葬出雲國與伯伎國堺比婆之山也

故爾(しかるゆえに)伊邪那岐(いざなぎ)(みこと)(の)らさく(こ)(うつく)(あ)那邇妹(なにも)(いのち)(かな) 【(な)(に)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)ふ】 子(の)(ひとつ)(き)(か)ふと(い)(かな)(すなは)(み)(まくら)(かた)匍匐(は)(み)(あし)(かた)匍匐(は)ひて(すなはち)(な)きたる時(み)(なみだ)(ところ)おいて神成り香山(かぐやま)(の)畝尾(うねび)の木の(もと)(ま)し名は泣沢女(なきさわめ)の神(かれ)(そ)の神(かむさ)りし所之(ところの)伊邪那美(いざなみ)の神(は)出雲国(いずものくに)(と)伯伎国(ほうきのくに)とを(さか)比婆之(ひばの)山に(はぶ)(なり)

こうした事があって、伊邪那岐いざなぎみことが言いました。
「このように愛しいわが妹の命が、ただの一人の子と引き替えにできるものか。」
そうして、枕元に向かって這いつくばり足に向かって這いつくばり大声で泣きなされたとき、御涙のところに神が現れて香山かぐやま畝傍うねびの木の下におわし、名を泣沢女なきさわめの神といいます。

かくして、お亡くなりになった伊邪那美いざなみの神は、出雲国いずものくに伯伎国ほうきのくにの国境の比婆ひばの山にほうむられました。

Posted by まれびと