【古事記】(原文・読み下し文・現代語訳)上巻・本文 その壱

古事記

故爾反降更往廻其天之御柱如先於是伊邪那岐命先言阿那邇夜志愛袁登賣袁後妹伊邪那美命言阿那邇夜志愛袁登古袁如此言竟而御合生子淡道之穗之狹別嶋 【訓別云和氣下效此】

(しか)るが(ゆえ)(かへ)(くだ)(さら)(そ)(あめ)(の)御柱(みはしら)(い)(めぐ)ること先の如し(ここ)(に)伊邪那岐(いざなぎ)(みこと)先に(あ)(や)(に)(よ)(し)(え)(を)(と)(め)(を)と言ひ(のち)(いも)伊邪那美(いざなみ)(みこと)(あ)(や)(に)(よ)(し)(え)(を)(と)(こ)(を)と言ひき(こ)(こと)の如く(お)えて(しかるに)御合(みあ)ひ生みし子は淡道之穗之狹別嶋(あはぢのほのせわけ)の島 【別を(よ)(わ)(け)(い)(しも)(こ)(なら)ふ】

そうして戻り降って、先と同様にあめ御柱みはしらを回られ、今度は伊邪那岐いざなぎみことが先に「ああ、本当に美しい女性だ。」と言い、後に妹の伊邪那美いざなみみことが「まあ、本当にすてきな男性です。」と言いました。

こうして言われたとおりに終えて、そうしたところ子の淡道之穗之狹別あわじのほのせわけの島を生んだのでした。

広告

次生伊豫之二名嶋此嶋者身一而有面四毎面有名故伊豫國謂愛/上/比賣 【此三字以音下效此也】 讚岐國謂飯依比古粟國謂大宜都比賣 【此四字以音】 土左國謂建依別

次に伊予(いよ)(の)二名(ふたな)の島を生みき(こ)の島(は)(み)一つにて(しかるに)(かほ)四つ有り(かほ)(ごと)に名有り(かれ)伊予(いよ)の国は(え)/上声/比賣(ひめ)(い)ひ 【(こ)三字(みもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)(なり)】 讃岐(さぬき)の国は飯依比古(いひよりひこ)(い)(あは)の国は大宜都比売(おほげつひめ) 【(こ)四字(よもじ)(こえ)(もち)てす】 と(い)土左(とさ)の国は建依別(たけよりわけ)(い)

次に伊予之二名いよのふたなの島(四国)を産みました。この島は、からだ一つに4つの顔があり、顔ごとに名前がありました。

その内訳は伊予いよの国(愛媛県)は愛比賣えひめといい、讃岐さぬきの国(香川県)は飯依比古いひよりひこといい、阿波あわの国(徳島県)は大宜都比売おおげつひめといい、土佐の国(高知県)は建依別たけよりわけといいます。

次生隱伎之三子嶋亦名天之忍許呂別 【許呂二字以音】 次生筑紫嶋此嶋亦身一而有面四毎面有名故筑紫國謂白日別豐國謂豐日別肥國謂建日向日豐久士比泥別 【自久至泥以音】 熊曾國謂建日別 【曾字以音】 次生伊伎嶋亦名謂天比登都柱 【自比至都以音訓天如天】 次生津嶋亦名謂天之狹手依比賣次生佐度嶋次生大倭豐秋津嶋亦名謂天御虛空豐秋津根別故因此八嶋先所生謂大八嶋國

次に隠岐(おき)(の)三子(みつこ)の島を生みき(また)の名は天之忍許呂別(あまのおしころわけ) 【(こ)(ろ)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす】 次に筑紫(つくし)の島を生みき(こ)の島は(また)(み)一つにして(しかるに)(かほ)四つ有り(かほ)(ごと)に名有り(かれ)筑紫(つくし)の国は白日別(しらひわけ)(い)(とよ)の国は豊日別(とよひわけ)(い)(ひ)の国は建日向日豊久士比泥別(たけひむかひとよくしひねわけ) 【久(よ)り泥(ま)(こえ)(もち)てす】 と(い)熊曽(くまそ)の国は建日別(たけひわけ)(い)ふ 【曽の(もじ)(こえ)(もち)てす】 次に伊伎(いき)の島を生みき(また)の名は天比登都柱(あまひとつはしら)(い)ふ 【比(よ)り都(ま)(こえ)(もち)てす天を(よ)(あま)(ごと)し】 次に津島(つのしま)を生みき(また)の名は天之狭手依比売(あまのさてよりひめ)(い)ふ次に佐度(さど)の島を生みき次に大倭豊秋津(おほやまととよあきつ)島を生みき(また)の名を天御虚空豊秋津根別(あまみそらとよあきつねわけ)(い)(かれ)(こ)の八島先に生まれし所に(よ)大八島(おほやしま)の国と(い)

次に隠岐之三子おきのみつこの島(隠岐おきの島)を産みました。またの名を、天之忍許呂別あまのおしころわけといいます。

次に筑紫つくしの島(九州)を産みました。この島も、からだ一つに4つの顔があり、顔ごとに名前がありました。

その内訳は筑紫つくしの国(福岡県東部以外)は白日別しらひわけといい、とよの国(福岡県東部・大分県)は豊日別とよひわけといい、の国(熊本県・佐賀県・長崎県)は建日向日豊久士比泥別たけひむかひとよくしひねわけといい、熊襲くまその国(宮崎県・鹿児島県)は建日別たけひわけといいます。

次に壱岐いきの島を産みました。またの名を、天比登都柱あまひとつはしらといいます。

次に対馬つしまを産みました。またの名を、天之狭手依比売あまのさてよりひめといいます。

次に佐渡の島を産みました。

次に大倭豊秋津おおやまととよあきつ島(本州)を産みました。またの名を天御虚空豊秋津根別あまみそらとよあきつねわけといいます。

そして、これまでの八つの島は先に生まれたことによって、大八洲おおやしまの国といいます。

然後還坐之時生吉備兒嶋亦名謂建日方別次生小豆嶋亦名謂大野手/上/比賣次生大嶋亦名謂大多麻/上/流別 【自多至流以音】 次生女嶋亦名謂天一根 【訓天如天】 次生知訶嶋亦名謂天之忍男次生兩兒嶋亦名謂天兩屋 【自吉備兒嶋至天兩屋嶋幷六嶋】

(しか)(のち)(かへ)(ま)しし(の)吉備(きび)児島(こじま)(う)(また)の名を建日方別(たけひかたわけ)(い)ふ次に小豆(あづき)島を(う)(また)の名を大野手(おほのて)/上声/比賣(ひめ)(い)ふ次に(おほ)島を(う)(また)の名を大多麻(おほたま)/上声/流別(るわけ) 【多(よ)り流(ま)(こえ)(もち)てす】 と(い)ふ次に(め)の島を(う)(また)の名を天一根(あまのひとつね) 【天を(よ)(あま)(ごと)し】 と(い)ふ次に知訶(ちか)の島を(う)(また)の名を天之忍男(あめのおしを)(い)ふ次に両児(ふたご)の島を(う)(また)の名を天両屋(あまのふたや)(い)ふ 【吉備(きび)児島(こじま)(よ)天両屋島(あまのふたやしま)(ま)(あは)せて六つ島】

しばらくしてもどった時、吉備きび児島こじま(岡山県の島嶼とうしょ《大小の島々》=現在は干拓により半島)を産みました。またの名を建日方別たけひかたわけといいます。

次に小豆あづき島(小豆しょうど島)を産みました。またの名を 大野手比賣おおのてひめといいます。

次に大島(屋代島やしろじま)を産みました。またの名を大多麻流別おおたまるわけといいます。

次に島(姫島)を産みました。またの名を天一根あまのひとつねといいます。

次に知訶ちかの島(五島列島)を産みました。またの名を天之忍男あめのおしおといいます。

次に両児ふたごの島(男女群島)を産みました。 またの名を天両屋あまのふたやといいます。
吉備きび児島こじまから天両屋島あまのふたやしままでを合わせて六つの島を産みました。

既生國竟更生神故生神名大事忍男神次生石土毘古神 【訓石云伊波亦毘古二字以音下效此也】 次生石巢比賣神次生大戸日別神次生天之吹上男神次生大屋毘古神次生風木津別之忍男神 【訓風云加邪訓木以音】 次生海神名大綿津見神次生水戸神名速秋津日子神次妹速秋津比賣神 【自大事忍男神至秋津比賣神幷十神】

(すで)に国を(う)みしを(お)へ更に神を(う)みき(かれ)生みし神の名は大事忍男(おほごとおしを)の神次に石土毘古(いはつちびこ)の神 【石を(よ)(い)(は)(い)(また)(び)(こ)二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(これ)(なら)(なり)】 を(う)みき次に石巣比賣(いはすひめ)の神を(う)みき次に大戸日別(おほとひわけ)の神を(う)みき次に天之吹上男(あめのふきあけを)の神を(う)みき次に大屋毘古(おほやびこ)の神を(う)みき次に風木津別之忍男(かざもつわけのおしを)の神 【風を(よ)(か)(ざ)(い)ふ木を(よ)(こえ)(もち)てす】 を(う)みき次に(うみ)の神を(う)みき名を大綿津見(おほわたつみ)の神次に水戸(みなと)の神を(う)みき名は速秋津日子(はやあきつひこ)の神次に(いも)速秋津比賣(はやあきつひめ)の神 【大事忍男(おほごとおしを)の神(よ)秋津比賣(あきつひめ)の神(ま)(あは)せて十柱(とはしら)の神】

このようにして国を生み終わり、さらに神を産みました。

そこで神、名を大事忍男おおごとおしおの神を産みました。次に石土毘古いわつちびこの神を産みました。次に石巣比賣いわすひめの神を産みました。次に大戸日別おおとひわけの神を産みました。次に天之吹上男あめのふきあけおの神を産みました。次に大屋毘古おおやびこの神を産みました。次に風木津別之忍男かぜもくわけのおしおの神を産みました。次に海の神を産み、名を大綿津見わたつみの神といいます。次に水戸みなとの神を産み、名を速秋津日子はやあきつひこの神。次に妹、速秋津比賣はやあきつひめの神です。

大事忍男おおごとおしおの神から秋津比賣あきつひめの神まで、合わせて十柱とはしらの神です。

此速秋津日子速秋津比賣二神因河海持別而生神名沫那藝神 【那藝二字以音下效此】 次沫那美神 【那美二字以音下效此】 次頰那藝神次頰那美神次天之水分神 【訓分云久麻理下效此】 次國之水分神次天之久比奢母智神 【自久以下五字以音下效此】 次國之久比奢母智神 【自沫那藝神至國之久比奢母智神幷八神】

(こ)速秋津日子(はやあきつひこ)速秋津比賣(はやあきつひめ)二柱(ふたはしら)の神(かは)(うみ)(よ)(も)(わ)けて(しかるに)神名は沫那芸(あはなぎ)の神 【那芸二字(ふたもじ)(こえ)(も)ちてす(しも)(こ)(なら)ふ】 次に沫那美(あはなみ)の神 【那美二字(ふたもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)ふ】 次に頰那芸(つらなぎ)の神次に頰那美(つらなみ)の神次に天之水分(あめのみくまり)の神 【分を(よ)(く)(ま)(り)(い)(しも)(こ)(なら)ふ】 次に国之水分(くにのみくまり)の神次に天之久比奢母智(あめのくひざもち)の神 【久(よ)以下(しもつかた)五字(いつもじ)(こえ)(もち)てす(しも)(こ)(なら)ふ】 次に国之(くにの)久比奢母智(くひざもち)の神を(う)みき 【沫那芸(あはなぎ)の神(よ)(くに)(の)(く)(ひ)(ざ)(も)(ち)の神(ま)(あは)せて八柱(やはしら)の神】

この速秋津日子はやあきつひこ速秋津比賣はやあきつひめの二神は、川と海という場所で分けた神で、一柱ひとはしらにしてその名を沫那芸あわなぎの神といいます。

次に沫那美あわなみの神。次に頰那芸つらなぎの神。次に頰那美つらなみの神。次に天之水分あめのみくまりの神。次に国之水分くにのみくまりの神。次に天之久比奢母智あめのくひざもちの神。次に国之久比奢母智くにのくひざもちの神を産みました。

沫那芸あわなぎの神から国之久比奢母智くにのくひざもちの神まで、合わせて八柱やはしらの神です。

Posted by まれびと